Larrivee Guitarを弾きながら感じたこと。

新しいギター「Larrivee L-09E」が届いて、
飽きもせず色々と弾きながら幾つか新しい発見があった。

同じアコースティックギターでも、メーカーやギターの個体差によって、
押さえたくなるコードや、指使いが変わってくるということ。

続きを読む Larrivee Guitarを弾きながら感じたこと。

アコースティックギター Larrivee L-09E Taylor314CE 弾き比べ

カナダ発のメーカー「Larrivee」のギターを購入しました。
僕の買ったモデルはアメリカのカルフォルニアで作られたものです。

Larrivee L-09E

アコースティックギターはピンからキリまであるけれど、
安いものは1万円以下、高いものは100万円以上と価格の差が激しいものです。
なんでそこまで価格の差があるのかというと、
材料の木の種類や質に由来する所が大きいとされています。

合板と言って、木と木を接着してボディを作っているものは安いものが多いけれど、
単板と言って一枚の大きな木が材料になっているものは、
どうしても値段が高くなってしまうもの。でも単純に単板が良いわけでなく、
どちらにも一長一短あるので、弾く人の用途によってどれが良いかは違います。
(気温や湿度の変化に強いのは合板なので、外でガンガン弾く人は合板のほうが良いとか。)

Larrivee Guitarは、どの型もオール単板を用いるというのがこだわりのメーカー。
購入した型はLarrivee L-09Eという型で、
最初からLR.Baggs.anthemというピックアップがついているモデルです。

Larrivee Guitarの音は、ギターの倍音がとても出て、つやのある音が特徴。
今日は今までメインで使っていたTaylor 314CEと音の比較もしたいと思います。

続きを読む アコースティックギター Larrivee L-09E Taylor314CE 弾き比べ

BOSSから魅力的な機材が色々。 VE-2 & GT-001

3月に公開されたBOSSの新製品が魅力的で気になっている。
僕のライブでもボーカルエフェクターとしてVE-20を既に使っているのだけど、
正直使うのは声のハモリ機能、曲によってはディレイのみで他の機能は必要なかったりする。
(リバーブなんかはミキサー卓でいじってもらったほうが良いに決まってるし。)

今回発表されたのがVE-2というハモリ機能のみに特化している機材。
これがまた地味ながらも嬉しい機能が追加されている。

VE-2

続きを読む BOSSから魅力的な機材が色々。 VE-2 & GT-001

週末の東京ライブに向けアレンジ進行中。

秋田は民謡王国とも言われ様々な民謡ありますが、
その中でも一番有名なのが秋田音頭ではないでしょうか?(あるいはドンパン節?)
「秋田名物八森ハタハタ 男鹿で男鹿ブリコ」のフレーズは耳について離れないですよね。
そんな秋田音頭をどうにかイベントで使えないかとアレンジを試行錯誤しています。

最初は打ち込みで民謡オケが作れないかと思いましたが、
三味線の音源って良いものがなく、生には到底かなわない。
三味線は演奏する曲のキーによって調弦を変える楽器です。
なのでキーがAmの時に弾くドと、キーがEmの時のドでは音の張りが全く変わります。
そもそもソフトシンセで三味線の音が入っているものは少ないのですが、
三味線と名のついた、ただのボヨンボヨン音でしかありません……。

よって、「民謡は民謡の方に任せよう」と開き直り、
今回は様々なジャンルのメドレー形式でアレンジすることにしました。
めくるめくアレンジの変化でお客さんを楽しませられたらという感じ。
夜はまだ始まったばかり……。

ちなみに、一緒にPRライブをしにいく、イラストレーターの”いせきあい”さんは、
この間作った「比内地鶏 In the Heaven」のイラスト制作や、
その他の仕事に追われ、いせきさんが天国に行きそうです。

【秋田PR】新曲「ジュンサイおばちゃんフィーバー」

昨日に引き続き、東京での秋田PRで使うために作った新曲です。

ジュンサイおばちゃんフィーバー
   作詞作曲:渡部絢也

6月になったら
きれいなお水のじゅんさい沼に
おばちゃんが現れて
小舟に乗って茎から出ている
新芽を摘むのさ

ジュンサイおばちゃんフィーバー
ジュンサイおばちゃんフィーバー

ジュンサイ プルプル しゃきしゃき つるり

ぷるぷるゼリーに覆われた
しゃきしゃき歯ごたえ心地よいのだ
つるりとした喉越しで
ぼくらはメロメロ たらふく食べたい
明日も取れるかな?

ジュンサイおばちゃんフィーバー
ジュンサイおばちゃんフィーバー

———————————————————–

「おばちゃん」と書くのは失礼かとも思いましたが、
「おねえちゃん」とすると「ジュンサイ」の「ジ」の字も知らない方には、
何を本気に思えばいいのか分からないかと思い、そのままになりました。

しかし、ちょっとはっちゃけすぎて三種町の方々に怒られそうですね。
突き抜けていないと、ただ通りすぎてしまうような気もするので、
「そんなに言うなら食べてみてやるか」と思ってもらえるくらいの曲の方が良いかと思い、
このような仕上がりになりました。

曲調は「比内地鶏 In the Heaven」がロック風なので、
全く違うものをということで、エレクトロ系の音色でまとめてみました。
あとは、いせきさんの絵と合わせてどういうパフォーマンスになるか、ですね。

———————————————————–

DTM的な所も少し話をしておこうかと思います。
8月半ばに「komplete 9 ultimate」を購入したので、
購入を検討している方に向けても参考になれば幸いです。

ドラムは「BATTERY 4」です。
元からかなり抜ける音色がそろっているので特別な処理はしていませんが、
一緒に入っている「SOLID BUS COMP」を使用すると、
ちょっと音が太くなってまとまる感じです。

左のギターカッティングは「SCARBEE FUNK GUITARIST」
ちょっと線が細い感じがするので、エフェクトに「GUITAR RIG 5 PRO」を使い、
音が少し太くなるような処理をしています。
まだ全然試してないですが、この組み合わせは色んなことが出来そうな予感。

ベースは「MASSIVE」で自分で作った音と、
別ソフトになりますが「Trilian」のレイヤーです。
「MASSIVE」は有名なシンセだと思うので、
シンセに疎い僕が語れることはほとんど無いですが、
基本が分かると好きなようにいじれるのでおもしろい音源ですね。
こちらのサイトで使い方を学ぶと吉。

他のシンセに関しては、これまた「komplete 9 ultimate」には入ってませんが、
「Z3TA+2」使用です。このソフトは「音がとにかく太い」のイメージ。
今回はこの曲の中で3音色くらい使ってますね。
SONARのサイトで1万円で購入できるので、このクオリティだと随分割安だと思います。

以上です。
「komplete 9 ultimate」の購入は金額的にも迷う所ではありますが、
色々と面白い音が入っているのでやっぱりオススメです。
今回は使っていませんが、「GEORGE DUKE SOUL TREASURES」など、
お洒落な音を聞いているだけで創作意欲がムンムンになるかと思います。

【秋田PR】新曲「比内地鶏 in the Heaven」

9月14日~17日の期間は東京でライブ三昧となります。
9月14日~16日の3日間は品川にあるアンテナショップ「美彩館」で、
(言ってしまえば客寄せで)ライブを一日数回行う予定です。
9月17日は下北沢のライブハウスでのライブです。

9月14日~16日「美彩館」のイベントライブについては、
通りかかった方に秋田について興味を持ってもらうこと
「美彩館」で買い物をしてもらうことが目的となりますので、
耳につくこと、見てて楽しいことをするのが大前提となります。
というわけで、作ったのが「比内地鶏 in the heaven」

比内地鶏 in the heaven
作詞作曲:渡部絢也

秋田の鶏 比内地鶏だよ
Oh!Oh!Cock a doodle doo!!

歯ごたえ抜群 濃厚なうまみ
Oh!Oh!Cock a doodle doo!!

どうやって食ってもんめぇけど
焼き鳥は特に最高!!

秋田のんめぇものたくさんあるけど
Oh!Oh! きりたんぽぽぽ!!

つぶしたご飯を棒に巻きつけて
焼いて! きりたんぽぽぽ!!

比内地鶏で出汁をとり
こいくち醤油で味付け!!

天国さ Go to the heaven.
うまみが染み渡る
ごぼうと舞茸 葱とセリ
自然をそのままいただきます

天国さ Go to the heaven.
秋田の誇る味 比内地鶏 きりたんぽ
あなたも召し上がれ

———————————————–

「くっだらねぇ(笑)」と、笑って頂けたら幸いです。
こういう曲は作るの楽なんだけどな~。

今日一日で作ったのでちょっとアレンジが荒いですが、
これから「じゅんさい」の歌、「秋田音頭」のアレンジ等、
遊びにいらしたお客さんを飽きさせないために作る曲がいっぱいあるので、
ひとまずはここで完成。

本番ではこの曲を僕が歌いながら、イラストレーターのいせきあいさんが
事前に作った大きな紙芝居を使って、音と絵で名物を紹介するパフォーマンスとなります。
さぁ、残り2週間ないですが、することは山ほどあります。
秋田のPRののために粉骨砕身の覚悟で頑張ってきます。

———————————————–

(9月4日追記分)

●DTM的補足
「komplete 9 ultimate」から、ドラムが「STUDIO DRUMMER」
「STUDIO DRUMMER」は設定なしでかなり良い音がします。
「BFD2」などに比べると圧倒的に打ち込みまでの時間が早いですね。
(お気に入りのプリセットを自分で作っていたらまた話は別ですが。)

サビからのパン右のキーボードが「SCARBEE MARK I」
ベースが「SCARBEE RICKENBACKER BASS」です。
「Trilian」は音が太くちょっと野暮ったい音がするイメージですが、
(言い方は変ですが、それが良いところだと思います。)
「SCARBEE RICKENBACKER BASS」は切れのある音がする感じで、
ロックの楽曲などにかなり合う音だと思います。
またプリセットの中に「DUB」なども含まれており結構音色に幅があり、
しばらくこれをメインに使いたいくらい気に入っています。

エレキはBOSS「GT-10」です。
どうも「GUITAR RIG 5 PRO」は重いし、好みの音を探すのが面倒くさいので、
結局エフェクターを通した音で録音したほうが早いですね。