それは正解? ファンファーレを鳴らせ。

 学生時代は数学が好きだった。明確な答えがあるのが良い。今でも普段から数字を並べるのが好きだ。例えば遠出する時なんかには残りのキロ数と平均時速を計算して、残り時間を推測したりする。推測値が実測値に近いほど嬉しい気持ちになる。結構正確に当たることが多い!

 それはともかくとして、世の中の大抵のことには明確な答えはない。ぼくの最近の悩みの種が農作物の収穫作業だ。例えばキュウリの大きさに答えはあるだろうか。スーパーで並んでいるキュウリは、だいたいまっすぐで同じくらいの大きさだ。しかし、実際に畑で育ててみると、少し放っておくだけで、スーパーに並んでいるものよりも大きくなる。倍ぐらいの大きさになるのもザラだ。ちょっと怖いので、あまり積極的に食べたいとは思えない。それは単純に採り時を逃したとも言えるし、大きな野菜をたくさん食べたい人にとってはラッキーと言えるかもしれない。でも白状すると、畑初心者のぼくにとっては、実は野菜の収穫時期がいまいちピンと来ないだけでしかないのだ。なぜなら採り時になったら、キュウリが「収穫してくれ!」と声を上げるわけではないから。誰かが教えてくれるわけじゃないし、キュウリの大きさに正解なんてないから、いつもぼくの採るキュウリの大きさはマチマチになってしまう。

FullSizeRender

続きを読む それは正解? ファンファーレを鳴らせ。