愛されてるなぁ。良かったなぁ。ニシキアナゴのにっしー。

 毎週水曜日夜9時からUstreamで放送をしています。今日の放送で話題に出た、ハナリンさんのにっしーInstagram(にっしー写真集)を皆さんにご紹介したいと思います! (にっしーというのは「ちんあなごのうた」の中のキャラクターのことです。)

 まずはハロウィン仕様から! かわいい……。

今日はおめかしして、Jとアナコちゃんとオペラです。✨

@anago_nisshiが投稿した写真 –


続きを読む 愛されてるなぁ。良かったなぁ。ニシキアナゴのにっしー。

自己肯定感とは。

自己肯定感

たとえ辞めた方が良い理由がいくつあるとしても、
「好き」と言う気持ち一つで辞めないことを選んでいる。

もしも歌うことを辞めるとしたら、
きっと自分はなんでもない自分になって、
背骨が溶けてふにゃふにゃになってしまうだろう。

自分にとっての自己肯定感は、
そんな曖昧な確信のことなんじゃないかと思う。

紅葉狩りへGO!

紅葉狩り

雫石で写真撮影したもの。
紅葉が最盛期を迎えていて、ただただ感嘆の言葉しか出てこなかった。
自然には敵わないなぁ……。

雫石で。
雫石の峠でパシャリ。

最近音楽を聞きながら思うのは、無理して元気出す曲とか、
悲しさに任せたただ悲しい曲とか、愛しくてどうしようもない曲とか、
そういった感情の起伏の激しい歌は、聞くのがしんどいなぁ。ということで、
聞きたいのは日常の中でホッと一息つけるような、かかっていても邪魔じゃなくて、
むしろ心地よくずっとリピートできるような曲。
それはきっと自分のやりたい音楽なんでしょうね。

以前にもお伝えした通り、11月22日にライブイベント
「日々、歌のある風景。vol.1」を開催することになりました。
これから何曲ライブまでに書けるか分かりませんが、
そういった曲を何曲か作りたいと思っています。

先日伺った大木彩乃さんのライブで、
「空間を味わって欲しい」という言葉を聞いてハッとして、
それは多分僕もやりたいことなんだと感じています。
音の温泉に入って温まるような、心地良いライブをしたいと思います。

————————————————————————————————-

日々、歌のある風景。 vol.1

 誰かの日々を彩る歌。そんな歌が歌いたくて、音楽をしています。切ない歌、元気になる歌、あなたに寄り添うような歌。雪が降る前に、今自分が歌える歌を、皆さんに聞いて頂きたいと思います。記念すべき第1回目は、個人的にも大変お世話になっている能代のコバヤシタツヒコさんをゲストに開催いたします。渡部絢也の「今」を聞きにいらして下さい!

11月22日(金)秋田 山王 ROCKS
出演:渡部絢也/コバヤシタツヒコ
開場19:00/開演19:30 (*2013/10/28修正)
前売り2,000円/当日2,500円(1D別)

ROCKS
〒010-0951 秋田県秋田市山王1丁目9-20
チケットメール予約 info@watanabejunya.com

予約はfacebookページからでも大丈夫です。

————————————————————————————————-

KAMIKOANI PROJECT AKITA 2013 大地の音楽祭

大地の音楽祭

本日、KAMIKOANI PROJECT AKITA 2013 大地の音楽祭」が開催されました。
藤田ゆうみんさん、ha-jさん、スギッチと共に、ステージに立ってきました。

●セットリスト
1.僕たちの未来(オケ)
2.やさしさに包まれたなら
3.ひこうき雲
4.電車は行く
5.この街
6.ちんあなごのうた
7.Beautiful Days.
en.僕たちの未来(アコースティック)

「Beautiful Days.」は、ABSラジオの「音の見えるラジオ」第1回用に作った曲で、
作って満足してライブでも披露することなく、お蔵入りになりかけていた所を、
藤田ゆうみんさんに「やってみようよ」と拾い上げてもらい、
今回のライブでの披露が実現となりました。
虫たちが鳴いている中、一緒に歌うって本当に気持ちが良い。

色んな所にアート作品が置いてあって、インスピレーションを受けてきました。
いつもは秋田市外旭川で見かけるあのかぼちゃが、期間中はこちらに置いてあります。

草間彌生さんデカかぼちゃ
いつもは秋田市外旭川にある例のかぼちゃ。いつみても不気味である。

かぼちゃから見る空
不気味なかぼちゃの中に入ることが出来た。空がまあるく切り取られている! わーお!!

物事を外から見るのと、中から見るのでは全然違う。
横から見ても上から見ても下から見ても全然違う。
おもしろいね。

秋田のんめ〜PRライブ3日目

東京品川駅前「あきた美彩館」での秋田PRライブ3日目。

台風で揺れた日本列島。
東京も例外ではありませんでしたが、
幸いなことに風はあっても雨はさほどない状態で、
なんと外で開催することが出来ました。

なまはげ嵐を見据え
午前中。大風を去れ!と空を見据えるナマハゲ。実際に効果が出たのだから、さすが神である。

ただしお客さんの出もやはり悪く、
焦りつつのライブとなりました。
それでも3回目の最終のライブまでやりきると、
いせきさんとうるうると涙を浮かべ、
あぁ、やって良かったと、頷き合いました。感動の瞬間。

し、しかし……。
後からビデオカメラを見直して反省すべき点も沢山見つかりました。
人を集めなきゃ……!というプレッシャーから、
おかしなハイテンションで早口になったり、目の前のお客さんより、
遠くのお客さんのために演奏している感じになってしまったり、
つくづく「まだまだなぁ」と反省するところばかりです。
気負いが一番の敵なのに、やっぱり気負ってしまう。
本当に難しいなぁ。

その反面、新しいところに挑戦することも出来、収穫もありました。
秋田のんめ〜(おいしい)ものをPRするために今回アレンジした3曲。
こちらに紙芝居風に絵をつけて、思わず笑いが出るような
パフォーマンスにできたこと。大規模の会場であれば、
デジタルに変換してスクリーンで大きく見せるなどの発展もできそうです。

また一日3回公演ということで、体力・精神的に色々ときつい中で、
「伝えたい」という思いを持ち続けて、最後までやり切ることが出来たこと。
新しい出会いや、インターネット上で応援してくださっていた方に実際に出会い、
現時点の自分たちの思いやパフォーマンスを拝見して頂いたこと。
今後、もっともっと洗練したものをご覧頂けるように、
絶対に成長してまたこちらでお会いしたい!!

東京夕景。ライブ終わりに素晴らしい景色に出会う。(撮影:いせきあい)
東京夕景。ライブ終わりに素晴らしい景色に出会う。(撮影:いせきあい)

そびえ立つビルに空が映り込んでは輝いている。
どんなに人工のもので埋め尽くされても、
自然は形を変えてその姿を僕らに示す。

渡部絢也ライブポスター

そしていよいよ明日が、東京最後のメインディッシュ。
下北沢でのライブです。
気負わず過ぎずに、いい気分で歌ってきます。

外に行こう。楽器でも持って。

明日は横手市「平鹿生涯学習センター」で行われる
「きてたんシェひらかまつり」に藤田ゆうみんさんとジョイントライブです。
大雨の予報も出ていますが、中にあるホールでの決行が決まっています。

ずいぶん長いこと曲作りで悩んでいましたが、
ようやく長雨が明けて雲間から微かに光が見えてきたような気がしています。
明日は新曲を演奏予定です。でも、家にこもりっぱなしで
曲を作ったり練習したりしていると気が滅入ってくるので、
今日はギターを持って公園に行って来ました。一つ森公園でパシャリ。

一つ森公園にて

空のキャンバスに描く、大きな飛行機雲。
美しいですね。

飛行機雲

空に、光を。
青に白。
描いた線に、見出す言葉。