小学校へ夢を語りに。

11月28日木曜日。
イラストレーターのいせきあいさんと共に、
潟上市昭和にある大豊小学校4年生に会いに行ってきました。

ゲームクリエイターになりたい。
トレーディングカードの絵を描く人になりたい。
漫画家、イラストレーターになりたい。

そんなクリエイター志望の子どもたちが12人。
今はこうした職業に携わる校外学習やインタビューが増えているのでしょうね。
去年は秋田市桜小学校6年生の前で同じような話をしたことを思い出します。

・普段どんな内容の仕事をしているのか
・どんな勉強が必要か
・仕事道具を見てみよう

など、計1時間半に渡って話をしてきました。

どんな勉強をすればいいのか。
という質問に関しては「全部」と答えました。

音楽を生業にしていると言っても、
曲制作の依頼を受けるためには契約書を作成したりします。
キャラクタービジネスにも契約書は欠かせません。
こういった契約書に関しては、実際に仕事を始めてから勉強し直したけど、
そもそも文章を読み解く力がなければ、スタートラインにも立てない。

お金のやりとりだって数学の力が必要だし、
お客さんとのやりとりは、コミュニケーションをとるために
最低限の”社会”の知識が必要になると思います。
となると、やっぱり「全部」なんですよね。

最後、一番伝えたいことを話してきたのですが、
それは「自分の作品集を作ろう」ということでした。
僕で言えばCD、絵を描く人であれば画集など。

そして出来上がったものを下手くそでもなんでも、
どんどん人に聞かせよう。見せよう。
メタクソに言われることの方が多いけどそれでも作り続けよう。

今思えばそれって、自分に対して言ってるのかなぁ。なんて少し思う。
負けるな、少年少女たち。負けるな、俺。

【ライブレポ】11月22日、24日

11月22日。
秋田のライブハウスでの久しぶりのライブ。
「日々、歌のある風景 vol.1」と銘打って、
1ヶ月程前からずっと準備して、臨んだライブでした。

●セットリスト(赤字が新曲)
1.my lover
2.泣きたい気持ち
3.秋田HATA☆HATA☆ROCK&SAMBA!!

ゲスト:コバヤシタツヒコさん 30分程のライブ

4.朝露の窓辺
5.優しい朝に目覚めたら
6.響けMUSIC!!
7.生活の隙間
8.rainy song
9.レイニーラグ
10.総てに愛を
11.鼓動
12.時をつむいで
en.LOVE SONG

このライブに向けて、新曲を作る当初の目標はクリア出来ました。
「朝露の窓辺」はライブの5日前くらいにようやく出来た曲。
歌の音域的にも、ギターの運指的にも難しい曲を作ってしまい、
曲が出来てからもまともに演奏できずに修羅場でしたが、
ライブ2日前くらいに形になって、これは行けるな……という感じで。

今回私的に大きかったのは「鼓動」という曲が演奏できたことです。
2008年、社会人2年目の私的には一番辛い時期に作りましたが、
数え切れないくらい聞いて、その度に何度も励まされた曲。

この曲は4拍子の3連符という拍の取り方なのですが、
ピアノ曲の打ち込みということもあって、今まで演奏が出来ずにいました。
今回はループマシンとボイスエフェクターを使ってギターで再現することが出来ました。
今ならこの曲はもう少し深く掘り下げられる気がする。

ゲストのコバヤシタツヒコさんのライブも素晴らしかったです。
思いが溢れて、それが言葉に動きに演奏に全て昇華されていました。
それはただ単純に慣れの問題じゃなくて、
普段から痛いくらい自分と向き合っているからなのかもしれない。
大変勉強になりました。ありがとうございました!

今週の土曜日16時40分からのABSラジオ「音の見えるラジオ」では、
このライブの模様をダイジェストでお送りしようと考えています。
お楽しみに!

11月24日。
仙北市民会館で行われた「~音楽でつながろう2013~みんなの校歌コンテスト」に出演。
「AKITA smile-face」での出演でしたが、今回は、作曲家のマシコタツロウさん、
作詞家の市川喜康さんのお二人もゲストと言う形で、
お二人のバックバンドとして演奏する曲もありました。

1時間半程のステージで曲数も多く、
自分の限界を試されているかのような難解な曲も多い中、
日頃の音楽理論の勉強や、ギターの練習の成果が自分なりに感じられて、
練習の時点から、かなり楽しんで弾くことが出来ました。
その反面、人の作った曲を、それもご本人の前で弾くことは物凄く緊張を伴うことでもあり、
本番前はあっちへこっちへうろちょろと緊張の塊だったのを思い出します。

打ち上げでは出演者の皆さん、スタッフの皆さん、全員で一言ずつ言い合いました。
スタッフの方々の気持ちが痛いくらい伝わってきて、
来年の「音楽でつながろうプロジェクト」のイベントのますますの盛り上がりに
少しでも貢献できるようにしたいと感じています。

忙しかった11月ですが、自分にとっては最高の1ヶ月でした。
引き続き曲作りがんばろう。

日々、歌のある風景 vol.1 を終えて。

昨日ライブにお越し頂いた皆さま、
遠くから応援して下さった皆さまありがとうございました。

何だか終わってしまったのが夢のようで、
まるで一瞬の出来事だったような気がしてちょっと呆けつつ、
今から明日のリハに向かわなければいけません。
明日は仙北市民会館で「音楽でつながろうプロジェクト」なのです。
(お客様への御礼等遅くなってしまいますが改めてお返事させて頂きます。)

ここ数週間、必死になりつつ、迷いもあり、
自分のやっていることを肯定しつつ否定していました。
でもライブが終わってから頂いた数々の言葉や叱咤の声から
まだまだやれること、やらなければいけないことが見えて、
とても前向きになれている自分がいます。

次のライブがしたい。
新しい曲が書きたい。

そんなことを思いつつ、バンドリハへと向かいます。
メンバーに練習の成果を見せなければ。

ライブレポートは改めて。
それでは、いってきます!

卵が先か。鶏が先か。

11月22日。
いよいよ久しぶりのライブがある。

僕は「ちんあなごのうた」や「秋田HATA☆HATA☆ROCK&SAMBA!!」を作って、
それをきっかけに多くの方々に名前や存在を知ってもらった。
無論、それについては、アナゴやハタハタたちに感謝の気持ちがあるのだが、
そういったコミカルな曲ばかりがクローズアップされがちなのは、
自分にとって情けない所でもあり、悔しい部分でもある。

自分の売りは、コミカルからシリアスまで、
どちらにでも振り切れることだと思っている。
「どっちをやりたい?」と問われても、「全部やりたい」と答える。
何しろ、ことコミカルな曲に関しては作るのがめっぽう早いし楽しい。
でもしんどくても辛くても、どれだけ時間がかかっても、
作って極上の達成感を得られるのはシリアスな曲だ。

ただ、そういったシリアスな曲に関しては、
話題に昇りにくいこともあり、心にヒットするのは
限られた方になりやすい傾向があるようにも感じる。
(「ちんあなごのうた」のように、問答無用に
聞いた人の耳に残る曲とは、当然だけど全然違う。)

だからこそ、ライブに来てじっくりと聞いて欲しいと思う。
でもじっくりと曲を聞いたことのない人のライブなんて行きたいと思うのか。
卵が先か。鶏が先か。みたいな話だ。

ともかく、今できるのは、
お越し下さる方々に、歌えるだけの歌をお届けすることだ。

————————————————————————————————-

日々、歌のある風景。 vol.1

 誰かの日々を彩る歌。そんな歌が歌いたくて、音楽をしています。切ない歌、元気になる歌、あなたに寄り添うような歌。雪が降る前に、今自分が歌える歌を、皆さんに聞いて頂きたいと思います。記念すべき第1回目は、個人的にも大変お世話になっている能代のコバヤシタツヒコさんをゲストに開催いたします。渡部絢也の「今」を聞きにいらして下さい!

11月22日(金)秋田 山王 ROCKS
出演:渡部絢也/コバヤシタツヒコ
開場19:00/開演19:30 (*2013/10/28修正)
前売り2,000円/当日2,500円(1D別)

ROCKS
〒010-0951 秋田県秋田市山王1丁目9-20
チケットメール予約 info@watanabejunya.com

予約はfacebookページからでも大丈夫です。

————————————————————————————————-

ライブに向けて機材紹介。

11月22日は久方ぶりの秋田でライブハウスのライブということで、
気合いをいれて曲作りや練習に励んでいる所です。
(ライブ前なのに更新が停滞気味なのは没頭しているため。)

機材紹介

今回のようなライブの場合、足元の機材は山ほどあって、
こんな風に機材に囲まれてのライブとなります。

右から順番に紹介!

●L.R.BAGGS Venue DI
DI(ダイレクトボックス)と言って、通常はここにギター等をさして、
マイクケーブルに変換してミキサーに送りますが、
今回はループマシンに繋いでいます。

このDIに繋ぐだけで音が太くなるのと、
ミュート&チューナーボタンやブーストボタンなどもあり、
今ではどこに行っても手放せない一品です。

●BOSS RC-50
ループマシンですが、RC-300が出た今では一世代前の機材となってしまいました。
でも、そんなに不便もしていないので、次が出るまではこいつを使います。

実際の使い方は動画を見てみて下さい。
色々と面白いことが出来ます。

●BOSS FS-6
ループマシンにつなげるフットスイッチ。
ループマシンだけだと複雑な操作になるので、これを足すと少し楽になります。

僕の場合は左ボタンに演奏オールスタート&ストップ、
右ボタンにガイドリズムのオンオフを設定しています。

●BOSS VE-20
ボーカルエフェクター。
これでハモリを操作したり、やまびこボイスを作ったりすることが出来ます。
ライブで急にハモリ機能を使い、お客さんを困惑させるのが好き。

ライブまで後わずか。
最後まであがきます!!
是非、皆さん遊びにいらして下さい!

————————————————————————————————-

日々、歌のある風景。 vol.1

 誰かの日々を彩る歌。そんな歌が歌いたくて、音楽をしています。切ない歌、元気になる歌、あなたに寄り添うような歌。雪が降る前に、今自分が歌える歌を、皆さんに聞いて頂きたいと思います。記念すべき第1回目は、個人的にも大変お世話になっている能代のコバヤシタツヒコさんをゲストに開催いたします。渡部絢也の「今」を聞きにいらして下さい!

11月22日(金)秋田 山王 ROCKS
出演:渡部絢也/コバヤシタツヒコ
開場19:00/開演19:30 (*2013/10/28修正)
前売り2,000円/当日2,500円(1D別)

ROCKS
〒010-0951 秋田県秋田市山王1丁目9-20
チケットメール予約 info@watanabejunya.com

予約はfacebookページからでも大丈夫です。

————————————————————————————————-

【動画アップ】泣きたい気持ち

2006年に作って、ライブの定番曲となっている「泣きたい気持ち」という歌を、
秋田市新屋の河川敷で歌ってきました。

この歌は「大事な人がもしも離れてしまったら、
きっと泣きたい気持ちになってしまうだろう」という、
言ってしまえばとても安直なテーマが元になっています。
だけど、だからこそ大切な人が近くにいる方には、
届いてくれるんじゃないかと思っています。

逆に、大切な人が離れてしまって途方に暮れている人がもしいたら、
その方にはもしかしたら辛い歌かもしれません。
ただ、その人と離れずにいた大事な時間を、良い思い出と振り返って、
また前進していくための糧となれば嬉しく思います。

11月22日のライブでは、この歌を含め、
日々を彩るあたたかな歌を多く歌う予定です。
お時間がもしも合う方がいらっしゃいましたら、
ライブについて是非ご検討下さい。お待ちしています。

ちなみに録音はハンディーレコーダーTASCAM DR-40で一発どりしています。
良くも悪くもノイズが乗っていますが、ウィンドウノイズなどは、
ROLANDのR-MIXというソフトで若干除去しています。
場の雰囲気などは家で録音したものと違って、より伝わるんじゃないでしょうか。

——————————————–

泣きたい気持ち / 渡部絢也

泣きたい気持ちになるんだよ
もしも君がいないのならば
僕はそれを頭から振り払えない

君は笑うのがいいな
君はとってもあたたかいから
笑わせるよ笑わせるよ
おどけるさ
ずっと一緒にいよう

この先未来の話をしよう
幾つか可能性見てみよう
どうだろ 笑えているかねぇ
辛いだろうかねぇ この先は
元気でいるかねぇ この未来は
僕らにとって楽しいもんならいいねぇ

泣きたい気持ちになるんだよ
もしも君がいないのならば
僕はそれを
僕はそれを頭から振り払えない

今まで色んなことがあって
思い出は山のように膨らんで
どうだろ たまには昔話をしよう
繋いだ手が気恥ずかしくて
すぐに離してしまったことがあったね
あたたかいのにね

泣きたい気持ちになるんだよ
もしも君がいないのならば
僕はそれを
僕はそれを頭から振り払えない

君は笑うのがいいな
君はとってもあたたかいから
笑わせるよ笑わせるよ
おどけるさ
ずっと一緒にいよう

続きを読む 【動画アップ】泣きたい気持ち

CD「mother」

片付けをしていたら、以前発売していたCDを発掘しました。
11月22日のライブで特別販売予定〜!

mother
2010年5月に発売したCD「mother」。母の日用CD6曲入り¥1,500。現在は販売中止だったが、在庫が発掘された。

————————————————————————————————-

日々、歌のある風景。 vol.1

 誰かの日々を彩る歌。そんな歌が歌いたくて、音楽をしています。切ない歌、元気になる歌、あなたに寄り添うような歌。雪が降る前に、今自分が歌える歌を、皆さんに聞いて頂きたいと思います。記念すべき第1回目は、個人的にも大変お世話になっている能代のコバヤシタツヒコさんをゲストに開催いたします。渡部絢也の「今」を聞きにいらして下さい!

11月22日(金)秋田 山王 ROCKS
出演:渡部絢也/コバヤシタツヒコ
開場19:00/開演19:30 (*2013/10/28修正)
前売り2,000円/当日2,500円(1D別)

ROCKS
〒010-0951 秋田県秋田市山王1丁目9-20
チケットメール予約 info@watanabejunya.com

予約はfacebookページからでも大丈夫です。

————————————————————————————————-

【曲視聴可】「ゆめ」

2012年7月に秋田県の佐竹知事からロシアのプーチン大統領に送られた
秋田犬「ゆめ」にちなんで2012年8月に作った一曲があります。
「ゆめ」という曲です。


.
一見、普通のラブソングのようですが、主人公は犬目線。
ロシアの風景をイメージした歌詞が特徴になっています。
たまにこの曲を聞いてはロシアの風景に思いを馳せるわけですが、
たぶん「ゆめ」は、プーチン大統領と一緒にそんな風景を見ているんだろうな。

————————————————————————-

ゆめ

いつかあなたの手を引いて歩きたいよ
川のほとりを 風を受けながら

いつかあなたの隣で眺めたいよ
大きな湖 映り込んだ空を

頬を撫でる風はやさしく
遥か遠くあなたへも届くように願うよ

あなたへの思いは風に姿を変えて
青い空の彼方であなたに出会う
そして季節が巡る 時は静かに過ぎる
短い夏を終えたらあなたに会える

ずっとあなたの手を引いて歩きたいよ
雪の上に木々が 影を落とす中を

ずっとあなたの隣で眺めたいよ
丘から見る地平を 赤く焦がす空を

あなたと歩く道も あなたと見る景色も
あなたの息遣いも 話し方も 笑い方も
全て覚えているよ 全て覚えていくよ
巡る季節の中をあなたと行こう 生きていこう

11月11日チンアナゴの日 Ustream放送

●ちんあなごのうた 南国あなご放送局
日時:2013年11月11日 (月) 21:00~
場所:ちんあなごのうた 南国あなご放送局 チャンネル
視聴方法: 下記画面から視聴するか、下記リンク先にアクセスしてください。
http://www.ustream.tv/channel/chinanagonouta

素っ裸の音楽理論

昨日のUstream Liveを御覧頂いた方々、誠にありがとうございました。
Ustreamのライブとはいえ、めちゃくちゃ疲れたので、
今日は曲作り等の仕事に向かわず、音楽の本を読んで過ごしていました。

作曲やギターに関する本は定期的に購入しているのですが、
流し読み、一度読んだにも関わらず頭に残っていない……等、
せっかくの本が宝の持ち腐れになっていることもあり、
ノートにまとめながら読みました。

音楽理論勉強ノート
音楽理論勉強ノート。

最近のバンド(AKITA smile-face)での活動が功を奏し、
今までなぁなぁにしていた所が腑に落ちて納得出来た所が多々ありました。
何気ない日々の積み重ねが、いつのまにか理解を深めているんですね。

僕は本当に音楽が好きな人ほど音楽が好きではないような気がして、
時にコンプレックスのように感じる時もありましたが、
最近、お風呂の中でもこうした音楽理論の本を読んでいる自分を客観視して、
めちゃくちゃ音楽が好きなのでは!?とハッとしました。

素っ裸で音楽理論の本をムフムフ読んでいる人間。