アコギ弦弾き比べて見た結果。

新しくアコギを買ってから、色んな弦を試しています。
ようやくこの弦で行こうというのものが決まって安心しました。
今回試したのは、以下の弦。

Elixir NANOWEB Light
DAddario Phosphor Bronze Light EJ-16
・Martin 80/20BRONZE WOUND LIGHT M140
・Martin MAQUIS Phosphor Bronze Light M2100
・Martin SP Phosphor Bronze Light MSP4100
・Martin SP LIFESPAN Phosphor Bronze Light MSP7100
CLEARTONE Phosphor Bronze Light 7412

続きを読む アコギ弦弾き比べて見た結果。

無事完了@歌と絵のコラボレーションライブ

5月24日、秋田市山王ろっくすにて、
イラストレーターのいせきあいさんと共に
「歌と絵のコラボレーションライブ@ろっくす」を開催致しました。
お越し下さった皆さまありがとうございました!

10367743_651398454943223_925643858583308332_n

モニターに絵が映るようなセッティング。
PAは無しで、完全アンプラグドで歌わせて頂きました。

続きを読む 無事完了@歌と絵のコラボレーションライブ

【緊急開催】歌と絵のコラボレーションライブ@ろっくす

20140524rocks

来週の土曜日にイラストレーターのいせきあいさんと、
歌と絵のコラボレーションライブを開催することになりました。
場所はいつもお世話になっている、秋田市山王のBAR「ろっくす」。

水族館ライブや秋田PRライブなど、県外で数を重ねてきたライブを、
是非秋田の方々にもご覧頂きたいということで開催になりました。
緊急の開催になったのは、ろっくすで飲んだ勢いで決まった所もあるのですが、
お越しの皆様に楽しんで頂けるライブになるのでは、と思っております。

いせきさんとのコラボということで、
コミカルな曲ばかりというイメージかもしれませんが、
今回はシリアス路線な曲に合わせて、
シリアスな絵を書く初のパフォーマンスも行う予定です。
新しく買ったLarriveeギターの初出番になりそうですね。

予約は、メールフォームからメールして頂くか、
facebookのイベントページから参加ボタンを押して下さいませ。

Larrivee Guitarを弾きながら感じたこと。

新しいギター「Larrivee L-09E」が届いて、
飽きもせず色々と弾きながら幾つか新しい発見があった。

同じアコースティックギターでも、メーカーやギターの個体差によって、
押さえたくなるコードや、指使いが変わってくるということ。

続きを読む Larrivee Guitarを弾きながら感じたこと。

幾千の朝と夜をめぐって。

ついに迎えてしまった三十路。
思えば20代は色々なことがありました。
大学を卒業して、社会人へ。
社会人から、シンガーソングライターへ。

とんでもない回り道?
でも、きっと意味があった。

自分の要領がよくないことは分かっていて、
今の状況への焦りだってあって、
それでも自分なりに必死にやってきたつもりで、
そんな自分を責めるんじゃなく、受け入れて進むしかない。

そんな風に思って、昨日から今日にかけて曲を書いていました。

続きを読む 幾千の朝と夜をめぐって。

弾き語りライブイベント「日々、歌のある風景 vol.4」

ご好評頂いている弾き語りライブイベント「日々、歌のある風景」
6月14日土曜日にvol.4として、秋田市山王のBAR「ろっくす」にて開催することになりました。

日々、歌のある風景vol.4

今回のゲストは、シンガーソングライターで、
ラジオDJなどでも活躍中のMatirog(マティログ)さん。
家がとても近く、公私ともどもお世話になっております。

ラジオDJや司会としての印象が強いMatirogさんですが、
曲をご自身で作詞作曲から編曲までされるシンガーソングライターでもあります。
ライブは特に印象的で、一度見たら忘れられない個性的なライブです。
曲の世界に入り込んで、体全体で表現なさります。

いつもMatirogさんはご自身の作られたカラオケで熱唱するわけですが、
今回は僕が伴奏をする、全編アコースティックのライブ。
僕もMatirogさんの曲の世界に入り込まなければ……!

ライブの詳細は以下のとおりです!
お気軽に遊びにいらして下さい~。

続きを読む 弾き語りライブイベント「日々、歌のある風景 vol.4」

アコースティックギター Larrivee L-09E Taylor314CE 弾き比べ

カナダ発のメーカー「Larrivee」のギターを購入しました。
僕の買ったモデルはアメリカのカルフォルニアで作られたものです。

Larrivee L-09E

アコースティックギターはピンからキリまであるけれど、
安いものは1万円以下、高いものは100万円以上と価格の差が激しいものです。
なんでそこまで価格の差があるのかというと、
材料の木の種類や質に由来する所が大きいとされています。

合板と言って、木と木を接着してボディを作っているものは安いものが多いけれど、
単板と言って一枚の大きな木が材料になっているものは、
どうしても値段が高くなってしまうもの。でも単純に単板が良いわけでなく、
どちらにも一長一短あるので、弾く人の用途によってどれが良いかは違います。
(気温や湿度の変化に強いのは合板なので、外でガンガン弾く人は合板のほうが良いとか。)

Larrivee Guitarは、どの型もオール単板を用いるというのがこだわりのメーカー。
購入した型はLarrivee L-09Eという型で、
最初からLR.Baggs.anthemというピックアップがついているモデルです。

Larrivee Guitarの音は、ギターの倍音がとても出て、つやのある音が特徴。
今日は今までメインで使っていたTaylor 314CEと音の比較もしたいと思います。

続きを読む アコースティックギター Larrivee L-09E Taylor314CE 弾き比べ