白魚の踊り食いを語る。「渡部絢也の夜が始まる」第10回。

昨日、毎週水曜日夜9時から放送しているUstream番組
「渡部絢也の夜が始まる」第10回目の放送がありました。

番組内では、久しぶりに行ったスキーの話や、
白魚の踊り食いについてのトークが盛り上がりました。

白魚の踊り食いは鮮烈な思い出がありますね。
命を喰らう感覚。農業高校などでは、
育てた豚をさばいて食べる授業なんかもありますが、
そこまでとは言わずとも、命を考えるきっかけになる気がします。

口の中で逃げ惑う白魚を噛みしめるのは、
気持ちのよいものではありませんが、精はつくような気がしますよね。
西洋のヴァンパイアが誰かの血をすすって、命を永らえる。っていうのは、

生きの良いものを食べると精がつく=血を吸えば長生きする

みたいなイメージから来てるんじゃないかな。
調べたわけじゃないので、勝手な解釈ですが。
すっぽんの生き血なんかにも挑戦できる機会があればいいですね。

コメントを残す