はじめての畑に挑戦中。

 畑に挑戦しています。あさがおやミニトマトを植えた小学校以来の経験。

IMG_0832

 上の写真はじゃがいもの写真。まっすぐに植えられていないから、クネクネしている。あたりまえだけど、じゃがいもはスーパーに売っている。だけど、どんな風に育ってぼくらの食卓に並んでいるかなんて、普通はあまり考えたことが無いんじゃないかと思う。ほったらかしにしていたじゃがいもから禍々しいほどの芽が出てくることがあるけど、あれはじゃがいもが育ちたいだけなんだ。あれを畑に植えたらきっと、物凄く良い種芋になるんじゃないかな。

IMG_0841

 この写真をよくよく見ると、葉っぱに穴が空いているのが分かると思う。それは葉っぱをテントウムシダマシが食べているからだ。テントウムシダマシはアブラムシを食べる肉食性のテントウムシではなく、ナス科の植物(ナス、トマト、じゃがいもなど)の葉を食べる害虫だ。かわいそうに……ぼくのじゃがいも。以前はテントウムシを見るだけで悲鳴をあげていたぼくだが、今では彼らを手で掴んで、地面に投げ捨て、踏んで退治することを覚えた。(近所のお母さん方は指で捻り潰す……!!)

IMG_0836

 この写真は、キュウリの畝を映したもの。キュウリはネットを使ってツルを絡ませて育たせるのだけど、隣のお母さんが傍にある竹やぶから竹を持ってきてくれて、このように支柱代わりにしてくれた。こうすることで、わざわざキュウリネットをかけずとも、天然の竹やぶネットが完成!! そういう発想って突然には生まれない。暮らしの中で徐々に生まれるものなんだなぁ。そんな知識を少しずつ吸収しつつ、今日もテントウムシモドキや毛虫を退治する朝の風景。

コメントを残す