6月19日秋田市Popcorn 岩瀬敬吾さん、佐藤正昂くんとのライブ振り返り。

 6月19日、秋田駅前にあるBAR「Popcorn」にてライブをしました。元19の岩瀬敬吾さんのアルバムリリースツアーです。お誘い頂いたのは、地元アコースティックデュオのケースケ&マサから佐藤正昂(マサ)くん。

20150619Popcornライブ

写真:当日司会をして下さった、DJ akiさんよりお借りしています。


11412121_468660483293504_7596319561668547_o

 トップバッターはマサくん。長渕剛さんのカバーからの入り、「懐かし~~!」という声も上がる中、ライブがスタート。ソロで作った楽曲も披露していましたが、マサくんの思いがこもった一曲でした。ぼくはやっぱりこんな風に人柄の見える曲が好きです。


 で、次が僕の出番。

●セットリスト
1.すごろくみたいな人生さ
2.走り始めろ走り続けろ
3.総てに愛を
4.夜が始まる
5.今この瞬間から


 ライブごとに自分なりのテーマを設けて挑むわけですが、このライブのテーマは「歌に必然性をつける」ということでした。なんでその順番でその曲を歌うのかということも、その曲ができた経緯も、ぼく自身のことを、もっと納得してお客さんに聞いてもらいたかった。そうしないと歌に説得力がないんじゃないかと思うんです。あとは、今回、第一線で音楽を続けてらっしゃる岩瀬敬吾さんの胸を借りるということで、メラメラと闘志を燃やして、まさに挑んだライブでした。

 今回のライブを終えて、今までと違ったご感想をたくさん頂きました。「歌がうまい」とか「声がいい」とか、そういうことはある程度歌えたら皆言われることで、ライブが終わった後の一番嬉しい言葉は「すごかった」とかなんだかぼんやりしている言葉なような気がする。それは勢いとか凄みとかがないと、言ってもらえないんですよね。だからこそ今回はすごく嬉しかったなぁ。

 帰ってからビデオを見返そうとしたら、データが飛んでいて見られず……。皆さんにもご覧頂きたかったのですが残念です……。


11063773_827526353992241_3088626240683796116_n

 そして岩瀬さん率いるノロッストリオのお三方の演奏。「チンアナゴ」をかなりいじってもらいましたね。演奏は空間系というか雰囲気系というか、音の海に抱かれるような心地良いものでした。ぼくもこういう音楽やりたい! 最後は、出演した3組が皆でコラボをしました。ノロッストリオさんの演奏中、最後の2曲になった時にマサくんからアンコールのことを聞き、「その曲おれ知らないぞ!?」となりつつも、ステージ上では「そういうもんだから」と岩瀬さんから一言。やはり無茶ぶりを越えてこそのアーティストなのですね;!!

11121055_681170242026869_424162450_n

歌詞を見つつもアンコールで歌う渡部。 写真提供:なみさん


 打ち上げは、ノロッストリオのお三方、マサくんとぼくとで、近くの郷土料理屋へ。地元にいるとあまり郷土料理屋には行かないものだけど、すごくおいしかったです。以上、19日のライブレポートでした。

コメントを残す