ピアノは弾けないけど、ピアノを聞いて! アルバム曲紹介「生活の隙間」

みなさん、どうもです!
コミカルからシリアスまで、全てを音にするシンガーソングライター渡部絢也です!

10月5日発売の新作2ndアルバム「全てを音にする」から
本日は三曲目、「生活の隙間」をご紹介します!

どんな曲なの?

今回のアルバムの中では一番最初に作った曲で、2012年に作りました。
ゆったりとしたテンポで、聞きながら物思いにふけたくなるような曲です。

渋谷の交差点で。

楽曲を作ったのは2012年に東京・渋谷に行ったのがきっかけ。
スクランブル交差点が赤から青に変わると、
一斉に人が歩き出して。その内の一人であるぼくは
「一体何者なんだろう?」と、物凄く不思議な感覚に
囚われたことを今でも思い出します。

こんなにたくさんの人がいて、
その一人一人に人生があること思うと、
気が遠くなりそうな感じすらしました。

東京に住んでいる方からしたら普通の光景すぎて、
こんなことを言ったら笑っちゃうのかなぁ!

生活の隙間って何?

あんまり日々が忙しすぎると、
頭を真っ白にして物思いにふける時間すら
なくなってしまいそうな気がします。

そういう時間(生活の隙間)を、
自分から見つけたり作ったりする時間も必要なんじゃないかな。

最近は、瞑想が大事とよく言われるようになりました。
情報が多すぎたり、忙しすぎたりして、
みんなの頭の中がいっぱいいっぱいに
なっているからなのかもしれませんね。

ピアノを聞いて!

ぼく自身はピアノが弾けないのですが、
ピアノを弾けるつもりになることは出来ます。

なのでこの曲のピアノソロは、ぼくの頭の中のピアニストが
とても流暢に、そして気だるげに、
とても美しいメロディーで弾いてくれたものを、
PC上に打ち込んで、音楽にしています。

間奏部分ではお気に入りのピアノソロなども入っていますので、
ぜひそちらもお楽しみ下さい!


●全国流通盤2ndアルバム「全てを音にする」

subete_jacket
発売日:2016年10月5日
金 額:¥2,500- (税別)
amazon : amazonで予約

●収録曲
01.全てを音にする
02.夜が始まる
03.生活の隙間
04.走り始めろ走り続けろ
05.命あるかぎり
06.きみがここにいる
07.平気さなんてうそぶいて
08.赤いポスト
09.幾千の朝と夜を巡って
10.Will
11.今この瞬間から

*詳しくは特設ページヘ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。