おやこでギュ~~っ!! 北浦保育園で「歌と絵のライブ」の巻。

一昨日。2017年6月14日に、
男鹿市にある北浦保育園で「歌と絵のライブ」をしてきました!

育児講座の時間の中で、子どもたちや保護者の皆さんに向けて、
1時間程の時間のパフォーマンスでした!

パフォーマンス「かわいいこのこ」おやこでギュ~~っ!!

テーマは「また子育て頑張るぞ!」

子どもたちに楽しんでもらうのはもちろんですが、
育児講座の中でのパフォーマンスですから、
「保護者の皆さんに楽しんでもらいたい!」という思いがありました。

歌に合わせて一枚の絵を完成させるライブペインティングのコーナーでは、
「今あなたたちへ伝えるべきこと」という歌を歌いました。

結婚する時、子どもたちがお腹の中にいる時に、
ご両親へと浮かぶ感謝の気持ちを歌う歌です。

ライブペインティング「今あなたたちへ伝えるべきこと」

会場には涙を浮かべるお母さま、先生方も。
「子どもを産んだときのこと思い出した!」というご感想もありました。
こうしたパフォーマンスを通じて「また子育て頑張ろう!」という、
一つのきっかけになれば嬉しく思います。

CDも販売中(*´∀`*)

親子のふれあいを!

こうしてファミリー向けのパフォーマンスをしていると、
よく伺う意見が「子どもを産んでからライブを見たのが久しぶり」
「子どもを連れて一緒に楽しめるイベントがなかなかない」というご意見です。

だからこそ、ぼくらはパフォーマンスを通じて、
親子がふれあい、笑顔になるような時間をご提供したいと思います。
今回は「えかきうた」と「あそびうた」でふれあいの時間をお届けしました。

親子一緒に「えかきうた」

今回の「えかきうた」では、子どもたちだけが絵を描くのではなく、
保護者の方にも一緒に挑戦するようにお願いしました。

親子で一緒に挑戦すると、色々な反応があります。

例えば、子どもにせがまれて親が全部描いてしまうこともあります。
それを機会の喪失と見る方もいるかもしれませんが、
子どもが親の絵を誇らしそうに見せてくる様子は、
意味のあることだとぼくは思います。

「ぼく・わたしのためにママが描いてくれた絵」は、
子どもたちにとって、すごく嬉しいものなんですよね。

ただし、それがずっと続くようではやはり機会の喪失になってしまいますし、
「私はお母さんのように上手に描けない!」と
お絵かきを嫌になることもあるかもしれません。

また、いせきのお手本の絵の通りにならずに、
「こうじゃない」「ああじゃない」と仰る保護者の方もいます。
ただぼくたちが思うのは「絵に答えはない」ということです。

子どもたちの絵に上手いも下手もなくて、
本当は、好きなものを好きなように描くのが一番だと思います。

ぼくたちの思う絵描き歌の役割は、
絵を描こうとする「とっかかり」です。
手先の練習などもありますが、一番は、「えかきうた」を通して
「描けた!」という自信や、「もっと色々な絵を描きたい!」と、
思ってもらえることが一番です。

形が崩れていようがいまいが、
今描けたものを「いいじゃん!」と認めることで、
絵を描きたい!という意欲がどんどん高まるのでは、と思います。
また、親子の結びつきがより深いものになると考えています。

またライブ後に、保護者の方から
「苦手意識があったけど、絵を描くのが楽しいと思えた。」
というご意見頂くこともあります。

保護者の方が「えかきうた」に挑戦することは、
日常で子どもたちと一緒に絵を描いたりすることへの
心理的ハードルが下がることに繋がっていると考えています。

今後の「歌と絵のライブ」の中でも、
「自由に絵を描く楽しみ」をより感じてもらえるような
パフォーマンスに進化させていきたいと思います。

親子で一緒に「あそびうた」

今回のパフォーマンスでは、
「かわいいこのこ」という「あそびうた」を行いました。

子どもたちを膝の上にのっけて、
揺れたり跳ねたり、ぎゅっと抱きしめたり、つんつんいたずらし合ったり。

パフォーマンス「かわいいこのこ」おやこでギュ~~っ!!

2分ほどですが、かなりハード!!
ぬいぐるみ相手にやっているぼくらでもハードなので、
子どもたち相手にやる保護者の皆さんは、さぞ大変でしょう!!
(会場には双子ちゃんのお母さまもいらっしゃいました!!)

ただ、この「あそびうた」は、子どもたちがとびっきりの笑顔になるんです。
通常、保育園にはいないはずの保護者がいてくれて、
文字通り肌と肌を触れ合わせて、ぎゅっと抱きしめてくれることで、
子どもたちは嬉しくてたまらないみたいです!

この時間は、どれだけ甘えたって誰も咎めない!!
子どもたちにとってのゴールデンタイムなんですね。

育児講座の最後に、主任の先生がおっしゃってくださいました。
「一日のうちに少しの時間でも構いません。
どうぞお家でも、子どもたちをギュッと抱きしめる時間を作って下さい」

このお言葉は、ぼくらにとっては大変嬉しいお言葉でした。

一時のパフォーマンスとしてだけじゃなく、
継続的にこのあそびうたが親子のふれあいのきっかけになるように、
準備ができ次第、Youtubeにアップロードしたいと考えています。

お楽しみに!

秋田HATA☆HATA☆ROCK&SAMBA!!で踊る!

さすがハタハタの本場!
男鹿市の子どもたち!
ぼくの「秋田HATA☆HATA☆ROCK&SAMBA!!」に合わせて、
最後には一緒に踊ってくれました。

さいごに

「歌と絵のライブ」が持つ可能性や意味を、
改めて感じることになった、北浦保育園での育児講座でした。

企画&お招き下さった、北浦保育園の先生方、
保護者の皆さま、北浦公民館様、本当にありがとうございました!

またみなさんにお会いできますように!(*´∀`*)


ぜひメルマガのご登録を!

20161108_banner_watanabe

最新動向を、いち早くお届け!
今なら限定無料音源プレゼント中!

→簡単登録はこちらから!


コメントを残す