【ライブレポ】11月22日、24日

11月22日。
秋田のライブハウスでの久しぶりのライブ。
「日々、歌のある風景 vol.1」と銘打って、
1ヶ月程前からずっと準備して、臨んだライブでした。

●セットリスト(赤字が新曲)
1.my lover
2.泣きたい気持ち
3.秋田HATA☆HATA☆ROCK&SAMBA!!

ゲスト:コバヤシタツヒコさん 30分程のライブ

4.朝露の窓辺
5.優しい朝に目覚めたら
6.響けMUSIC!!
7.生活の隙間
8.rainy song
9.レイニーラグ
10.総てに愛を
11.鼓動
12.時をつむいで
en.LOVE SONG

このライブに向けて、新曲を作る当初の目標はクリア出来ました。
「朝露の窓辺」はライブの5日前くらいにようやく出来た曲。
歌の音域的にも、ギターの運指的にも難しい曲を作ってしまい、
曲が出来てからもまともに演奏できずに修羅場でしたが、
ライブ2日前くらいに形になって、これは行けるな……という感じで。

今回私的に大きかったのは「鼓動」という曲が演奏できたことです。
2008年、社会人2年目の私的には一番辛い時期に作りましたが、
数え切れないくらい聞いて、その度に何度も励まされた曲。

この曲は4拍子の3連符という拍の取り方なのですが、
ピアノ曲の打ち込みということもあって、今まで演奏が出来ずにいました。
今回はループマシンとボイスエフェクターを使ってギターで再現することが出来ました。
今ならこの曲はもう少し深く掘り下げられる気がする。

ゲストのコバヤシタツヒコさんのライブも素晴らしかったです。
思いが溢れて、それが言葉に動きに演奏に全て昇華されていました。
それはただ単純に慣れの問題じゃなくて、
普段から痛いくらい自分と向き合っているからなのかもしれない。
大変勉強になりました。ありがとうございました!

今週の土曜日16時40分からのABSラジオ「音の見えるラジオ」では、
このライブの模様をダイジェストでお送りしようと考えています。
お楽しみに!

11月24日。
仙北市民会館で行われた「~音楽でつながろう2013~みんなの校歌コンテスト」に出演。
「AKITA smile-face」での出演でしたが、今回は、作曲家のマシコタツロウさん、
作詞家の市川喜康さんのお二人もゲストと言う形で、
お二人のバックバンドとして演奏する曲もありました。

1時間半程のステージで曲数も多く、
自分の限界を試されているかのような難解な曲も多い中、
日頃の音楽理論の勉強や、ギターの練習の成果が自分なりに感じられて、
練習の時点から、かなり楽しんで弾くことが出来ました。
その反面、人の作った曲を、それもご本人の前で弾くことは物凄く緊張を伴うことでもあり、
本番前はあっちへこっちへうろちょろと緊張の塊だったのを思い出します。

打ち上げでは出演者の皆さん、スタッフの皆さん、全員で一言ずつ言い合いました。
スタッフの方々の気持ちが痛いくらい伝わってきて、
来年の「音楽でつながろうプロジェクト」のイベントのますますの盛り上がりに
少しでも貢献できるようにしたいと感じています。

忙しかった11月ですが、自分にとっては最高の1ヶ月でした。
引き続き曲作りがんばろう。

コメントを残す