7月19日 駅員さん手作りの音楽イベント「エキナカ音楽祭」を終えて。

7月19日、JR秋田駅で駅員さん手作りの音楽イベント
「エキナカ音楽祭」が開催となり、朝9時40分から午後5時過ぎまで、
駅の改札口には、アカペラから民謡、バンド、吹奏楽と、
様々なジャンルの音楽が鳴り響きました。

エキナカ音楽祭1

秋田駅のあるお一人の駅員さんが考案した企画。
それに賛同なさった他の駅員さんたちが力を合わせて開催に至りました。
駅員さんたちの、普段からご利用頂いているお客様への感謝の気持ちが、
ビンビンと伝わってくるような素晴らしいイベントでした。

ご高齢のお客さんが「こんなに素晴らしい駅、誇らしいわ!秋田駅が大好き!」なんて、
駅員さんに仰られているのを見ていたら、思わず顔がほころんでしまいました。
イベントってこうあるべきなんだって、改めて勉強させてもらった気がします。

司会をされていたのも駅員さんたちだったのですが、
慣れている案内業務と違って、やはり緊張されている様子ではあったのですが、
その一生懸命さが本当に良くて、心を打たれるんです。
出演する側としても、「精一杯演奏してお客さんたちに楽しんで頂こう!」と、
いつも以上に奮起して臨みたくなるくらい。(*いつも奮起してますけども!)
このイベントに出演させて頂いて本当に良かったです。

エキナカ音楽祭2

●セットリスト
1.オパールの海
2.夜が始まる(*歌詞を少し変えて「今日が始まる」と歌いました。昼だし。)
3.幾千の朝と夜を巡って
4.秋田HATA☆HATA☆ROCK&SAMBA!!
5.僕たちの未来

最近のイベントライブへの意識は、かなり変わってきました。
以前は「どれだけ音程を安定させて、間違わないように歌うか」にフォーカスしていました。
でもそんなことは本当は二の次で、「お客さんとどれだけ一緒に楽しむか」が重要なんだと、
今は思っています。(先日の酒井ミキオさんとのライブが衝撃的だっただけに。)

お客さんと一緒に歌う「夜が始まる」は最高に楽しくて、
永遠にコールアンドレスポンスしたいくらい。
あまりにハッスルしすぎて、ライブが終わった後には、
滝に打たれたくらいの汗をかいていました。全身びしょ濡れ。

エキナカ音楽祭3 エキナカ音楽祭4

企画された今回の代表の駅員さんが、次回も是非やりたいと仰られていました。
僕自身もまた歌わせてもらいたいんだけど、それよりも、
「あの人やあの人が出れば楽しそう!」って、知り合いのミュージシャンを
紹介したいくらい素晴らしい企画だと思っています。
自分だけが歌わせてもらうのは勿体ない。

手作り感溢れる最高のイベントを企画・運営された、
サービス精神旺盛な秋田駅の駅員さんたちに心より感謝致します。
そして、聞きにいらして下さったお客様にも本当に感謝です!
音響さんも他の出演者の皆さまも、本当にありがとうございました!

コメントを残す