エフェクトレビュー

Sonnox Claro:究極の使い勝手!デジタルEQの大本命

Sonnox Claroサムネイル画像

Sonnoxはイギリスのディベロッパーで、品質の良いプラグインで有名です。

2021年10月12日、ClaroというとんでもないEQを発表しました。

私的に今までEQは、使い勝手の良さからFabfilter Pro-Q3一択でしたが、Pro-Q3を超える究極に使いやすいEQが生まれた!という思いです。

この記事では、次の3つの観点から、解説していきます。

  1. 3つのモードから、抜群の使い勝手を実現!
  2. 透明な音質で、たまらなく気持ち良い!
  3. EQを変化させても、オートゲインでラウドネスを維持!

EQ初心者から玄人まで、皆におすすめの最強EQ。音を含めてじっくり解説&紹介いたします。

3つのモードで使い勝手が最高!

Claroは、3つのモードを搭載しています。

  • Produce:3バンドEQ&ハイパス&ローパス +Width
  • Tweak:一般的なデジタルEQ画面
  • Mix:Claroを差しているトラック全てが一覧で表示され、被りがすぐ把握できる。

Produceモードで、大まかな音の方向性を決める。Tweakモードで、より詳細に調整。Mixモードで、他のトラックとの兼ね合いを図る。

といった流れでEQ処理を行います。それぞれを詳細に見ていきましょう。

Produceモード

Sonnox Claro Produceモード

Produceモードでは、上部にハイパス・ローパス(10.0・40.0kと書いてある所)と、画面中央のLow・Mid・Highの3バンドEQで調整します。

英単語で、各帯域の印象を表示しているので、EQにさほど詳しくない人にとっては助けになるでしょう。

Rumble(轟き)・Weight(重さ)・Warmth(温かさ)・Mud(泥)・Definition(鮮明度)・Harshness(耳触り)・Air(空気感)

そして画面下部では、Tone・Widthを切り替えることが出来るのですが、ここもすごく便利な所。

Sonnox Claro Produceモード(Width)

Widthでは、MSモードのSideだけを調整できるというものです。あえてSideだけを調整するようにしているのが、とても分かりやすいですね。

Sideを高くすると、広がりが出る。
低くすると、締まる感じになる。

Sideをいじるまでに必要なクリック数が、Fabfilter Pro-Q3より少ないのも楽ですね。

Produceモードで、大まかにEQしたら、Tweakモードに移行します。



Tweakモード

Sonnox Claro Tweakモード

Produceモードで設定した値が、自動的に普段見慣れたデジタルEQ画面に設定されます。

これなら、「Fabfilter Pro-Q3でも出来るじゃないか。」とお思いの方がいるかもしれません。

しかし、デジタルEQは視認性の良さがある故に目で合わせがちです。Produceモードにより耳で合わせたEQが、結果デジタルEQでこのように表示されるというのは、今までのデジタルEQの感覚とは、似て非なるものです。

どちらかというと、実機を元にしたアナログEQプラグインを触っている時の感覚に近いですね。

Produceモードはあまりにも直感的で、音を決めるのがとてつもなく楽なのです。

Tweakモードでは、ダブルクリックすることでポイントを追加でき、マウスホイールでQ幅を設定など、最近のデジタルEQでは主流の操作性の良さです。

Sonnox Claro Tweakモード 急勾配なEQカーブ
急勾配など、変わったEQ設定もなんのその。

また、アナライザーも選択したノードのQに合わせて、見た目が変化します。

Qを狭くした場合は、レゾナンスが強調して表示され、切る際のポイントが見えやすくなります。(とはいえ、「絶対に切れ!」ということではなく、あくまで目印。)

Tweakモードで、より細かくEQを施した後は、Mixモードに移行します。

Mixモード

Mixモードでは、Claroを差した全てのトラックを表示できます。

Sonnox Claro Mixモード
左下のShowで、Tracks・Buses・Effectsと、表示切り替えが可能

右下に比較のトラックを置き、一画面で比較トラックもEQ操作可能なのが、とても便利。

被った帯域は黄色く表示されたりと、マスキング対策にも使えます。

マスキング対策は、Fabfilter Pro-Q3でも可能ですが、一覧になっていること・一画面で比較トラックも操作可能な分、Claroの方が圧倒的に便利です。




透明な音質に感動!

じゃあ、実際に音はどうなんだ?ということで、比較して聞いていきたいと思います。

今回は、ピアノ・ベース・ドラム・FX(リバーブ)計4トラックの音源を例として作りました。4トラックにそれぞれClaroを使用し、音を整えました。

  1. EQ不使用
  2. Claroを使用
  3. Fabfilter Pro-Q3(Natural Phase)を使用

の音源をそれぞれ聞いてみてください。

EQ不使用
若干もこもこしているのが分かると思います。
Clora使用
EQ処理によりくもりが取れているのが分かるはず。
Pro-Q3をCloraと同じEQカーブで使用
同じEQカーブなのに、何故かくぐもって聞こえます。

一目瞭然で、Cloraの透明感が圧倒的ですね。

これは、後述するオートゲインにより、EQを変化させてもCloraはラウドネスが変わらないのに対して、Pro-Q3ではEQ処理により全体の音量が上下することで聞こえ方が変わることにもありそうです。

そこでPro-Q3後、ラウドネスが変わらないように、音量調整したものが次の音源となります。

Pro-Q3 ゲイン調整
ピアノ+0.9db ベース+0.4db ドラム+0.2db リバーブ+0.6db

この音源と比較しても、やはりCloraを使った音源には上品な透明感を感じるかと思います。同じデジタルEQでも、ここまでの差が出るとは、正直驚きです。

余談ですが、ピアノのEQカーブは、次の設定になっています。

Sonnox Claro Pianoの設定
Fabfilter Pro-Q3 Pianoの設定

キーの主音であるAで、ベースやドラムと若干のかぶりがあり、少しだけ切っています。

Mixモードがあるため、こういう判断もめちゃくちゃ早くなりますね。




完全無欠のオートゲイン!

SonnoxのWEBページでの説明には、次のような記載があります。

Auto Gain uniquely keeps your track at the same loudness, no matter the signal content or how you choose to EQ it.

オートゲインは、信号の内容やEQの選択方法に関係なく、トラックを同じラウドネスに独自に保ちます。

Sonnox – https://www.sonnox.com/toolbox/claro

EQで音をどんなに彫刻しても、ラウドネス(聴覚上の音量)が変わらないのは、本当に感動です。

というより、今までEQをした後に、音量調整をして変化を確認していたのが、すごくわずらわしいことだったと気付かされるはずです。

先程のPro-Q3のゲイン調整は、LetiMix/GainMatchというプラグインを使用しました。エフェクト前後でゲインを自動で合わせられるとても便利なプラグインですが、Clora使用後は、挿すのがひと手間と感じてしまいます。

ちなみに、Pro-Q3にもオートゲイン機能が付いているのですが、質感がまるで違っており、少しザラザラした感触があります。Claroのオートゲインはあまりにもスムーズで、クリア。

Claroの追い求めたい音を追求できる感覚は、喜び以外の何物でもありません。

EQを下げれば、オートゲインにより相対的に操作している帯域以外の音量が上がります。

ClaroによるEQ操作後に、「他の楽器と比較して、大きくor小さく感じるようになった。」ということはもちろんあると思いますし、音量調整は必要です。

ただ、EQ操作中に音量変化にだまされないのは、やはり画期的なことだと思います。

CPU負荷も軽い!

Pro-Q3とほぼ変わらず、全く負担になりません。動作も軽快。

●PCスペック

  • OS:Windows10 64bit
  • CPU:AMD Ryzen 9 3900X [3.8GHz/12Core] 
  • メモリ:64GB
  • DAW:Studio One5.4
  • サンプリングレート・解像度:48kHz・32bit float
  • バッファーサイズ:256samples
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Discrete4

デメリットはあるか?

現在感じる不満としては、2つですね。今後のバージョンアップに期待です。

ビューの大きさ変更

大きさは変更できるのですが、Produceモードは75%・100%・125%と固定で、これを変えると、他のモードまで縮小・拡大されてしまいます。

Tweak・Mixモードでは、自由に大きさが変えられるのに、Produceモードの大きさが連動してしまうのは不便です。

ダイナミックEQが付いていない。

Fabfilter Pro-Q3にも分があるのは、ダイナミックEQの有無ですね。

ただ、ダイナミックEQを使いたいときは別のプラグインを立ち上げればいいだけなので、このままでも良いかな。メリットの方が勝ちますね。

というより、SonnoxはダイナミックEQプラグイン「Oxford Dynamic EQ」を販売しているので、こちらが気になってしまいます。

●余談:Fabfliter Pro-Q3が持つメリット

音質については、先にも触れたように、Claroの方が透明感で優れています。そのため、音を鈍らせたい・引っ込ませたい素材については、Pro-Q3の方が向いていると感じました。

また、リニアフェイズモードが付いているので、マスター段でも使えますね。

ただ、DAW付属以外のEQを買うファーストチョイスとしてのEQであれば、圧倒的にClaroがおすすめです。Pro-Q3は、DAW付属EQを進化させた無骨な仕事人のイメージですが、Claroは「EQが楽しい!」とまで思わせてくれるEQだからです。




Sonnox Claroを買うなら?

国内代理店を選ぶなら、Media Integration オンラインストアがおすすめです。ポイントが付くので、今後ポイント分値引きした金額で購入できるようになります。

国外サイトなら、PluginBoutiqueがおすすめ。

2021/12/1まで、イントロプライスで購入可能です!

今までDAW付属のEQプラグインを使っていた方、私と同じようにFabfilter Pro-Q3でも十分満足していた方、見える景色が変わりますよ。安いうちに購入をおすすめします!

まとめ

以上、究極の使い勝手、Sonnox Claroのレビューでした。いかがでしたでしょうか?

  • オートゲインとProduceモードで、耳で判断してEQできる新しい感覚
  • 何より音が良すぎる!
  • Mixで一覧で表示し、同一画面でEQ操作可能。

Claroは「EQ操作が楽しい!」と感じさせてくれます。これはFabfilter Pro-Q3には、感じられません。

触っていてワクワクする感覚を、ぜひ味わって頂きたいです。

> Media Integrationで金額を確認
> Plugin Boutiqueで金額を確認

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター

 作編曲家として、舞台音楽、企業のテレビCM&サウンドロゴ&テーマソングなどを制作。シンガーソングライターとして、自ら歌入れ・声入れする場合も多々ある。
 ユニット「ウタトエスタジオ」では、ファミリー向けのミュージックアニメーション制作や、絵本、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!