ギターテクニック

ギターを指でストロークする方法 動画で解説!

ギターを指でストロークする方法サムネイル

ギターを指でストロークするのは、コツが分かれば意外と簡単です。

次のような鋭いストロークも、指ストロークで行っています。

指ストロークを使った演奏例

指ストロークには、使う指に秘密があります。

  • アップストローク:中指・薬指
  • ダウンストローク:親指

動画を使った解説をご覧頂く前に、まずは指ストロークのメリット・デメリットからご紹介していきます。

ギターを指でストロークするメリット

アルペジオ・ストロークを自由に行き来できる。

例えば、次のようにアルペジオ・ストロークを行き来する演奏ができます。

アルペジオ → 指ストローク → 混合 → 指ストローク

これにより、

  • イントロでは指弾きから始まる
  • 盛り上がった所でストロークに変化する

というような、動きのある演奏が可能になります。

指ストロークを使えば、耳の飽きない演奏ができるようになりそうだね!

ピックのストロークより音が良くなる場合も。

アコースティックギターのレコーディング時に、「パチパチ」というピッキング音が大きく収録されてしまうことがあります。

パチパチ音がするピックストローク 

このようなパチパチとしたノイズは、他の楽器とミックスする際に邪魔になる場合もあります。指弾きストロークであれば、そのようなノイズは出ません。

指ストローク


ギターを指でストロークするデメリット

ピックストロークが、ジャンルと紐付いている場合がある。

例えば、*ファンクの大御所のナイル・ロジャースは、Thin(薄い)ピックを使うことで、グルーブのあるカッティングをしています。

次のようなファンクのフレーズを、ピック・指、それぞれでストロークしてみましょう。

TAB譜:ファンク風:Am7→Dm7
指ストローク
ピックストローク

指の演奏でも違和感なく聞こえる方もいるもしれません。しかし、ジャンル独特のグルーブを出すには、そのジャンルの通例に従うことも重要です。

私個人的には、細かいピックの弾き分けや、もったりとしたグルーブ感を出すのは、ピックの方が得意だと感じます。(特に顕著なのは、2小節4拍目の裏ですね。ピックの方が粘りがあります。)

指ストロークは、主にアコースティックギターに向いた奏法と言えると思います。




指ストロークのやり方

爪の状態

爪先の白い部分が出ているほど、硬質な音になります。

写真:爪の状態確認用

白い部分は、0.8~1.2mmくらいが基準ですね。親指の爪は、結構長めに残しています。

まずは動画で確認してみよう。

アップ・ダウンで、使う指を変えているのが分かります。

  • ダウンストローク:中指・薬指
  • アップストローク:親指

ダウンストロークのやり方

中・薬指を少し丸め、そのまま弦を擦るようなイメージでストロークします。指先に力は込めません。

人差し指は伸ばしていますが、弦に当たらないようにするためです。

ダウンストロークのアクセント

指に力を入れるのではなく、手首を振り下ろす速度を上げることで、アクセントを出します。

アップストロークのやり方

アップのタイミングで、親指を弦に当てて行います。力を抜き、弦をさするようなイメージ。

アップストロークのアクセント

脱力していた親指に力を込めることで、アクセントを出します。

使えるギターコード進行集バナー(PC用):3月31日までセール開催中!40%オフ
使えるギターコード進行集バナー(スマホ用):3月31日までセール開催中!40%オフ

色々な練習方法

習得のための基礎練習

4ビート

まずはダウンストロークのみを練習します。

TAB譜:指ストローク4ビート

DM7(9)は、左手の親指で5・6弦をミュートして、右手は全弦ストロークです。

8ビート

アップストロークを組み合わせてみましょう。

TAB譜:指ストローク8ビート

2・4拍目にアクセントをつけて弾いてみます。

TAB譜:指ストローク8ビートアクセント

16ビート

TAB譜:指ストローク16ビート



音を切ることで変化をつけよう。

TAB譜:指ストロークのパームミュート

ここではパームミュートを使います。

右手の側面で、1~6弦までを押さえることで音を切ります。

ブラッシングを入れ込もう。

TAB譜:指ストロークのブラッシング

右手親指と、親指と付け根を1~6弦に押さえつけるようにして音を鳴らします。

かっこいいコード進行で練習しませんか?

じゅんや

かっこいいコード進行で練習したら、上達も早いはず!

既存のコードブックには載っていないフォームを集めた「使えるギターコード進行集」に興味はありませんか?

人とは一味違う演奏がしたいというあなたは、ぜひチェックを!

現在、発売3ヶ月目セールとして、40%オフで販売中! 2021年3月31日までの期間限定です。今すぐお買い求め下さい!

No.06 浮遊感を持つ9と、その転回系を使ったオシャレな変化
【Key=F 難易度☆☆☆】
No.33 トップノートを細かく変化させノリを作るコード進行
【Key=D 難易度☆☆☆】
No.36 ルート下行の気だるい進行を打ち破ろうとするdim7
【Key=Dm 難易度☆☆☆】
No.47 トップノートを変化させ、躍動的な印象を高める手法
【Key=E 難易度☆☆】

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター・歌のお兄さん

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!