ギター初心者向け記事

ギターの種類:エレキ・アコギ・クラシックギターの違い

サムネイル画像:エレキ・アコギ・クラシックギター・ギターの種類

この記事では、3種類のギターの違いを、サウンド付きでじっくり解説していきます。

あなたにおすすめなギターの種類はどれか、きっと答えが出ると思いますよ。

ギターの分類

電気を使うか使わないか。

ギターの種類の中でも大きな違いは、電気を使うか・使わないかです。

ギターの分類図:電気を使う→エレクトリックギター:電気を使わず金属弦→アコースティックギター:電気を使わずナイロン弦→クラシックギター

大きく分けて、エレクトリックギターとアコースティックギターに分けることが出来ます。    

生音の大きさ

電気を使わないアコースティックギターは、一般的に木製のボディを持ち、中が空洞になっています。ボディの中で音が反響するため、アンプ(スピーカー)に繋げなくても、そこそこ大きな音が鳴ります。

アコースティックギターの生音

一方、エレクトリックギターは、アンプに繋げて音を大きくすることを前提にしています。そのため、アンプなしではとても小さな音しか鳴りません。

エレキギターの生音

エレキギターを買う場合は、セットでアンプシールド(アンプとギターを繋ぐケーブル)が必要になります。

弦の種類

アコースティックギターは、弦の種類によって、もう一段階分類することが出来ます。

  • 弦が金属製:アコースティックギター(スティールギター・フォークギター)
  • 弦がナイロン製:クラシックギター(ガットギター)

音も大きく変わります。

アコースティックギターの音色
クラシックギターの音色

一般的にアコースティックギターは、「電気を使わない、弦が金属製のギター」という意味で使われます。

しかしクラシックギターも、分類上はアコースティックギター(電気を使わないギター)でもあるため、文脈で判断するようにしましょう。



エレクトリックギター

多彩な音色が楽しめる!エレキギター

特徴

様々な音色の変化が楽しめる。

エレキギターは、色々な要素の組み合わせで、様々な音色を出すことができます。

ギター本体には様々なツマミが付いており、これらの操作だけでも多様な音の変化が楽しめます。

エレキギターのツマミ解説図解:ピックアップ・ピックアップセレクター・ボリュームノブ・トーンノブ

まず、ピックアップの変化を感じてみましょう。

1)歪(ひずみ)系:フロント→センター→リア
2)クリーン系:フロント→センター→リア

リア側の方が、鋭い音に聞こえるのがわかるでしょう。

トーンノブの変化はどうでしょうか?

ピックアップ:センター
トーンノブ 10(最大)→5→0(最小)

エレキ本体のツマミだけで、大きな音色の変化があるのが分かりますね。

エレキの音色変化は、エレキ本体以外の要素もあります。

エレキギターは、通常アンプ(音を増幅させる機械)に繋げて演奏をします。アンプの種類ごとに音は変化しますし、アンプに付いているツマミを操作するだけでも、音が大きく変化します。

パソコンと接続し、アンプを再現するアンプシミュレーターもあります。

パソコン上で使うアンプシミュレーター
bias fxというソフトウェア
アンプを2台使って、ステレオ感を演出!
パソコンの中なら自由自在。

エフェクターと呼ばれる、音を変化させる機械を使うことで、全く別の様々な音色へと変化させることができます。

ディレイ:音を山びこのように何度も鳴らすエフェクト
トレモロ:音量を波のように小さくしたり大きくしたりするエフェクト

ライブで使う場合は、足元にエフェクターペダルを並べて、音を変化させることが多いです。

コンパクトエフェクター

他の楽器と合わせることが多い。

エレキギターは、エレキギター単独で演奏が完結することは少ないです。バンドの中での演奏や、DTM(パソコンを使った音楽)の中で使われることが一般的です。

多人数の演奏をアンサンブルと言います。1人で完結するアコースティックギターに比べると、エレキギターはアンサンブルを意識し音を間引いたりして、全体のバランスを考慮した演奏が求められます。

次の例は、同じコード進行(和音の伴奏)を、アコギ一本とバンド演奏でしたものです。

アコギ一本
エレキ・ベース・ドラム

アコースティックギターは、6弦全てを使って音を出しています。

一方、エレキギターは6弦中3弦を選んで音を鳴らし、低音部はベースに任せる。というように、全体のバランスを見ながら演奏しています。

弦は金属製で、細く柔らかい。

弦は金属製ですが、アコースティックギターよりも細い弦が使われ、とても柔らかいのが特徴です。

その柔らかさを活かした、ビブラート・チョーキングといったテクニックを使うことで、間奏のギターソロなどでは、表現力のある演奏が可能です。

音が揺れるビブラート

ギターを始めると、最初は誰しも指が痛くなります。それでもエレキギターは、アコギ・クラシックギターに比べると、弦が柔らかいため比較的痛みが少ないでしょう。

形が多彩で、選ぶのが楽しい。

様々な姿かたちをしているのもエレキギターの特徴です。

エレキが向くのは、こんな人

  • バンド活動がしたい人
  • ロックやファンク、ジャズなど、特定のジャンルを演奏したい人
  • 多彩な音を駆使して、様々な音楽を表現したい人
  • 目立ちたがりな人



アコースティックギター

一人で気軽に楽しめる!アコースティックギター

アコースティックギターは、金属製の弦を使っているため、スティールギターと呼ばれることもあります。

また、1970年代のフォークミュージックでもよく使われたため、フォークギターとも呼ばれます。

特徴

生でもそこそこの音量。

アコースティックギターは、木製のボディの中で音が反響するため、生でもそこそこの音量が鳴ります。部屋やアコギ自体のサイズにもよりますが、10~20人くらい相手であれば、生音でのライブも可能です。

会場が広くなった場合は、さすがに音が小さいです。そんな時には、エレクトリックアコースティックギター(通称:エレアコ)という、スピーカーに繋げられるギターもあります。

エレアコ:シールド差込部の写真
エレアコ
ストラップ装着部分が、シールド(ギターケーブル)の差し口と兼用になっているタイプ

後からピックアップ(音を電気信号に変換する機械)を取り付けることによって、ただのアコギをエレアコ仕様にすることが出来ます。また、アコギの前にマイクを立てて音を拾い、ライブをする方もいます。

1人で完結することも、他の楽器と合わせることも可能。

アコギは、一本で音楽ができる手軽さが売りです。

また、ギターを弾きながら歌う弾き語りや、ギターだけで伴奏とメロディーを演奏するソロギターなど、1人で完結した音楽をするのに適しています。

ソロギターの演奏

バンド演奏にアコギが加わることも多く、他の楽器と合わせやすいのも特徴です。

バンドに混じったアコギの伴奏

ただし、主張する音ではないので、バンドの際は伴奏に徹することの方が多いでしょう。

弦は金属製で、エレキよりも硬い。

弦はエレキと同じ金属製ですが、アコギの方が太い弦を使うため、エレキのような幅の大きなチョーキングやビブラートは苦手です。(控えめなチョーキング・ビブラートはテクニックとしてよく使われます。)

最初の内は、弦を押さえると指が痛いことも多いでしょうが、ギターを始めて最初の3ヶ月~半年程度で慣れてくるはずです。

弦は2種類の素材があり、音色の変化を楽しめます。

  • ブロンズ:金色の弦で、明るいスタンダードな音がする。
  • フォスファーブロンズ:薄褐色の弦で、気品あふれる高級感のある音がする。

アコギごとの個体差が大きい。

アコギは、エレキよりも個体差が大きく出る楽器です。

同じメーカー・同じ型番のアコギでも音量感や音色が違うことが良くあります。木の部位や組み立てが影響しており、一本一本に個性が出るのです。ましてや、メーカーが違えば、その違いはより大きなものになります。

とは言っても、初心者の内は、ギターごとの音の違いが分からないと思います。

現在、1万円を切るようなギターもありますが、そのようなギターはチューニングが甘い(音が安定しない)ことがあります。すると、練習中に何度もチューニングをする必要が出て、練習をしているのかチューニングをしているのか分からない。ということもあるでしょう。

初心者でも、少なくとも3万円以上、できれば5万円前後のアコギを選べば、失敗は少ないでしょう。

アコギが向くのは、こんな人

  • アコギ一本で手軽に音楽を楽しみたい人
  • 弾き語りソロギターをしてみたい人
  • ひとりで音楽を突き詰めたい人



クラシックギター

独特の音色が楽しいクラシックギター

クラシックギターは、別名ガットギターとも言われます。ナイロン弦が使われる前に、動物の腸(gut:ガット)を弦にしていたことが由来です。

特徴

柔らかな音色

クラシックギターの一番の特徴は、ナイロン弦による柔らかな音色です。

ナイロン弦というと柔らかそうなイメージがありますが、鉄弦に比べると若干太いため、初心者の頃は弦を押さえるのが結構痛いです。

音量感はアコギと同等か、少し小さいです。

クラシックギターも、ピックアップをつけスピーカーに繋げられるエレクトリックガットギター(通称:エレガット)があります。

ネックの幅が広い。

クラシックギターはネックの幅が広いのが特徴です。

ギターの種類ごとのネック幅の違い:クラシックギター5.3cm・アコギ4.7cm・エレキ4.5cm

アコギとは、たった6mmの違いのようにも思えるかもしれません。

しかし、左手の親指で6弦を押さえるフォームが使えないなど、演奏上の制約が出る太さの違いです。

その代わり、弦と弦の間の距離が広いため、密集したコードフォーム(和音の押さえ方)も演奏しやすいなど、安定した運指ができるメリットがあります。

1人で完結することも、他の楽器と合わせることも可能。

クラシックギターは、楽譜を使って演奏するのが一般的です。演奏性を高めるために、足台を使ってギターを斜めに抱えるのも特徴の一つ。(*足台を使うのは、必須ではありません。)

クラシックギターはボサノバ・フラメンコなど、特定のジャンルでは必須の楽器です。

弾き語りも普通にできます。ただ、鉄弦のアコギに比べると音がまろやかです。ブラッシングなどのパーカッシブ(打楽器的)な音も穏やかなため、ポップス・ロックが演奏したいのであれば、クラシックギターはおすすめできません。

アコギのブラッシング(弦を鳴らないようにした状態で、弦を弾く手法)
クラシックギターのブラッシング

クラシックギターが向くのは、こんな人

  • 独特の丸っこい音が好きな人
  • クラシック(古典音楽)を演奏したい人
  • ボサノバ・フラメンコなど特定のジャンルを演奏したい人

各ギターの共通点・相違点

音の位置は同じ。

どのギターを選んでも共通する部分はあります。それは指板(指で押さえる部分)の音の位置ですね。

ギターの音の配列
と言っても、初心者の内に、全部覚える必要はありません。
練習する内に、だんだんと覚えていきます。

一度音名を覚えれば、ギターの種類が変わっても活かすことができますし、コードフォーム(和音の押さえ方)も各ギターで共通です。

しかし、ここで注意する必要があります。アコギで学んだコードフォームを、同じようにエレキで使うことができるかというと、そうでもないこともある。と言うことです。

例えば、基本コードであるCコード:C(ド)から始まる三和音を弾き比べてみます。

Cコードの画像:x32010
アコギ → エレキ

私には、エレキの音が若干濁って聞こえます。

これだけ歪(ひず)ませているのであれば、弦を絞って弾いた方がスッキリと聞こえます。

パワーコードのC

スッキリとしながらも、力強い音に聞こえますよね。

このようにギターは、種類によって、特有の押さえ方の様式があるのです。

得意分野が違う。

エレキギターは、アンサンブル(多人数の演奏)を活かすためのプレイが主体です。

一方、アコギ・クラシックギターは、ひとりの演奏でも聴き映えするような演奏が主体です。

ですから、アコギ・クラシックギターを学んでも、間奏にギターでギュイーン!と歌うようなリードプレイは、上手になりません。

その逆も然りで、エレキギターでリードプレイが上手になっても、弾き語りが上手にできるようにはなりません。

やりたい音楽・スタイルから、ギターを選ぶのがおすすめ。

あなたが、これからギターを学ぶのであれば、あなたがやりたい音楽を考えるところから始めましょう。

憧れのアーティストが使っているギターの種類から選んでも良いでしょう。

  • バンド演奏なら、エレキギター
  • 弾き語り・ソロギターなら、アコギ
  • ソロギター・クラシックなら、クラシックギター



まとめ

以上が、ギターの種類解説です。

筆者である私自身は、アコギをメイン楽器にしています。

今後、アコギの選び方から、練習方法など、様々な記事を書いていく予定です。どうぞお楽しみに!

また、コード(和音)の解説もしていますので、今後ギターのことをもっと知りたくなったら、ぜひご覧くださいね。

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!