音楽コラム

なぜ、作編曲家「渡部絢也」は、音楽理論ブログを運営するのか?

ミュージシャンに役に立つ音楽理論やTipsを公開している本HP。

じゅんや

作編曲家・シンガーソングライターの渡部絢也です。

本記事では、音楽理論ブログを始めることになったきっかけや、どういう思いで運営しているかをお届けします。

作曲は、最高のエンターテインメント

音楽との3つの関わり「聞く・演奏・作曲」

多くの人が、音楽との関わりは、聞くことから始まりますよね。

中には、聞くだけでは満足できず、「私も演奏してみたい!」と演奏を始める人が出てきます。

「自分の演奏したい曲がない」「自分も作ってみたい」という方々は、自ら音楽を作曲するようになります。

つまり音楽には3つの関わりがあります。

  1. 聞く
  2. 演奏する
  3. 作曲する

そして、「聞く人>演奏する人>作曲する人」と、どんどん総数が下がっているんですね。

作曲は、この世で最も幸せな行為

「聞く・演奏する・作曲する」、その全てが楽しいことではありますが、私が一番好きなのは、作曲することです。

  • 0から1を生み出す楽しさ
  • 自分の世界観を表現できる喜び
  • 出来上がったときの圧倒的な達成感

何にも代えがたい、この世で最も幸せな行為こそが作曲だと思います。

私は「自分自身が最高だと思う楽曲を作ること」を生きる目的と決めました。

作曲は、最高のエンターテインメントです。

作曲をして楽しむ仲間が、1人でも増えていけば嬉しいという気持ちを前提に、本HPを運営しています。



私の音楽との関わり方

仕事としての音楽

音楽を仕事にできたら最高だと思う方も多いでしょうし、私もその1人です。実際の所、演奏活動や作曲依頼で、私もお金を頂いて来ました。

石田ごうき氏著「音楽で一生食っていきたい人のための本」の中で、音楽で稼ぐ方法は、次の3つあると解説しています。

  1. 教育職:音楽の先生
  2. 技術職:作曲家・エンジニア・スタジオミュージシャン
  3. 表現職:アーティスト

私は会社員から独立し、音楽で食べていくと決めてからの10年間、表現職として音楽に携わることに注力してきました。

地元の秋田県で、ありとあらゆるお祭りやイベントに出演させて頂きました。また、自主企画ライブ・子ども向けライブと手を広げてきました。

そのように仕事として音楽に携わった結果、次のような問題が出てきました。

  • ライブやイベントに出演しない時間はお金が稼げない。
  • だから、ライブ出演の営業・イベント企画をし続ける必要がある。
  • そうすると、そもそも楽曲制作のための時間が取れない。
  • ライブ続きで、体力的な問題も発生する。

作曲が好きで音楽専業になったのに、逆に作曲をする時間がなくなってしまったなんて、本末転倒ですよね。

作曲が好き ≠ 人気のアーティストになりたい

そもそもの話として、私という人間や私の作る楽曲が多くの人に愛される、大人気のアーティストになっていたら、もっと別のお金の稼ぎ方があったと思います。

しかし、そもそもの前提として、作曲をしたいという気持ちと、人気のアーティストになりたいという気持ちとは、全く別物であるということに気付きました。

もし、私が「自分の曲を良いと思って欲しい」「私自身を認めて欲しい」という欲求を強く持っていたとしたら、人気のアーティストになるためにもっと違った形で活動していたでしょう。

しかし私は、誰かに良いと思ってもらうことよりも、私自身が良いと思う楽曲を作ることに、より興味があります。それって、仕事としては成り立たないことなんですけど。

人の役に立ってこその仕事

ですから、私は表現職として音楽に関わるのを辞めることにしました。私がオリジナル楽曲を作るのは、私自身が最高だと思う音楽を作りたいからという、それだけの理由です。

表現職としての活動を辞めるという選択は、大きな選択ではありました。

しかし、表現を突き詰める過程で得た知見は、多くの人に役に立つものであると自負しています。

そのため、私は作曲活動で得た知見を本サイトで共有することにしました。私と同じように「より良い音楽を作りたい!」と考える同志の役に立ちたい考えたからです。

2020年2月から始めた作曲解説をはじめた本サイトは、2021年1月、月間ユニークユーザー数5万人、月間PV10万回を達成しました。たくさんの方々にお役に立っていることを嬉しく思います。

また、より踏み込んだ知識を教材としてまとめ、販売を始めました。その一歩が、2020年12月に販売した「使えるギターコード進行集」です。

こうして、私は教育職として音楽に携わるようになりました。

表現職から、教育職・技術職へのシフト

音楽を通して人の役に立つという意味では、技術職である「作編曲のご依頼」もお引き受けしています。その内容は、CLIENT WORKSにまとめています。

今はコロナウィルスで出来ていませんが、幼稚園・保育園でのファミリー向けのライブ活動も大変喜ばれるものなので、続けていきたいと思っています。これも、どちらかというと技術職に近いですね。

じゅんや

表現職から、教育職・技術職へのシフトはしましたが、生き方として「楽曲を作って歌うシンガーソングライター」は貫き通していきます。

その覚悟として、作編曲家・シンガーソングライター渡部絢也と名乗っています。




まとめ

  1. 作曲を楽しむ同志を増やすため
  2. 最高の音楽を作る過程で得た知見で、多くの方々の役に立つため

この2つが、本HPで音楽理論を解説・販売している理由です。

きっとあなたの役に立てるものと信じています。

作曲という最高のエンターテインメントを一緒に楽しんでいきましょう。

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター

 作編曲家として、舞台音楽、企業のテレビCM&サウンドロゴ&テーマソングなどを制作。シンガーソングライターとして、自ら歌入れ・声入れする場合も多々ある。
 ユニット「ウタトエスタジオ」では、ファミリー向けのミュージックアニメーション制作や、絵本、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!