VST Effect

UVI Shadeレビュー 創造的な音作りならおまかせ!

UVI Shade 創造的な音作りならおまかせ!

UVI Shadeは、様々な使い道のある創造的なEQです。

  • シンプルな音色が、あっという間に格好いい音に!
  • ダイナミックEQとして使える。
  • スプレッド機能で、左右の広がりのある音に変化できる。

モジュレーション機能で、本当に色々なことができるクリエイティブEQです。

音を聴きながら、UVI Shadeに迫っていきましょう。

>>UVI Shadeの金額を確認する。 beatcloudで30%オフ中!

サウンドを聴いてみよう!

サンプル楽曲として、3トラックの楽曲を作ってみました。

UVI Shade サンプル楽曲画像

ノコギリ波(Saw)のシンプルなシンセがどのように変化しているか、聴き比べてみて下さい。

①Shadeなし
②3トラック全てにShade使用

②は、原型が留まっていないと感じるほど、クリエイティブな音作りをしているように聞こえますよね。でも、実はShadeのプリセットをただ使っただけなんです。

MSEGで簡単にアニメーション!

MSEGとは、ルチテップンベロープェネレーターの略です。

難しそうですが、見れば簡単。

このプリセットでは、グラフに合わせて、フィルターのフリークエンシーが動いていますね。

こんな感じで、簡単に動きのあるサウンドを作れます。

モジュレーションの種類も多彩です。

  • Envelope:シンセのADSRのように動く変化。トリガーはオーディオの音量・MIDIノートなど。
  • Figure:円やスピログラフのような図形で、自動変化。
  • Follower:音量・スレッショルドに応じて変化。
  • Pitch Tracking:MIDI・Audio信号のピッチ情報を元に変化。
  • LFO:周期的な変化。
  • Macro:手動で変化。1軸。
  • MSEG:グラフを自分で書くように自由に変化。
  • Random:範囲を決めて、その間をRandomに変化。
  • Spread:LRに差をつける変化。
  • XY:手動で変化。XYの2軸。

Followerは、コンプレッサーのような挙動で数値を変化させられます。非常に面白いです。

Randomも、いいですね。揺れを表現するのであれば、LFOより適当に動いてくれます。

ダイナミックEQとして使える!

UVI Shadeは、クリエイティブなエフェクトしてだけでなく、ダイナミックEQとして使うことも可能です。

ダイナミックEQは、音の大きさに対して反応して、ゲイン量が変化する動的なEQのことです。

下記動画では、ドラムバスに対して使用し、抜ける音を作る過程を解説しています。

Shadeのここが面白い!

スプレッドを使うと、簡単に左右に広がる。

Spreadというモジュレーションを使うと、左右に広がる音を簡単に作れます。

UVI Shade Spread
LRでFreaquencyが変わっているので、広がりを感じる。

Spreadの値自体にも他のモジュレーションをかけられるので、LFOなどを使って、時間に応じてSpreadの値が変化させるのも簡単です。

アナログEQ的なフィルターが収録されている。

High Pass Filter・Low Pass Filter・Specialというカテゴリーの中にある、Xpanderというフィルターは、Driveツマミが付いており、歪みを付与することができます。

UVI Shade Xpander

EQなのに、ドライブがあるのが、おもしろいですね。

Thicknessというつまみは、低域の量感を変えるパラメーターで、上げていくと音量自体が下がるのと、低域の量感が減っていく感じで音が変化します。おもしろい。

プリセットが多い。

Shadeはプリセットが多いです。

UVI Shadeプリセット

Shadeは使い次第で、本当に色々なことが出来るのですが、反面使いこなせるか不安になるかと思います。

その不安を解消してくれるのが豊富なプリセットです。

簡単に今までにないサウンドを作り出せるので、驚きとワクワクに溢れたプラグインだと感じられると思いますよ。

Animatedのカテゴリなら、シンプルなPadやフレーズが、あっという間に聞き映えるようになります。

Colorなら、質感自体をアンプや電話に変化させたり。

Moving FXなら、フェイザーやコムフィルターなどを使用した、動きのある神秘的な空間が作れたり。

CPU負荷

UVIのプラグインは総じて軽いのですが、Shadeも軽いです。レイテンシーも0ms。

UVI Shade CPU使用率

●PCスペック

  • OS:Windows10 64bit
  • CPU:AMD Ryzen 9 3900X [3.8GHz/12Core] 
  • メモリ:64GB
  • DAW:Studio One5.5
  • サンプリングレート・解像度:48kHz・32bit float
  • バッファーサイズ:512samples
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Discrete4

まとめ

以上が、UVI Shadeのレビューです。

クリエイティブな音作りとして使うも良し。普通のEQとして使うも良し。

特に電子音楽をやられる方には、簡単に創造的な音作りができ、重宝すると思います。

使っていて「楽しい!」と思えるプラグインですね。

>>UVI Shadeの金額を確認する。 beatcloudで30%オフ中!

今!おすすめDTMプラグインセール情報

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター
「地方にいながら、音楽でご飯を食べる」で早十数年。
東北秋田県で田舎生活をしながら、音楽にいそしむ。
メイン楽器はアコギ。歌も歌うDTMer。

・音楽制作依頼(舞台ミュージカル音楽・CMソング&BGM等)
・ブログ運営(音楽理論解説&VSTプラグイン解説)
・教材販売(使えるギターコード進行集など)
ユニット「ウタトエスタジオ」では、ファミリー向けの作品作りも。

丁寧解説がモットー。 twitterでも、ぜひお気軽に絡んで下さい。

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!