VST Effect

XLN Audio RC-20レビュー ヴィンテージ感を演出!

XLN Audio RC-20レビューサムネイル画像

XLN AudioRC-20 Retro Colorは、ヴィンテージ感を付与するマルチエフェクトプラグインです。

  • NOISE:レコード・カセット・VHSなどのノイズ音を付与。
  • WOBBLE:ピッチのゆらぎを付与。
  • DISTORT:音を歪ませる。
  • DIGITAL:サンプルレートとビット深度を減少させる。
  • SPACE:リバーブ。
  • MAGNETIC:磁気テープ特有の音量変化を加える。

味のあるサウンドを、簡単に作ることが出来ます。

サウンドサンプルを聴いて、RC-20の力を体感してみましょう!

>RC-20の金額を確認する

RC-20の音を聞いてみよう。

今回は、検証用に8小節の楽曲を作ってみました。5トラックの楽曲です。

  • 歌:生録音
  • リード
  • プラック
  • ベース
  • ドラム

歌以外の音源は、UVI Falcon Expansion Lofi Dreamsを使っています。

UVI Falcon Expansion Lofi Dreams画像
①RC-20 使用せず
②ベースを除く4トラックにRC-20を使用

①の時点でLofiな音源を使っているので、元々雰囲気は出ているのですが、RC-20を使用した②は質感が激変して、味わい深いサウンドになっていますね。

全体的にノイズがかったサウンドになっているのはもちろん、リードの音色が激しく歪んでいます。

ドラムもいい具合に歪んでおり、声もコーラスがかったような音色になりました。

これら全てがRC-20の効果によるものです。

今!おすすめDTMプラグインセール情報

RC-20の使い方

基本・マスターセクション

画面上部のMAGNITUDEが、色々なノブの値と連動しています。

RC-20マスターセクション使い方解説画像
この画像で、MAGNITUDEは60%。
各ノブの値に対して、60%の量の効きになる。

EQセクションには、ローカット・ハイカットがあります。TONEノブは、下記のようなEQカーブを描きます。

RC-20 チルトEQ・MIDモード解説

NOISE:ノイズの付与

RC-20 NOIZE画像
  • TYPE:ノイズの種類を選択。16種類ある。
  • TONE:チルトEQ。時計回りで高域が強く。
  • ROUTING:POSTにすると、マスターEQ後にノイズがかかるようになる。
  • FOLLOW:入力信号に合わせて、ノイズの大きさが変化する度合い。
  • DUCK:入力信号に合わせて、ノイズが小さくなる度合い。
  • FLUX:ゆらぎ。ランダム要素を加える度合い。

Lofiな音楽を作るには、最高ですね。

RC-20 設定画像1
サンプル音源でノイズを付けたPluckトラックの設定画像。
③RC-20 不使用
④RC-20を使用し、ノイズを付与。




WOBBLE:ピッチのゆらぎ

RC-20 WOBBLE
  • WOW/FLUTTER:ピッチのゆらぎのタイプのバランス。
             WOWがゆっくり。FLUTTERがブルブル細かい。
  • RATE:WOW/FLUTTER、それぞれのピッチのゆらぎの速度を設定。
  • STEREO:WOWがステレオとなり、コーラスの効果が生まれる。
  • MIX:エフェクト音をどれだけ混ぜるか。
  • FLUX:ゆらぎ。ランダム要素を加える度合い。

ステレオをONにして、コーラス的に使うのが、とてもおもしろいです。

サンプル音源のVoにも使いました。

RC-20 解説画像2
⑤RC-20 不使用
⑥RC-20 WOBBLEを使ってコーラスをかけた。

DISTORT:音を歪ませる。

RC-20 DISTORT
  • TYPE:歪み方を6種類から選べる。
  • FOCUS:どの帯域を歪ませるか選べる。
  • MIX:エフェクト音をどれだけ混ぜるか。
  • FLUX:ゆらぎ。ランダム要素を加える度合い。

歪みの質感がたまらなく良いです。

RC-20 設定画像3
Leadに使った設定
⑦RC-20不使用
⑧DISTでかなり歪ませた音

この質感はぜひ試して頂きたいです。




DIGITAL

RC-20 DIGITAL
  • RATE/BITS:サンプルレートとビットレートの減少のバランス。
  • FOCUS:どの帯域を歪ませるか選べる。CUTでは選択外の帯域を除去。
  • SMOOTH:デジタルな歪みを、馴染ませる。
  • MIX:エフェクト音をどれだけ混ぜるか。
  • FLUX:ゆらぎ。ランダム要素を加える度合い。

SPACE:リバーブ

RC-20 SPACE
  • DECAY:リバーブの長さ。
  • FOCUS:どの帯域にリバーブをかけるか。
  • PREDELAY:リバーブを遅らせる。
  • STEREO:モノラル・ステレオ、どちらのリバーブか選択。
  • FLUX:ゆらぎ。ランダム要素を加える度合い。

帯域を絞って、リバーブを付けられるのがおもしろいです。

MAGNETIC:磁気テープ特有の音量変化

RC-20 MAGNETIC
  • WEAR/FLUTTER:WEAR(ゆっくりな音量変化)・FLUTTER(ブルブルとした細かい音量変化)の割合を決める。
  • STEREO:ステレオにすると、左右で違う音量変化が起こる。
  • RATE:FLUTTERの音量変化の速度を決める。
  • DROPOUTS:いきなりガクッと音量が小さくなる度合い。
  • FLUX:ゆらぎ。ランダム要素を加える度合い。



CPU負荷

大変軽いです。

RC-20 CPU負荷

●PCスペック

  • OS:Windows10 64bit
  • CPU:AMD Ryzen 9 3900X [3.8GHz/12Core] 
  • メモリ:64GB
  • DAW:Studio One5.4
  • サンプリングレート・解像度:48kHz・32bit float
  • バッファーサイズ:512samples
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Discrete4

まとめ

以上が、XLN Audio RC-20のレビューです。

簡単にヴィンテージ感を演出できるエフェクトですね。

特に私が気に入っているのは、わざとらしく歪ませた時の質感です。物凄く気持ちが良い!

  • 温かいサウンドを作る。
  • Lofi Hip Hopっぽい音作りをする。
  • 劇伴などで古い感じを演出する。

など、持っておくと便利なことも多いエフェクトです。

>RC-20の金額を確認する

PluginBoutiqueでの購入で、12月2日夕方まで下記製品が無料でもらえます。

  • iZotope Audiolens:PC上で鳴る音をリファレンスにするソフト
  • Cherry Audio CA2600:シンセサイザー
  • zplane deCoda LE:耳コピ支援ツール
  • Melda Production MReverbMB:マルチバンドリバーブプラグイン
  • Producertech All-Access Membership (2-Month Subscription):オンライン音楽制作アカデミー

【参考記事】Plugin Boutique完全攻略!安全・お得に買う方法!

今!おすすめDTMプラグインセール情報

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター
「地方にいながら、音楽でご飯を食べる」で早十数年。
東北秋田県で田舎生活をしながら、音楽にいそしむ。
メイン楽器はアコギ。歌も歌うDTMer。

・音楽制作依頼(舞台ミュージカル音楽・CMソング&BGM等)
・ブログ運営(音楽理論解説&VSTプラグイン解説)
・教材販売(使えるギターコード進行集など)
ユニット「ウタトエスタジオ」では、ファミリー向けの作品作りも。

丁寧解説がモットー。 twitterでも、ぜひお気軽に絡んで下さい。

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!