VST音源

Eastwest HOLLYWOOD POP BRASSレビュー ド派手なサウンド!

Eastwest HOLLYWOOD POP BRASSは、ド派手な音が特徴のブラス音源です。

  • キラキラ&派手派手なブラスサウンド
  • 聴いたことのある「あの音」!
  • 他の音源をレイヤーする(重ねる)と、なお良し!

サウンドを聴きながら、POP BRASSに迫っていきましょう!

>POP BRASSの金額を確認する 10/14までHigh Resolutionで60%オフ!

サウンドを聴いてみよう!

突き抜けるサウンド

サンプルとして、ロックなアレンジにPOP BRASSを使用してみました。

エレキの分厚い壁を難なく乗り越え、派手派手なブラスサウンドですね。

アニソンでよく聴く派手なブラスも、POP BRASSが多いのではないかと思います。

POP BRASS上での設定は、プリセットを多少いじった程度です。

EastwestのOPUSエンジンで動きます。
  • ステレオダブルを使用。
  • ROOM・SROUNDマイクを若干下げて、音をデッドに。

この程度で、こんなに使える音があっという間に出来上がります。

今!おすすめDTMプラグインセール情報

POP BRASSでの打ち込み

POP BRASSで特殊なのが、MIDIノート1つを押すと、トランペット・トロンボーン・サックス、全ての音が重なった状態で発音されることです。

そのため、楽器ごとにフレーズを変えて打ち込むのには向いていません

メインメロディーを派手に際立たせたい時に最高な音源です。

今回の打ち込みデータは、下記のように、オクターブでユニゾンさせて演奏しています。

②POP BRASSソロ

キースイッチを切り替えながら打ち込んでいます。

EastwestのOPUSエンジンは、Studio Oneで使うと、サウンドバリエーションに自動でキースイッチが登録されます。

この自動登録が本当に楽!

他の音源をレイヤーすると、より最高に!

今回はステレオダブルというノブで、ステレオ感をアップしている関係上、少し定位がふわっと聞こえています。

そこで、芯のある他の音源を足すことで、より地に足の付いたサウンドにしてみます。

今回は、Native Instruments Session Horns Proをレイヤーしてみます。

③NI Session Horns Proをレイヤー
①POP BRASSのみ

③の方が、中心にも音があって、芯があるサウンドになっているのが分かると思います。

Session Horns ProのEnsembleプリセットは、楽器ごとにパンが広がっているので手動で直したり、エフェクトを使って馴染ませています。

Pulsar Mu、バスコンプレッサーで一体感を。
Muで音が丸くなるので、エンハンサーSpectreで、高域を足す。

POP BRASS単体でも十分ですが、サウンドに芯が欲しいという場合は、レイヤーは重要なテクニックですね。



POP BRASSのプリセット

POP BRASSのプリセットは、次のように分かれています。

  • Sustain:音を伸ばす系のプリセット
  • Short:短い音系プリセット
  • Effects:フォール・グロウル・トリルなど
  • Legato:レガート系プリセット
  • MOD Combo:Modホイールで奏法を切り替えるプリセット群
  • Pharases:フレーズサンプル
  • Licks:Modホイールでフレーズや和音を変えられるフレーズサンプル
  • Keyswitch:キースイッチで奏法を切り替えるプリセット群

普通に使う分には、Keyswitchプリセットで良いと思います。

ただ、Keyswitchプリセットの中には、レガート(ノートを繋げて重ねた時に、発音の始めにアタック音がしない)音が入っていません。レガートを使いたい場合は、レガートプリセットから選びましょう。

また、選ぶプリセットによって、Modホイールの挙動が変わるので、プリセット選択画面の英語の文章の説明が頼りになります。

HPB:HOLLYWOOD POP BRASSの略
Modホイールで奏法切り替え。
VSはベロシティセンシティブ、つまりベロシティで音量を操作可能。



CPU負荷

大変軽いです。OpusというのがPOP BRASSを指していますが、1~2%ほど。

Session Horns Pro(Kontakt)でも5%ほどと軽いですが、Opusエンジンはそれより動作が軽快ですね。

●PCスペック

  • OS:Windows10 64bit
  • CPU:AMD Ryzen 9 3900X [3.8GHz/12Core] 
  • メモリ:64GB
  • DAW:Studio One5.5
  • サンプリングレート・解像度:48kHz・32bit float
  • バッファーサイズ:512samples
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Discrete4

まとめ

以上が、Eastwest HOLLYWOOD POP BRASSのレビューです。

アニソンでも良く聴くあのブラスサウンドが、簡単に出てきます。

このサウンドを求めるなら唯一無二! です。

歌モノを作りたい方には、特にオススメできますね。

>POP BRASSの金額を確認する 10/14までHigh Resolutionで60%オフ!

今!おすすめDTMプラグインセール情報

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター
「地方にいながら、音楽でご飯を食べる」で早十数年。
東北秋田県で田舎生活をしながら、音楽にいそしむ。
メイン楽器はアコギ。歌も歌うDTMer。

・音楽制作依頼(舞台ミュージカル音楽・CMソング&BGM等)
・ブログ運営(音楽理論解説&VSTプラグイン解説)
・教材販売(使えるギターコード進行集など)
ユニット「ウタトエスタジオ」では、ファミリー向けの作品作りも。

丁寧解説がモットー。 twitterでも、ぜひお気軽に絡んで下さい。

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!