VST Effect

iZotope Ozone10レビュー 進化を遂げたAIマスタリング

サムネイル画像:iZotope Ozone10レビュー 進化を遂げたAIマスタリング

iZotope Ozone10は、AIが自動提案してくれるマスタリングプラグインです。

  • 手軽な調整が可能なMaster Assistant
  • 追加されたGainMatchで原音からの変化が一目瞭然
  • 強力な新モジュールStabilizer・Impactの登場

サウンドを含め、Ozone10に迫っていきます!

*1/10までセール中!

Ozone10のサウンドを聴いてみよう。

ロック系

サンプル楽曲は、私の楽曲「シャッ・シャッ・シャーク~サメのうた~」

ファニーなサンプル曲で申し訳ない!

①マスターバスに何も入れていない状態

Ozone10のAI自動提案

自動提案してもらうまでの流れは簡単です。

Ozone10、ここを押す!

そして、曲の中で音が一番大きな箇所を流しながら、Ozone10に読み込ませます。

Ozone10の自動読み込み

10秒前後で画面が変わり、自動で提案してくれます。

Ozone10のMaster Assistant
②Ozone10の自動提案:音量注意!

②では、音量が上がって、聴き映えするようになっていますね。

ただし、人間は「音量が上がると、それだけで良い音になった」と感じてしまうものです。

そのため、Ozone10では、GainMatch機能が付いています。

GainMatch:音量を原音と揃える機能を使おう!

Ozone10のGainMatchボタン

このボタンを押すと、元の音源と音量感を揃えて聞くことが出来ます。

聴き比べて見ましょう。

①マスターバスに何も入れていない状態
③GainMatchを使った状態

①と③を比べると、Ozone10がどういった処理をしたのか、見えてきやすいのです。

  • 全体的にトランジェント(音の立ち上がり)が強調されている。
  • 低音域の押し出しが増し、中音域がスッキリし、高音域が強調されている。
  • ステレオ感が増している。

GainMatchした状態で、横にあるBypassボタンを押すことで、原曲との変化がすぐに確かめられるようになったのは、Ozone10の大きな改善点の一つです。

ここからどうやって調整する?

さぁ。
じゃあ、ここからどのように調整していくか。

この曲は家族の団欒で見てもらいたいので、何度聴いても疲れない音にしたいです。音の圧がもう少し減ってもらいたいし、高音域のエッジの立った感じは好みではありません。また、ステレオ感の強調も、ちょっと大げさに思います。

これらの設定については、初期画面のMaster Assistant画面でも調整が可能です。

まず先に行うのは、Targetsの設定です。

違うジャンルを選択するだけで、音は大きく変化します。

Targetsでジャンルを変更すると、様々な値が変化します。

  • EQの値や、Satbilizer(自動EQ)の目標値が変わる。
  • Widthのステレオ幅の値
  • Maximizerのプロファイルの変更

今回はPopを選択した後、各値を少し下げました。

結果、次のようになりました。

①マスターバスに何も入れていない状態
③自動提案にGainMatchを使った状態
④TagetsをPop&微調整:GainMatchしている状態

④は、①と③の中間的な印象を持つのではないかと思います。

ラウドネスを合わせて聴いてみよう。

GainMatchを外して確かめてみましょう。

②Ozone10の自動提案:音量注意!
⑤TagetsをPop&微調整

マキシマイザーの設定も下げているので、当たり前ですが音量自体は下がって聞こえますね。

ラウドネスはそれぞれ、②-9.5LUFS、⑤は-13.5LUFSと、なりました。(Studio Oneだと、プロジェクトページで簡単に計測できます。)

Studio Oneのプロジェクトページでは、簡単にラウドネスを測定できる。
画面上部真ん中に、-9.5LUFSと書いていますね。

今はほとんどの配信サイトで、ラウドネスノーマライゼーションという仕組みで、一定のラウドネスまで音量が自動的に調整される仕組みがあります。

例えば、SpotifyやYoutubeであれば基準値である-14LUFSまで下げられます。この時、コンプなどをかけられるわけではなく、単純に音量が下げられているだけだということを知っておきましょう。(*YoutubeのDRCは話が別のようですが、他のサービスでは基本的に音量が下げられるだけで、音質はいじられません。)

例えば、②は-9.5LUFSなので、全体的に音量を-4.5db下げると-14LUFSになる。といった具合です。

⑥Ozone10の自動提案音源:-14LUFS
⑦TagetsをPop&微調整:-14LUFS

前半だけきくと⑥も割と良いのですが、後半になるにつれて、⑦の方が聴いていて楽なように私は感じます。(好みですけどね。)

ラウドネスノーマライゼーションが導入されてからしばらく経ちますが、Twitterなどでは、音圧を上げることにこだわっている方々のツイートが散見されます。

-14LUFSになった時にどう聞こえるか。という観点を持ちながら、マキシマイザーの調整することをオススメします。



アコースティック系

さぁ、次はアコースティック系楽曲です。

ドラム・アコギ・ピアノ・ベース・歌だけのシンプルな楽曲で試します。

⑧マスターバスに何も挿していません。

Ozone10の自動提案で聴いてみます。

Ozone10のMaster Assistant
⑨Ozone10の自動提案(-14LUFSするため、音量を下げた。)

⑨は、キックの時に音が不自然になっています。

こうした時にどうするか。

  1. MaximizerのThresholdを下げる。
  2. Mixまで戻って、バランスを見直す。

などの手が考えられるかと思います。

今回は、②のMix直しをします。
キックが全体のバランスに比べて大きいので、調整した後、再度Ozone10に読み込ませて自動提案してもらいました。

⑩Mixを直した後、再度Ozone10に自動提案してもらった。(-14LUFS)

これで大分良い感じになってますね。

このように、Mixと行き来しながら高めていくというのも非常に有効なので、Ozone10を使いながらMixの腕を磨いていくことも出来そうですね。

ちなみに、私自身は前前作であるOzone8の質感が苦手で、Ozone9を使わなかった経緯があります。折角なのでOzone8とも聴き比べてみましょう。

⑪Ozone8の自動提案(-14LUFS)

……全く別物!!

⑪Ozone8は、ボーカルが浮き出て聞こえていますが、⑩Ozone10は、自動提案でImagerでステレオ感なども提案してくれるからか、ボーカルの周りに程よい支えが生まれていて、聞き映えが全く変わっています。

Ozone10の進化を感じられると思いませんか?




モジュール紹介

Ozone10は、EQ・コンプなどのモジュールを立ち上げて使います。

これがモジュール

モジュール一覧(バージョンによる違い)

Ozone10 Advancedには、16のモジュールが搭載されています。

module詳細ElementsStandardAdvanced
Dynamicsマルチバンドコンプ
Dynamic EQダイナミックEQ
EqualizerEQ
Exciter歪み付与
Imagerステレオ感の補正
Impact(詳細)マルチバンド
トランジェント
シェイパー
Low End Focus低域補正
Master Rebalanceミックスバランス変更
Match EQリファレンス音源の
EQへと寄せる
Maximizer(詳細)マキシマイザー
Spectral Shaper問題のある
周波数の改善
Stabilizer(詳細)リアルタイム自動EQ
Vintage Compressorヴィンテージコンプ
Vintage EQヴィンテージEQ
Vintage Limiterヴィンテージ
リミッター
Vintage Tapeヴィンテージテープ
赤字は重要&注目のモジュール

下記、Ozone10における特に重要なモジュールとMaster Assistantに触れていきます。

今!おすすめDTMプラグインセール情報

Master Assistant

自動提案した後に、最初に表示される画面です。

Ozone10のMaster Assistant

ここの調整だけでも、かなり音が変わります。

先にも触れた通り、先にTargetsを切り替えて、合うものを選びます。(各モジュールまで潜って散々調整した後にTargetsを押すと、設定が上書きされてしまうため、最初に切り替えておきましょう。)

EQ・Stabilizer・Width Match・Impact・Maximizerこれらの適用程度を変更するだけで、自分好みの方向にできます。

調整に自信のない方は、この画面だけでも調整が完結できるようになったのは大きいと思います。

Maximizer

今回は、Maximizerの中に、 Soft Clipというモジュールが追加されました。

Ozone10のMaximizer

Soft Clipは、歪みを加えてラウドネスを上げるためのツマミです。

  • Light:スレッショルドより3dB低いところから飽和
  • Moderate:9dB低いところから飽和
  • Heavy:30dB低いところから飽和

自然にラウドネスが上がる印象を受けました。が、上がるほどに歪みが付与されて、音がムチムチと豊満なサウンドになっていきますので、過度な使用は控えた方が私は好みです。

先にも述べましたが、ほとんどの配信サイトでラウドネスノーマライゼーションが導入されています。各配信サイトの規定のラウドネスまで自動的に下げられて聴かれるわけですので、その時にどういう音になっているか。という所を意識して活用しましょう。

Stabilizer

リアルタイムのオートEQで、競合製品としてはGullfossがあります。

Gullfoss

Gullfossは、元の音をすっきりと聴かせる原音磨き的なプラグインです。

一方、Stabilizerは、各音楽ジャンルのリファレンスEQに近づける挙動です。

ユーザーが作りたい世界を補助するGullfossと、世間が良しとするリファレンス的サウンドに成形していくStabilizer、という違いですね。

パラメーターにも違いがあります。

Ozone10のStabilizer

Gullfossは、boostという値を使って、チルトEQ的に低音域&高音域を強化or弱化させるかの選択ができますが、Stabilizerは、リファレンスのEQカーブに対して、低音域・中音域・高音域それぞれどれくら寄せるかの調整ができます。

またStabilizerの大きな特徴としては、Tame TransientsSpeedといった、時間変化についてのパラメーターがあります。(Gullfossにはありません。)

Tame Transientsを使うと、トランジェントのある音に反応して即座に反応するようになり、張りがあるサウンドになるように感じますが、曲ごとに合う合わないがあるように感じました。

Speedの値を高めると、より機敏に反応するようになりますが、高め過ぎるとアーティファクト(デジタル的な信号の歪み)が生まれやすくなります。

総括となりますが、Satbilizerは、作っている楽曲に明確なジャンルやリファレンスがある場合は、最短距離で補正してくれると思います。ポップス的な楽曲の場合は、とても頼りになるのではないかと。

自分主導でマスタリングしたい場合には、Gullfossの方が性に合っているという人もいるでしょうね。

Impact

簡単に言うと、マルチバンドトランジェントシェイパー

Ozone10のImpact

左側にあるスライダーは、

  • 上側:トランジェントが強調される。
  • 下側:より一体感が出る。

と言った変化があります。

Satbilizerで失われたor過度に強調されたトランジェントを、Impactが調整するといった相互関係を考えた上で、提案してくれるようです。




Ozone10私見

ポップス的な楽曲であれば、即戦力と言ってもいいくらい、クリティカルに提案してくれるな。と言う印象を持ちました。

それでも、Ozone10が提案してくる音を絶対的に正しい音と見なさない方が良いと私は思います。

あくまでマスタリングの出発点として考えるのが大事で、その曲が最終的にどんなサウンドであって欲しいかを決めるのは、使う方自身です。

前述の通り、少し手を加えるだけで、簡単に音を柔らかくすることもできます。硬くなりがちなiZotopeサウンドが苦手だった人でも、Ozone10であれば頼りになるでしょうね。

劇伴などで、「耳障りにならない優しい音・引いた感じのサウンドを作りたい……」などの場合には、どれくらい役に立つかな……?というのは、今後付き合っていく中で楽しみな部分でもあります。(また、思う所があれば追記したいと思います。)

Ozone10を手に入れるなら?

Ozone10のウリとなっている機能は、Advancedに含まれているものばかりなので、導入するならAdvanced一択ですね。

Native Instrumets KOMPLETE14の中には、Ozone10 Standardが含まれているバンドルもありますが、Advancedではないので魅力的ではありません。

Ozone10 Advancedを手に入れるのであれば、次の選択があります。

  • 単独購入&アプグレ
  • MIX & Master bundle
  • Music Production Suite5.1(通称MSP5.1)
  • iZotope Everything Bundle

おすすめは、音声補正ソフトのRX10が収録されているMSP5.1ですね。

Ozone10 Advancedの単独購入&アプグレ

バンドルに含まれる他のソフトが必要ない場合は、単独購入でも良いでしょう。

Ozone10のMaster Assistant

Ozone10 Advancedへのアップグレードは、3種に分かれています。

MIX & Master bundle Advanced

MIX & Master bundle Advanced

MIX & Master bundle Advancedは、これだけあれば、ミックス&マスタリングは十分! といった内容のバンドルです。

  1. Ozone10 Advanced
  2. Neutron4:トラックの自動補正
  3. Nektar3+:ボーカル補正
  4. Neoverb:リバーブ
  5. Tonal Balance Control2:トーナルバランス監視

金額は下記から確認できます。

アプグレは3種類。

Music Production Suite5.1

Music Production Suite5.1

16のエフェクトプラグインが収録された、iZotopeの最重要バンドルです。

注目は、RX10 Standardが含まれていることです。深く音声補正を行わない人でも、役に立つ局面があるはずです。例えば、ボーカルトラックにMouse De-clickというモジュールを使えば、簡単にボーカルノイズを除去できます。

収録プラグイン一覧

  1. RX 10 Standard:オーディオリペア
  2. Ozone 10 Advanced
  3. Neutron 4:トラックの自動補正
  4. Nectar 3 Plus:ボーカル補正
  5. VocalSynth 2:ボーカルシンセ
  6. Neoverb:リバーブ
  7. Tonal Balance Control 2:トーナルバランス監視
  8. Insight 2:アナライザー
  9. bx_delay 2500:ディレイ
  10. bx_cleansweep Pro:ハイパス・ローパス
  11. bx_boom!:キック補正
  12. bx_refinement:ハーシュネスコントロール
  13. bx_subsynth:低域強化
  14. bx_saturator V2:歪み付与
  15. Symphony 3D by Exponential Audio:リバーブ
  16. Stratus 3D by Exponential Audio:リバーブ

brainworksのプラグインは、Ozone・Neutronと被る部分があったりと、そこまで魅力的には感じないな。というのが、正直な感想です。

金額は下記から確認できます。

アプグレは4種類。

iZotope Everything Bundle

iZotopeの全てが詰まったバンドルです。流石に高価!

CPU負荷

選ぶモジュールにもよりますが、そこそこ重いです。

Ozone10のCPU負荷

マキシマイザーの設定によっては、レイテンシーが400msを越えたりするので、Ozone10を立ち上げながら作曲……といった使い方はできないですね。ミックスを終えて、マスタリングする際に立ち上げましょう。

●PCスペック

  • OS:Windows10 64bit
  • CPU:AMD Ryzen 9 3900X [3.8GHz/12Core] 
  • メモリ:64GB
  • DAW:Studio One5.5
  • サンプリングレート・解像度:48kHz・32bit float
  • バッファーサイズ:512samples
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Discrete4



まとめ

以上が、iZotope Ozone10のレビューです。

「マスタリングって何? 基準が全く分からない……。」といった悩みを抱えているのであれば、Ozone10は最高の相棒になってくれるでしょう。

おすすめの

の、ご購入をぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

*1/10までセール中!

PluginBoutiqueでの購入で、12月2日夕方まで下記製品が無料でもらえます。

  • iZotope Audiolens:PC上で鳴る音をリファレンスにするソフト
  • Cherry Audio CA2600:シンセサイザー
  • zplane deCoda LE:耳コピ支援ツール
  • Melda Production MReverbMB:マルチバンドリバーブプラグイン
  • Producertech All-Access Membership (2-Month Subscription):オンライン音楽制作アカデミー

【参考記事】Plugin Boutique完全攻略!安全・お得に買う方法!

今!おすすめDTMプラグインセール情報

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター
「地方にいながら、音楽でご飯を食べる」で早十数年。
東北秋田県で田舎生活をしながら、音楽にいそしむ。
メイン楽器はアコギ。歌も歌うDTMer。

・音楽制作依頼(舞台ミュージカル音楽・CMソング&BGM等)
・ブログ運営(音楽理論解説&VSTプラグイン解説)
・教材販売(使えるギターコード進行集など)
ユニット「ウタトエスタジオ」では、ファミリー向けの作品作りも。

丁寧解説がモットー。 twitterでも、ぜひお気軽に絡んで下さい。

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!