VST音源

【Media Integration寄稿】Pianoteq8レビュー

数多くの海外音楽メーカーの正規輸入代理店であるMedia IntegrationのHPでmodartt Pianoteq8の解説記事を書きました。

Pianoteq8寄稿記事サムネイル
画像クリックで寄稿記事に飛びます。

本記事では、Pianoteq8に対する感想を補足的に解説します。

忖度なしで、私が感じたままに書かせて頂きます。

>Pianoteq8シリーズの金額を確認する

ピアノについて

今回、初めてPianoteqシリーズを触りました。

最初、立ち上げて思ったのは、とにかく軽い!!という驚きでした。

その次が、ピアノの数が多くて、どれを選べば良いのか分からない。ということ。

これはユーザーの方々も、拡張選択で悩まれるのだろうな、と。

そこでポップス4選ということで、寄稿記事で紹介したわけです。

Blüthner
①Blüthner

中でも気に入ったのが、Blüthnerです。仕事でも、早速1曲採用しました。

Pianoteqを触る前、勝手にクラシックピアノに強いという印象を抱いていました。それだけではなくて、音が多くても埋もれずに主張もできるサウンドにできるのが、扱いやすいポイントですね。

反面、よく言われるモデリングくささが完全に無いとは、やはり言えないかな。とも思います。サンプリング音源と比べると、少しつるっとしてるというか、ヌメッとしてるというか。雑味が少し欠けているような印象でしょうか。

Hammer noiseやVELOCITYカーブ、MICの調整で、ある程度は違和感を緩和できます。

Hammer noise
打鍵音を調整できる。

とはいえ、私が今後Pianoteq8を採用するとすれば、どちらかというと音を重ねる楽曲が多いかな。とは思います。音が重なる中ではモデリングくささは気になりませんし、Blüthnerは特に芯があり、抜けて聞こえてくれるので、頼りになる場面がありそうです。

また、シネマティックな表現の際も採用しそうです。Sympathetic resonance(共鳴具合)の調整をして、不思議な音作りをするのは今後使えそうなテクニック。

sympathetic resonance
各パラメーターをダブルクリックすれば、鍵盤ごとに設定が可能。(Pro以上)
⑫sympathetic resonanceを調整

また、寄稿記事では紹介しませんでしたが、画面上部にあるサイコロボタンをクリックすると、ほとんどのパラメーターがランダムで変化して、およそピアノには聞こえない音にも変化します。

こういったクリエイティブな音作りをしたい方にもおすすめです。



クラシックギター音源

とても素晴らしいサウンドです。

クラシックギタートラック画像

私はギターソロをアドリブでガシガシは弾けないので、一旦MIDI上でフレーズを考えて本チャンを録音します。

でも、クラシックギターのソロだったら、もうPianoteq8で良いかな。って感じです。非常に音が良い。

難点をあえて言うのであれば、ギターのコード機能ないことですね。

ギタリストであれば別に問題ありませんが、ギターのことがまるっきり分からない方には、ボイシングを教えてくれるわけではないので、打ち込みが辛いかもしれません。




その他の拡張

記事でも紹介したハープは、今後も継続して使いたいな、と思っています。

物凄く好きですね。

ハープトラック画像
㉑ハープのデモ曲

全てのハープ音源の打ち込み形式をこれにして欲しい!と思ってしまうほど。

ハープ画像:ここをクリックして、ハープ打ち込み用に変更
ダイアトニックモードという入力方法があります。

このモードでは、白鍵だけで音を操ることができます。まじで良い!

寄稿記事でも紹介したスティールパンも好印象です。

Steelpan画像
㉓スティールパンデモ曲



グレードについて

細かくEDITしたい方は、Pro一択です。

そこまで必要ない場合は、拡張音源数で選ぶのが良いかと思います。

ProとStandardの違いは、↓こんな感じで鍵盤ごとのパラメーター調整が可能かどうかです。

sympathetic resonance

まとめ

本当に忖度なく、良いところ・あとちょっとな所を書かせてもらいました。

MODO BASSなどもそうですが、モデリング音源にはどうしても特有のサウンドが付きものです。ルームリバーブやAnalog系プラグイン(EQ・サチュなど)を駆使して、MIXで馴染ませるのは大変有効だと思います。

Pianoteqという名前からピアノだけと思う所ですが、クラシックギター・ハープは特におすすめ。

参考になりましたら幸いです。

>Pianoteq8シリーズの金額を確認する

今!おすすめDTMプラグインセール情報

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター
「地方にいながら、音楽でご飯を食べる」で早十数年。
東北秋田県で田舎生活をしながら、音楽にいそしむ。
メイン楽器はアコギ。歌も歌うDTMer。

・音楽制作依頼(舞台ミュージカル音楽・CMソング&BGM等)
・ブログ運営(音楽理論解説&VSTプラグイン解説)
・教材販売(使えるギターコード進行集など)
ユニット「ウタトエスタジオ」では、ファミリー向けの作品作りも。

丁寧解説がモットー。 twitterでも、ぜひお気軽に絡んで下さい。

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!