音楽理論

キー・スケール・ダイアトニックコードとは

おいでよ!作曲初心者 キー・スケール・ダイアトニックコード

本記事は、音楽におけるキーと、キーに関係の深いスケールダイアトニックコードについて解説しています。

  • 音楽知識はないけど、0から作曲してみたい!
  • ギター初心者で、音楽理論に自信がない!
  • ピアノはやってきたけど、理論はよく分からない!

という、あなたにピッタリな記事です。

シリーズ紹介

本記事は、シリーズ記事です。

初級編では、音楽知識0からコード進行にメロディーをつけることを目指します。

それでは、キーについて、学んでいきましょう!

キーとは

キーは作曲したり演奏したりする上でとても重要なもので、2つの意味を持っています。

  1. 主役の音を表す
  2. 主役の音から始まる、音の連なり(スケール)を示す
Key=Cの世界 Key=Eの世界

①主役の音とは

童謡「カエルのうた」を楽譜にしてみましょう。

カエルのうた 楽譜

この譜面の「カエルのうた」のキーはCで、Key=C(Cメジャーキー)と表現します。

Key=Cの世界では、C(ド)が主役です。

終盤「ガッガッガー」の最後は、C(ド)で終わっています。主役であるC(ド)で終わると安心感がありますよね。一方、最後の音をC(ド)ではなくF(ファ)で終えてみましょう。

カエルのうたの最後の音をファにしてみた
最後の2小節のみ

思わずズッコケそうです。

違う音で終えようとしても、曲が終わった感じを演出できません。狙って、曲がまだ続くようなイメージを出すこともありますが、この例ではうまく機能していませんね。

このように、主役の音はメロディーに安定感を与え、曲において重要な役割を担います。

②主役の音から始まる、音の連なり(スケール)

キーは主役の音を表す以外にも、主役の音と仲の良い音も示します。それらの音の連なりをスケール(音階)と言います。

Key=Cの主役の音はCです。Key=Cで、C(ド)を基準にしたスケール(Cメジャースケール)は、次の図のとおりです。

CDEFGABC メジャースケールは、主役の音から、全全半全全全半の順で並んでいる。

Key=Cの場合、Cメジャースケールは、「CDEFGABC(ドレミファソラシド)」ですね。

Key=Eの時はどうなるでしょうか。

Key=E:Eメジャースケール E F# G# A B C# D# E

E(ミ)から、「全全半全全全半」と音を探していくと、Eメジャースケールは「E , F# , G# , A , B , C# , D# , E」になります。

マイナーキーとマイナースケール

コードと同じように、キーとスケールにも、メジャーとマイナーがあります。(コードの解説は、前記事をご覧ください!

例えば、Key=Cm(Cマイナーキー)で使える、Cマイナースケールは以下のようになります。

Key=Cm:Cマイナースケール C D E♭ F G A♭ B♭ C
マイナースケールは、主役の音から、全半全全半全全の順で並んでいる。

マイナースケールは「全半全全半全全」の順で並んでいます。

スケール聴き比べ

メジャースケールとマイナースケールを聴き比べてみましょう。

Cメジャースケール ドレミファソラシド Cマイナースケール ドレミ♭ファソラ♭シ♭ド
マイナースケールは、E・A・B(ミ・ラ・シ)に♭がついている
Cメジャースケール
Cマイナースケール

同じCから始まっていても、連なり方が変わると、明るく感じたり、悲しく感じたりすることがわかります。

Key=C、Key=Cmのように、主役の音が同じのメジャーキー・マイナーキーの関係を同主調と言います。同主調は、曲の途中で転調しやすい特徴があります。

今度は、Key=Cと、Key=Amにおける、CメジャースケールとAマイナースケールと比べてみます。

Cメジャースケール ドレミファソラシド Aマイナースケール ラシドレミファソラ
Cメジャースケール
Aマイナースケール

ここで「あれ?」と思われた方もいるかと思います。Cメジャースケールと、Aマイナースケールは、使われている音の種類は同じなのです。

Key=Am:Aマイナースケール ABCDEFGA 全半全全半全全
Cメジャースケール「CDEFGAB」と同じ音が使われています。

始まる音が変わるだけで、明るく感じたり、悲しく感じたりするんですね。

スケールで使われている音が同じ、Key=C、Key=Amのような関係を平行調といいます。平行調については、本記事の下の方で再度ご紹介します。

キーは何種類ある?

キーには、メジャーキーとマイナキーがあることが分かりましたが、キーは全部で何種類あるのでしょうか?

オクターブの中で音の数は12こ。それぞれを主役にしたメジャーキーとマイナーキーがあるから、全部で24種類のキーがあるんだね!

ダイアトニックコードとは

キーに合うコードのことを、ダイアトニックコードと言います。

Key=Cのダイアトニックコード メンバーをグループ分けしてコードを作る。C Dm Em F G Am Bm(♭5)

ダイアトニックコードの音楽的説明

もう少し詳しく説明しましょう。

スケールを並べて、一つ飛ばしに音を3つ重ねたら、ダイアトニックコードが出来上がります。例えばkey=Cの場合は、次のようになります。

Cメジャースケール CDEFGABC
Key=Cのダイアトニックコード C Dm Em F G Am Bm(♭5)
Key=Cのダイアトニックコード

ダイアトニックセブンスコード

スケールを一つ飛ばしに4つ重ねたコードをダイアトニックセブンスコードと言います。

Key=CのダイアトニックセブンスコードCM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(♭5)
Key=Cのダイアトニックセブンスコード

3和音よりもオシャレさや不安定さなどが増しているため、より細やかな表現をするのに役立ちます。例として、「カエルのうた」をオシャレに編曲してみました。

「カエルのうた」をダイアトニックセブンスコードを交えて編曲した楽譜・コード譜

ダイアトニックコードは安心

ダイアトニックコードや、ダイアトニックセブンスコードは、スケールの音から作り上げたコードです。

ダイアトニックコードを使っている限り、キーから外れた音が入ることはありません。そのため、コード進行を作る際にも、安心して使うことができます。

作曲初心者は、まずはダイアトニックコードとダイアトニックセブンスコードだけで、コード進行を自由に作れるようになりましょう。

ひと目で分かるシート【五度圏表】

さぁ。
キー・スケール・ダイアトニックコードと、種類が沢山あり、話も複雑になってきました。でも大丈夫です!

今からご紹介するシートを使うと、キーに合ったスケールとダイアトニックコードを、ひと目で選び取ることが出来ます。

このシートを、五度圏表(英語:circle of fifth)と言います。

五度圏表(英語:circle of fifth)

五度圏表の使い方

  1. キーを選ぶ
  2. ダイアトニックコード:キーの周りにあるコードを囲む
  3. スケール:ディグリーネーム順に並べる

①キーを選ぶ

五度圏表の水色の線の外側はメジャーキー、水色と桃色の線の間にはマイナーキーが記載されています。

五度圏表(英語:circle of fifth)

この中から、好きなキーを選びます。

②ダイアトニックコード:キーの周りにあるコードを囲む

選んだキーの周りにあるコードを、扇型に囲みます。

五度圏表の使い方。Key=Cとした場合。Key=C#mとした場合。主役の音の周りを扇形に囲む。
メジャーキーでもマイナキーでも、囲み方は同じです。

ここで囲まれたコードが、選んだキーのダイアトニックコードです。(ただし作曲上使いやすいよう、m7(♭5)のコードのみ、四和音にしています。)

③スケール:ディグリーネーム順に並べる

シート中段には、ローマ数字が描かれたディグリーネーム対応表が描かれています。

ディグリーネーム対応表

ディグリーネームとは、度数表記と呼ばれるものです。キーの主役の音をローマ数字の「I」と表現し、スケールの順に、「Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅶ」と表記します。

ディグリーネームの順番に、コードのルートを並べると、そのキーのスケールが出来上がります。

ローマ数字の順にルートを並べると、スケールが分かる。

これで、キーから、スケールとダイアトニックコードを簡単に導くことができるようになりました。

楽譜のキーを五度圏表である程度判別できる

楽譜から、キーを判別するのにも五度圏表を使うことができます。

次の楽譜はカエルの歌のキーを変えてみたものです。キーはなんでしょうか?

上記の楽譜は、#が二つついていますね。五度圏表と照らし合わせてみましょう。

同じ調号を発見!→Key=DかKey=Bmだ!

Key=DかKey=Bmか、どちらなのかをすぐに確定はできません。

上記の楽譜は、最後の音がD(レ)で終わっているため、主役の音はDのようです。したがって、上記楽譜はKey=D……と言いたいところですが、実はこの楽譜をKey=Bmとみなしてコード進行を当てることも可能なのです。

「カエルのうた」をKey=Bmで、編曲した楽譜・コード譜。
Bm/Aのようなコードをオンコードと言います。別記事で解説します。

Key=DとKey=Bmのように、調号(楽譜の横左側についている#や♭)が同じメジャーキーとマイナーキーの関係を平行調と言います。

平行調のメジャーキーとマイナーキーの関係は、すごく繊細です。上記の編曲では、コードDを使わないように気を配りました。なぜなら、コードDを含めるだけで、簡単にKey=Dのように感じられるためです。

楽譜のキーが、平行調のどちらなのかは、当てられているコード進行によるということを覚えておきましょう。

まとめ

お疲れさまでした!
以上で、キー・スケール・ダイアトニックコードの説明を終わります。

次の記事では、コード進行の基本について説明します。ダイアトニックコードを使ったコード進行を自由に作れるようになりますよ!

コード進行の基本:コードの役割(コードファンクション)コード進行の基本を解説しています。ダイアトニックコードの役割を知って、自由自在にコード進行を作れるようになりましょう。作曲初心者向けに、イラスト・音源をたっぷり用意しました。...

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター・歌のお兄さん

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!