音楽理論

コード進行の基本:コードの役割(コードファンクション)

おいでよ!作曲初心者 コード進行の基本

本記事では、コード進行の基本について解説します。

コードには、主役・脇役など、それぞれ役割を持っています。その役割のことを、音楽用語でコードの機能(コードファンクションと言います。

コードファンクションを知れば、自由自在にコード進行を作れるようになりますよ!

シリーズ構成

本記事は、シリーズ記事です。

初級編では、音楽知識0からコード進行にメロディーをつけることを目指します。

必要な知識のおさらい

コード進行の基本を学ぶ前に、必要な知識のおさらいです。

コードは、3音以上の違う高さの音の重なりのことで、コードの繋がりをコード進行と言います。

コード進行を作るには、まずキーを決める必要があります。

キーに合うコードであるダイアトニックコードは、五度圏表で簡単に見つけられます。決めたキーを中心に扇形に囲うだけです。

五度圏表
五度圏表(タップで大きく)
五度圏表の使い方 Key=Cとした場合 Key=C#mとした場合
選んだキーを中心に扇形に囲もう。

それでは、メジャーキーのコード進行の基本を学んでいきましょう。

ダイアトニックコードの役割

3つの役割がある。

ダイアトニックコードは、各キーごとに7種類あり、それぞれに役割が決まっています。大きく分けて3つです。

  1. 主役:トニック(T)
  2. 主役のことが好き:ドミナント(D)
  3. 脇役:サブドミナント(SD)
サブドミナント(脇役:主役の友人) トニック(物語の主役) ドミナント(主役のことが好き)

物語に例えると、主役「トニック」がいて、主役のことが好きな「ドミナント」、そして脇役「サブドミナント」の3つの役割があります。

これらの役割のことを、音楽用語でコードファンクション(コードの機能)といいます。

Key=Cにおけるダイアトニックコードの役割

コードの役割を理解しやすい、Key=Cにおけるダイアトニックコードを見ていきましょう。

Key=Cの場合は…… サブドミナント F Dm トニック C Am Em ドミナントG G7 Bm7-5
じっくり解説するので、今すぐ覚えなくて大丈夫です。

上記の図のように、五度圏表に配置されているコードの役割を、場所で覚えることで、キーが変わっても、視覚的に役割を把握することが出来ます。

また、一般的な理論書などでは、下記のようにローマ字を使ったディグリーネーム(度数表示)もよく使われます。

ダイアトニックコードの役割

それでは、3つの役割をじっくり見ていきましょう。

主役:トニック(T)

主役のトニックは、安定感があります。Key=Cでは、C・Am・Emの3つ。

C(Ⅰ)

Key=Cにおいて、コードCは主役です!

コード進行の最初や最後に使われることが多いです。特に最後で使うと、コード進行が終わった感じを演出することができます。

C→Dm→G→C コード進行のはじめにCがくることは多い。 コード進行終わりのCには終わる感じがある。

Am(Ⅵm)

Cの代わりに使える

Amは、Cの代わりとして使うことが出来ますが、悲しさを感じます。憂いを帯びた準主役です。

F→G→Am→C Amの悲しい感じから、Cの明るくて、安定した感じで終わる。

最初や最後で使うと……

コード進行の最初や最後で使うと、曲自体が悲しいイメージとなり、Key=Amのように感じられます。

F→→G→C→Am 最後にAmは、悲しい終わりに。Key=Amのように感じる。

悲しさを狙う場合は、どんどん活用してOKです。

Em(Ⅲm)

Cの代わりに使える

Emも、Cの代わりに使うことができます。一つ上のコード進行のCを、Emに変えてみましょう。

F→G→Em→Am Cとは違った印象に。このコード進行は、Jpopで良く使われます。

最初や最後に使うのは、注意が必要。

コード進行の最後にEmを使うと、「終わった感じ」を出すことができません。主役の音である、C(ド)が入っていないからです。

試しに、↑のコード進行のEm・Amを交換してみましょう。

F→G→Am→Em コード進行が終わった感じはない。まだ曲が続いていきそうなイメージ。

意図を持って使う場合は、もちろんこのような使い方もOKです。

ちなみに、コード進行の初めにEmを使うと、Key=Emと感じられがちなので、注意が必要です。絶対にダメということはないので、かっこいいと思えば、使ってもOK。

主役に向かいたくなる:ドミナント(D)

ドミナントは、Key=CにおいてG・Bm7(♭5)が該当します。

G(Ⅴ)

主役Cに向かいたい!

Gは、主役であるCが大好きでたまらないコードです。

C→G→C GからCに進むと、コード進行が「終わった感じ」がする。

起立・礼・着席ですね。

G→Cのように、終わった感じのするコード進行を、音楽用語で終止と言います。特にドミナントからトニックから終止した場合は、ドミナント終止と呼びます。

四和音G7になると、ますますCを好きになる。

Gに、もう1音たしてG7にすると、ますますCのことが好きになります。

これは、G7が不安定な響きを持つコードだからです。安定感をもつCで安心したくなるのですね。

C→G7→C G7は不安定な響き。Cの安定した響きで、終止感が高まっている。

G7が不安定の理由は、G7の構成音である、シとファにあります。シとファは半音6つ分離れている減五度音程です。減五度音程はとても不安定な響きがあります。

減五度の和音(半音6つ分)シファ 完全五度の和音(半音7つ分)シファ#
前:減五度(シファ) 後:完全五度(シファ#)

減五度の響きはとても不安定に思えませんか? だからこそ、安定を求めてCに向かいたくなるのですね。

必ずCに行く必要もない。

G・G7は、Cが大好きです。だからと言って、G・G7の後に、必ずCに向かう必要があるわけではありません。Cの代わりになるAmに変えてみると……

C→G7→Am Cに向かうと見せかけて…… Cの明るさを期待したら、「悲しいAm!」という驚き

少しドキッとしますよね。Cに行きそうなのに、Am……という意外性を感じます。(ドミナントからⅠ以外に行くことを偽終止と言われます。)

また、クラシックの音楽では禁忌とされていますが、Gからトニックではなく、サブドミナントであるFに向かうことも、ポップスでは良くあることです。

C→G→F→G ドミナントからサブドミナントは、ポップスではよくある。冒頭のCに戻りたくなる。

このコード進行では、最後がGなので、また冒頭のCに戻りたくなります。このように繰り返すことのできる進行を循環コードと言います。

期待感をあおる

Bメロの終わりから、サビに向かう前に、Gで盛り上げていくこともよく行われます。

Dm→G→G7 前の小説の8分音符前から演奏する記号 GとG7の長い助走でCへの期待が高まっている!

サビでは、Cから始まるコード進行が生きそうです。

Bm7(♭5)(Ⅶm7♭5)

Bm7(♭5)もドミナントと分類されます。それは、G7にあった減五度音程であるシとファが、Bm7(♭5)の構成音(シレファラ)の中にもあるためです。

ですが、G・G7ほど、Cに向かいたいという感じはせず、使い所の難しいコードです。

F→Bm7♭5→CM7 G7のように、Cに向かいたい!という感じはしない。

初心者の内は無理に使おうとしなくても大丈夫です。

マイナーキーの時にはよく使いますので、マイナーキーの記事を書く際に、改めて説明します。

脇役:サブドミナント(SD)

サブドミナントは、Key=Cでは、F・Dmが該当します。

F(Ⅳ)

他のどのダイアトニックコードとも相性がよく、使い勝手の良い名脇役です。

穏やかな終止感

FからCに向かってコード進行を終えると、とても穏やかな印象を受けます。

聴き比べてみましょう。C→F→C C→G→C
C→F→C
C→G→C

C→F→Cの方が、柔らかい感じがしますよね。まだ曲が続いていきそうな雰囲気です。(サブドミナントからトニックに向かうことを、サブドミナント終止と言います。)

FとCだけのコード進行でも十分いい曲が書けますよ。

FM7→CM7→FM7→CM7 終止感が少ないため、いつまでも続けられそうなコード進行。この2コードだけで作られている曲もたくさんあります。

メモ:ダイアトニックセブンスコードになっても、役割は変わらないため、響きに応じて、M7やm7を付けてOKです。

ドミナントとも相性バッチリ!

FからドミナントのGに向かうこともよくあります。

F→G→Em→Am FからGは、ルート音がF(ファ)からG(ソ)と全音上がる進行です。音が高くなると、気分も高まる印象に感じます。

このように、コード進行の初めを、サブドミナントであるFから始めることも良くあります。

Dm(Ⅱm)

Dmもサブドミナントです。

Fの代わりになる。

Dm(レファラ)とF(ファラド)は構成音が似ていますので、Fと差し替えて使うことも出来ます。

C→F→G→C FをDmに差しかえる。 C→Dm→G→C 違和感なく差しかえられ、印象も少し変えられる。
C → F → G → C
C → Dm → G → C

Gのことが好き。 

DmはGのことを好いているため、Gに向かうことがよくあります。特に四和音Dm7→G7→CM7というコード進行が良く行われます。

Dm7→G7→CM7→Am7 Dm7はG7が大好き。G7はCM7が大好き。

このコード進行を度数表示にすると、「Ⅱm7→V7→IM7」となります。このような流れのことをトゥーファイブワン(ワンを略して、トゥーファイブ)とも言い、ジャズでもポップスでも良く出てきます。

役割のまとめ

さぁ、ここまでダイアトニックコード7つの役割を見てきましたが、これをまとめてみました。

メジャーキーにおけるダイアトニックコードの役割まとめ

それでは、これらを踏まえた上で、コード進行を作ってみましょう。

定番コード進行を作る

【役割変化1】T → T → SD → D

ここでは、3つの役割を並べ、コードを差し替えることで様々なコード進行を作ってみます。定番の、「T → T → SD → D」という進行から見ていきます。

C C F G 基本のコード進行です。
00:00 / 00:00
C Am F G 悲しくなる変化。この後のFはメジャーコードなので、すぐに明るさを取り戻します。
00:00 / 00:00
Em Am F G Bメロで使えそうなコード進行に変わりました。Em始まりは、Key=Emに感じられ、避けることも多いですが、今回はハマりました。
00:00 / 00:00
Em Am Dm G 冒頭2小節がマイナーコードなので、3小節目もFの代わりにDmに変えてみました。
00:00 / 00:00
CM7 Am7 Dm7 G7 コードを全て、ダイアトニックセブンスコードに変えてみました。セブンスになっても役割は変わりませんので、組み合わせを変えて試してみて下さい!
00:00 / 00:00
previous arrow
next arrow
Slider

コードの差し替えで簡単に新しいコード進行が作れることが分かりますね。

【役割変化2】SD → DT → T → T

これもよくある進行です。

F G C C よくあるコード進行
00:00 / 00:00
F G Am C コードのルート音がF(ファ)からG(ソ)、G(ソ)からA(ラ)と、どちらも全音上がりの進行となっており、勢いがあります。
00:00 / 00:00
F G Em Am Jpopの黄金コード進行。ものすごくたくさんの曲で使われています。
00:00 / 00:00
FM7 G7 Em7 Am7 コードの中で一番高い音をトップノートと言いますが、↓の音源では、ミ→ファ→ソ→ミと変化をつけ動きを出しています。
00:00 / 00:00
previous arrow
next arrow
Slider

最後の例では、トップノートを変える例を出しています。音の重ね方(ボイシング)によって、かっこよさが変わります。ボイシングについては、次回の記事で詳しく説明します。

【ルート上行】

役割からコード進行を作るのではなく、ルート音を階段状に上げていく方法で、コード進行を作ります。ダメな例もご紹介。

C Dm Em F Cから、ルートをスケール上に上げていくパターン。トニック・サブドミナントの繰り返しは穏やかな印象になりますね。
00:00 / 00:00
Dm Em F G Dmから、ルートをスケール上に上げていくパターン。このように最初に始めるコードを変えるだけで、コード進行は作れます。。
00:00 / 00:00
Em F F Am Emからの上行パターン。このコード進行を繰り返して、2回目はAmをCに変えるのも有効。
00:00 / 00:00
F G Am Bm7(♭5) Fから始めるパターンですが、Bm7(♭5)は、うまくはまりませんね。ここはそのままAmかCの方がすっきりすると思います。
00:00 / 00:00
G Am Bm7(♭5) C 「う~ん……」な進行です。よっぽどの意図がない限り、普通は避けます。Bm7(♭5)がBm7なら、まんまKey=Gとなり、Key=Cっぽさが足りません。
00:00 / 00:00
Am GonB C F GonBは、一番低い音をB(シ)にしたコードGという意味です。上行であれば、最後はDmがふさわしいのですが、Fに交換しました。
00:00 / 00:00
C Dm Em F G Am Dm G Cから始まり、5小節目以降も上行するパターン。最後の2小節はトゥーファイブで、また冒頭のCに戻れます。
00:00 / 00:00
previous arrow
next arrow
Slider

例6で使った、GonBのようなコードを、オンコードと言います。(G/Bと記載し、分数コード・スラッシュコードと呼ぶこともあります。全て同じものです。)

GonB(ジーオンビー)ベース音をBにしたコードG Gの構成音(ソシレ)であれば、どのように重ねてもいい。一番下の音をB(シ)にすることは確定。

【ルート下降】

ルートを階段状に下げるコード進行を見てみましょう。

C GonB Am G F Em Dm G Cからルートをスケール上に下げていくパターン。よく使われるコード進行です。
00:00 / 00:00
Am G F Em Dm C G G7 Amで始めるとKey=Amのように感じられがちですが、これはこれで、使いやすいコード進行だと思います。
00:00 / 00:00
Am AmonG AmonF# FM7 G 下行パターンの応用編。冒頭のコードを固定して、ベース音だけを下降させると、このような応用も可能です。
00:00 / 00:00
FM7 Em7 Dm7 CM7 サブドミナントとトニックの繰り返しは、おだやかな印象に。成り行き任せ感がすごい、
00:00 / 00:00
previous arrow
next arrow
Slider

例3はトリッキーな例ですが、このように発想を自由にすることで、新たなコード進行を生み出すことができます。

他にも作ってみよう!

  • SD → T→ SD → D
  • T → SD → SD → D
  • SD → T → T → SD

など、まだまだ色々な組み合わせが考えられます。

色々試して、好きなコード進行を見つけてみましょう。

コード進行のキーを変える(移調する)

今まで、Key=Cでのコード進行を色々と見てきました。作ったコード進行を別のキーで使えたら最高ですよね。

曲全体のキーを変えることを移調と言います。五度圏表を使うと視覚的に移調することが出来ます。

五度圏表を使った簡単移調。例)Key=CからKey=Gへ。 どのような順番でコードを使っているか確認しよう。
Key=G 移調先のキーを五度圏表で対応させる。移調完了!

作ったコード進行を、どんどん他のキーでも活用しましょう。

まとめ

おつかれさまでした!
以上が、コード進行の基本です。

かなりボリュームのある内容でしたね。このページをマスターできれば、今後の作曲や音楽の理解に絶対に役に立つはずです。

次の記事では、作ったコード進行を伴奏として使うため、音の重ね方(ボイスリーディング)について学びましょう。

おいでよ!作曲初心者 ボイシング・ボイスリーディング 作曲で使える技をお伝えします!
コードの音の重ね方:ボイシング・ボイスリーディング本記事は、コードの音の重ね方(ボイシング)について解説します。ボイシングを工夫して、あなたの作る曲をグレードアップさせましょう! 実践的なヒントをお伝えします。...