機材レビュー

PreSonus FaderPort v2レビュー! かゆいところに手が届くフィジコン

PreSonusのフィジカルコントローラーFaderport v2

使い始めてから半年以上経ったのでレビューしていきます。

  • FaderPortが気になっている方
  • StudioOneをもう少し便利に使いたい方

に、使用感をお届け致します。

FaderPortは、孫の手的ガジェット。

孫の手って、なくても頑張れば背中かけるけど、あったら便利ですよね。

FaderPortって、まさにそんな感じ。

キーボードショートカットを多用される方であれば、キーボードで事足りるじゃん。って方もいるかもしれません。ただ、普段の作業がちょっとだけ便利になります。

この機能が便利!

つまみでナッジできる。

ナッジは、MIDIノートを少しずらす機能のことです。例えば、ピアノのコードは、ナッジしてばらつきを出すことで、自然な感じを演出しますよね。

Studio Oneだと、ナッジのキーボードショートカットは、Alt+右矢印 or Alt+左矢印と、同時押しが少し面倒くさい。FaderPortの場合は、Sectionボタンを押してつまみをカチカチと回すだけ。超高速でナッジ可能です。

FaderPortの中で一番便利な機能な気がする。

マーカーで楽できる

Markerボタンが点灯している時は、つまみ真ん中を押すだけで新しいマーカーを作れます。ショートカットならShift+Yですが、よっぽど楽ですね。

また、マーカー間の移動も、Prevボタン・Nextボタンを押すだけ。ショートカットなら、Shift+N キー(次のマーカー)・Shift+B キー(前のマーカー)とややこしいです。

マスターボリューム変更も、つまみを回すだけ。

歌や楽器のレコーディングの際に、マスターボリュームが大きすぎて、ヘッドホンから音が漏れてしまう。そんな時に、マスターボリュームを下げることがあると思います。

FaderPortでは、Masterボタンを押して、つまみを回すだけでマスターボリュームの変更が可能つまみ真ん中プッシュで、0dbに戻ります。

これをキーボード&マウスでやると、F3でミキサーを出して、マスターでボリュームを下げて。0にする時にまたミキサーを出して、0を打って。……と、地味~にめんどうくさい

再生ボタン回りも普通に使いやすい。

再生・巻き戻し・停止などのトランスポーズ周りも、普通に使いやすいです。

FaderPortを左側に置けば、キーボードのテンキーショットカットと併用し、右手でも左手でも再生・巻き戻し・停止ができます。

ボタンの押した感じは、ポコッ(パコッ)と言った感じ。気持ちがいいです。ただ、生録する時には、少し音が入ってしまうので気をつけましょう。

肝心のモーターフェーダーはどうか

音量調整はたしかに楽。

マウスでミキサーを触る時は、数値を目で追いかけがちだと思います。FaderPortのフェーダーをいじる時は、どちらかというと耳で合わせるイメージです。

そ~っと触ると、0.1db単位で微調整できるので、マウスで微調整するよりよっぽど楽。

ただ、いつもどんなときでもフェーダーを使ってるわけじゃなく、マウスのホイールで調整することもよくある。

オートメーションについて

私的には、オートメーションはマウスでいじることの方が多いです。ボタンの戻し忘れで上書きが頻発してしまい、元々慣れているマウスで書くほうが早いため。

まとめ

FaderPortを購入すれば、普段のDTM作業が確実に少し便利になります。

慣れるまで少々時間がかかるかもしれませんが、導入すればきっと幸せになれます。

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター・歌のお兄さん

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!