機材レビュー

Antelope Audio Edge Soloレビュー!「AKG C214」との比較!

Antelope Audioのコンデンサマイク Edge Solo がすごく良いです。

この記事では、Edge Solo購入前までメインで使っていた AKG C214との比較をしてマイクの特徴を見ていきます。

アコースティックギターと歌で比較しました。実際の音は、上記動画でお聴き下さい。

AKG C214のレビュー

先に、比較対象のC214をレビューしていきましょう。

一聴すると、派手でよく通る音をしていると思います。周波数特性を見ると3000~4000Hzあたりに山があります。10000hz以上も特徴的。

C214をメインに使っていた時は、歌の収録にとても苦労しました。どうしても高音域のシャリシャリした部分が耳に痛く、声を張ると耳に痛いんですよね。(声質にもよるとは思います。)

逆に、アコースティックギターなどの弦楽器は、空気感が収録できるため、向いているマイクです。



Edge Soloレビュー

素直で癖のない音質

とても素直な音質です。どこかが変に飛び出て聞こえたりしない、フラットな音がします。

声を張っても、全く耳に痛くない。

はじめて使ったときの驚きと言ったら。モニターのヘッドホンから、歌ったままの声が間近で聞こえてくるかのような感覚。いつまででもこのマイクで演奏していたい!と思える音質です。

フラットだからエフェクトの効きが良い

動画(6分23秒~)でも述べましたが、アコギの録音で空気感を付与したければ、FPGA FXで空気感を足すのも良いですね。動画では「LANG-PEQ2」を使いました。高音域がキラキラして良いです。

HF BOOSTの効きがすごく良い。

自分の好きな音にデザインできるのも、元がフラットな音だからこそですね。Discrete4については別記事も参考にしてみて下さい。

Antelope Audio Discrete4レビュー どんな人に向いているか?Antelope Audio Discrete4のレビュー記事です。入出力についての所感や、FPGA FXをどう捉えるべきか。また、Discreteシリーズがどんな人に向いた商品かを説明しています。...



ここだけ少し気になった。

ぼくの個体だけかもしれませんが、最初Edge Soloのキャノンの挿し口が硬すぎて、ケーブルを挿せなかったんですよね。どうもキャノンの溝が小さいようです。

無理やりねじ込んだら入るようになりました。



まとめ

Edgeシリーズは、エントリーマイクに比べると、値段は高いです。しかし、高級機に匹敵するほどのクオリティを持っているのに、値段は約半額と考えると、むしろお得感があります。

エントリークラスのマイクで不満を持っている方は、ぜひEdgeの導入を検討してみて下さい。クオリティに衝撃を受けること間違いありません。

created by Rinker
¥61,600 (2020/10/23 20:40:50時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター・歌のお兄さん

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!