Antelope Audio Edge Soloレビュー!「AKG C214」との比較!
機材レビュー

Antelope Audio Edge Soloレビュー!「AKG C214」との比較!

rainysongame

Antelope Audioのコンデンサマイク Edge Solo がすごく良いです。

この記事では、Edge Solo購入前までメインで使っていた AKG C214との比較をしてマイクの特徴を見ていきます。

アコースティックギターと歌で比較しました。実際の音は、上記動画でお聴き下さい。

【広告】本記事は、アフィリエイト広告を利用しています。

AKG C214のレビュー

先に、比較対象のC214をレビューしていきましょう。

一聴すると、派手でよく通る音をしていると思います。周波数特性を見ると3000~4000Hzあたりに山があります。10000hz以上も特徴的。

C214をメインに使っていた時は、歌の収録にとても苦労しました。どうしても高音域のシャリシャリした部分が耳に痛く、声を張ると耳に痛いんですよね。(声質にもよるとは思います。)

逆に、アコースティックギターなどの弦楽器は、空気感が収録できるため、向いているマイクです。

Edge Soloレビュー

素直で癖のない音質

とても素直な音質です。どこかが変に飛び出て聞こえたりしない、フラットな音がします。

声を張っても、全く耳に痛くない。

はじめて使ったときの驚きと言ったら。モニターのヘッドホンから、歌ったままの声が間近で聞こえてくるかのような感覚。いつまででもこのマイクで演奏していたい!と思える音質です。

フラットだからエフェクトの効きが良い

動画(6分23秒~)でも述べましたが、アコギの録音で空気感を付与したければ、FPGA FXで空気感を足すのも良いですね。動画では「LANG-PEQ2」を使いました。高音域がキラキラして良いです。

HF BOOSTの効きがすごく良い。

自分の好きな音にデザインできるのも、元がフラットな音だからこそですね。Discrete4については別記事も参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
Antelope Audio Discrete4レビュー どんな人に向いているか?
Antelope Audio Discrete4レビュー どんな人に向いているか?

ここだけ少し気になった。

ぼくの個体だけかもしれませんが、最初Edge Soloのキャノンの挿し口が硬すぎて、ケーブルを挿せなかったんですよね。どうもキャノンの溝が小さいようです。

無理やりねじ込んだら入るようになりました。

まとめ

Edgeシリーズは、エントリーマイクに比べると、値段は高いです。しかし、高級機に匹敵するほどのクオリティを持っているのに、値段は約半額と考えると、むしろお得感があります。

エントリークラスのマイクで不満を持っている方は、ぜひEdgeの導入を検討してみて下さい。クオリティに衝撃を受けること間違いありません。

今!おすすめDTMプラグインセール情報

音楽監督作品「ミュージカル新解釈・三湖伝説」

音楽監督作品「ミュージカル青春するべ!」

プロフィール
渡部絢也
渡部絢也
作編曲家・シンガーソングライター
「地方にいながら、音楽でご飯を食べる」で早15年。東北秋田で田舎生活をしながら、音楽にいそしむ。メイン楽器はアコギ。歌も歌うDTMer。

・音楽制作依頼(舞台音楽・CM楽曲等)
・ブログ運営(音楽理論&プラグイン解説)
・教材販売
・ファミリー向けの作品づくり
記事URLをコピーしました