機材レビュー

Antelope Audio Discrete4レビュー どんな人に向いているか?

本記事は、Antelope Audioのオーディオインターフェース、Discreteシリーズが気になっている方向けのレビュー記事です。

ぼくが所有しているのはDiscrete4(無印)で、本記事を書くまで約1年間使用しています。その間、Discrete4 Synergy Coreが発売となりました。出音には違いがないとのことなので、参考記事として御覧ください。

出音・出力について

素晴らしい出音です。圧倒的なクリアさに、初めて聞いた時は笑いが止まらなくなりました。

Discrete4以前に使っていたオーディオインターフェース(ROLAND FA-66)が、いかに団子状に音がまとまって聞こえていたのか、気付かされます。

Discrete4では、音が分離して聞こえ、ハイの伸びもあり、ローの出方も素直で無理なく出てきます。リスニングで聞くのにも気持ち良く、当然MIXもしやすいです。

実際に聞かないと分からない部分ではあると思いますが、5万円以下レベルのオーディオインターフェースから乗り換える場合は、確実に感動できると思います。

入力について

ものすごくクリアで存在感のある音で収録できます。

マイクのEdge Solo同梱で購入することができたのですが、このEdge Soloもとてつもなくいい音です。ぼく自身は、Edge Solo単体の音自体がかなり好きなので、マイクモデリング機能は使いません。

歌の収録・ギターの収録などをしますが、現状全く不満はありません。

Antelope Audio Edge Soloレビュー!「AKG C214」との比較!この記事では、Antelope AudioのコンデンサマイクEdge Soloをレビューしています。Edge Solo購入前までメインで使っていたAKG C214との比較を通して、マイクの特徴を見ていきます。動画で音を是非ご確認下さい。...

FPGA FXについて

FPGA FXはどんな人に向いているか。

Discreteシリーズの大きな特徴でもあるFPGA FX。

基本的な考えとしては、FPGA FX=「ハードウェアベースエフェクト」

どういう意味かと言うと、FPGA FXは「ラックに積んだハードウェアエフェクターたち」と同じように考えるべきということ。

ですから、FPGA FX搭載機器は、どちらかというと生音で録音する方が恩恵を受ける機器です。打ち込みオンリーのDTMerは、持て余す可能性が高いでしょう。最初からプラグインエフェクト狙いだとすれば、UAD機器を視野に入れた方が良いかと。

DAW上でFPGA FXを使う場合

Thunderbolt対応PCであれば AFX2DAWでプラグインのように使えます。また、Thunderboltが対応していなくても、ルーティングによって、DAW上でエフェクトをかけて録音することはできます。

ですがその場合は、録音時間中は待機する必要があります。また、もし後でパラメーターを直したいとなったら、その度に録音し直す必要があります。

正直面倒くさい。

でも、それを抜きにすると、音は最高に良いです。打ち込みのドラムも前に出てきますし、ベースにも太さが生まれます。特に生楽器系のアレンジをされる方は、恩恵を受けられると思います。

FPGA FXを使いこなすには、元ネタ機器の知識が必要。

FPGA FXを使いこなすには、元ネタとなった機器の知識が必要になります。

このコンプがどの楽器に向いているのか。このEQがどういった意図で設計されたものか。それらが分からないと、使いようがないくらい多くのFPGA FXが搭載されているためです。 (Discrete4無印を買った人のほうが悩んでしまうポイントですね。 )

例えば、FPGA FXのコンプLiverpoolは、アタックのつまみの間に、「C」と書かれた部分があります。

ここにノブを合わせるとコンプが効かなくなります。これはFPGA FXのエラーというわけではなく、元機器の仕様です。(参考: 「GROVE HILL AUDIO Liverpool」製品レビュー

このように、元ネタの機器を知らない場合は、一つ一つのエフェクトを時間をかけ調べ、学んでいく必要があります。

ちなみに元ネタ機器の一覧はDTMステーションさんがまとめて下さっています。

むしろ、Synergy Coreになって、使いたいFGPA FXを念入りに調査してから買う方が、悩みが少ないかもしれませんね。

使いこなすようになるには時間はかかりますが、その分知識が増え、今後の役に立つので、私的にはデメリットというよりはメリットだと思っています。

FPGA FXの今後

Synergy Coreとなり、FPGA FXとDSPが組み合わさったことで、Auto-Tune SynergyやSpace Flangerなどがリリースされています。EDMのVoなど、リアルタイムのライブでも使えそうですね。

Discrete4はインプットが少なくあまり現実的ではないかもしれませんが、ライブの使用でもFPGA FX機器は存在感を増していくのではないでしょうか。

じゅんや

ちなみに、ぼく自身はギターの弾き語りライブでDiscrete4をミキサー代わりに使ったことがあります。めちゃくちゃいい音で気持ちよく演奏できました。

Discrete4だと、インプットが4回線なので、弾き語りライブが限界かも。

規模にもよりますが、Discrete8以上の機器であれば、ライブでも十分活躍すると思います。

不満なところ

音質などの不満はありませんが、細かな不満点をあえて言うなら下記の通りです。

  • コントロールパネル からファンタム電源をONできない。
  • サンプルレートの関係で、mp4ファイルなどを開くと動かないことがあり、その度サンプルレートを変更する必要がある。
  • USBの帯域を多く使うためか、不安定になる機器があった。(最近なくなったので、アップデートで解消されたのかもしれません。)

まとめ

ずばり、Discreteシリーズをおすすめできるのは、生録の機会が多い方です。

シンガーソングライターや生楽器演奏家には、最高の機材ではないでしょうか。

ぼくは購入して全く後悔していません。

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター・歌のお兄さん

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!