音楽理論

コード進行にメロディーをつける!丁寧解説!

おいでよ!作曲初心者 コード進行にメロディーをつける!サムネイル:あなたは感覚派?それとも理論派?

本記事では、コード進行にメロディーを付ける方法を解説します。

「自分の作るメロディーって、なんとなく物足りないなぁ。」と悩んでいるあなたにも、目からウロコのテクニック満載でお届けいたします!

シリーズ構成

本記事はシリーズ記事で、コード理論初級編の最後の記事です。

この記事を読むためのおさらい

コードは、3音以上の違う高さの音の重なりのことで、コードの繋がりをコード進行と言います。

コード進行を作るには、まずキーを決める必要があります。

キーに合うコードであるダイアトニックコードは、五度圏表で簡単に見つけられます。決めたキーを中心に扇形に囲うだけです。

五度圏表
五度圏表(タップで大きく)
五度圏表の使い方 Key=Cとした場合 Key=C#mとした場合
選んだキーを中心に扇形に囲もう。

ダイアトニックコードの役割(コードファンクション)を理解すると、コード進行を自由に作れるようになります。

コードを並べる時には、音の重ね方(ボイシング)に気を配ると、よりかっこ良くなります。

もし、上記の内容が難しいと感じるようでしたら、前の記事をご覧下さい。

メロディーをつける二つのアプローチ

感覚的?理論的?イラスト

コード進行にメロディーをつけるには、二つのアプローチがあります。

  1. 感覚的:コード進行を聴きながらハミングする。
  2. 理論的:コードに合うメロディーを理論的に導き出す。

この記事では、感覚的に作る方法・理論的に作る方法、どちらも解説します。おすすめは理論的な作り方を知った上で、感覚的に作る方法です。

ひとまずは、感覚的に作ってみましょう。

感覚的にメロディーをつける。

感覚的に作る方法は、コード進行を聴きながら、ハミングするだけです。

実際に、次のコード進行を聴きながら、ハミングしてメロディーをつけてみましょう。

JPOP黄金進行:FM7 → G → Em7 → Am7

良いメロディーかどうかはさておき、なんとなくメロディーをつけることはできましたか?

ここで二つの質問があります。

  1. Aメロ・Bメロ・サビ、どのパートをイメージしてメロディーを付けましたか?
  2. メロディーの始まりは、小節ジャスト or 小節前 or 休符から?

楽曲の構成をイメージする。

通常、歌モノ楽曲は、Aメロ・Bメロ・サビ・Cメロのように、構成が分かれています。ですから、現在作っているのが、どのパートなのかをイメージしてメロディーをつけましょう。

イントロ・Aメロ・Bメロ・サビ・間奏「Aメロ・Bメロ・サビそれぞれに、向いているコード進行やメロディーがありそうだね!」

上記のJPop黄金進行は、私にはAメロやサビっぽい印象を受けました。あなたは、どう感じましたか?

メロディーの始まる位置

メロディーの始まる位置を工夫すると、印象を変えることができます。

3つの例をご覧ください。

①小節ジャストから、メロディーをはじめる。

解説用楽譜:小節ジャストから、メロディーをはじめた例

小節ジャストからのスタートは、「正統派!」という印象を受けます。

②小節前から、メロディーをはじめる。

解説用楽譜:小節前から、メロディーをはじめた例

小節の頭以外からメロディーが始まることを弱起(アウフタクト)と言います。

弱起の中でも、小節より前から始まっているのがこのパターンです。助走を付けて、サビが始まる感じが高まっています。

③休符から、メロディーをはじめる。

解説用楽譜:休符から、メロディーをはじめた例

弱起の中でも、休符から始まるパターンです。一拍置くことで、余裕のある展開に感じます。

このように、メロディーの始まる位置に注意を払うだけで、様々なメロディーを生み出すことが出来ます。頭の片隅に置いておくだけで、色々なバリエーションを生み出せるはずです。

理論的にメロディーをつける。

理論的にメロディーをつける方法、基本は3つ!

  1. コードトーンを使う。
  2. 短ければ、コードトーンから外れてもOK!
  3. リズムの形を真似して使う。

斬新なメロディーを作れる応用編もこの後ご紹介します。ですが、まずは3つの基本をマスターしましょう!

①コードトーンを使う。

コードトーンとは、コードの構成音のことを言います。FM7なら、ファラドミですね。

解説用楽譜:コードトーンだけでメロディーを作った例

コードトーンだけを使って、メロディーを作りました。

コードが変わるごとに、どの音が使えるかを把握して、メロディーを選択するのです。

コードトーンで作曲していることを示す楽譜
コードの横にコードトーンを示しています。

コードトーンを使ったメロディーは、コードから外れた音痴なメロディーになることはありません。

ただ、ちょっとシンプルすぎてつまらない感じもしますね。

②短ければコードトーンから外れてもOK!

解説用楽譜:コードトーン以外も入れて、メロディーを作った例
水色の音がコードトーン以外の音

コードトーン以外の音を入れたメロディーの例です。短ければ音が外れた感じはしませんね。

こうしたコードトーン以外の音をノンコードトーンと言います。ノンコードトーンを組み込む際は、原則スケールの音から選ぶようにしましょう。

このコード進行は、楽譜のト音記号から判断するに、Key=C・Key=Amのどちらかです。Cメジャースケール・Aマイナースケールは平行調なので、使える音自体は同じく「ドレミファソラシド」ですね。(詳しくは、キー・スケールの記事にて。)

スケール以外の音は、露骨に音が外れた感じになりますので、注意しましょう。(スケール以外でも、短いければハマることもありますが、細心の注意が必要!)

③リズムの形を真似して使う。

次の楽譜をご覧ください。

解説用楽譜:上段・下段で、ほぼリズムが同じになっている例。

リズムや音符の振り分けのこと譜割と呼びます。

この楽譜は、1~4小節の譜割を5~8小節に活かして作りました。

また、もっと小さな単位でも譜割を真似しています。

解説用楽譜:実は、1小節目の譜割を、4回使っていました。

このように、譜割を真似して使うことで、メロディーが印象的なものになります。ただ、同じ譜割も続けば飽きます。どこで変化を付けるかが、人それぞれのセンスです。

以上が、「コード進行にメロディーをつける」3つの基本です。

これらを守るだけでも、たくさんのメロディーが作れます!

でも、もしあなたが斬新なメロディーを作りたいなら、応用編に進みましょう。

【応用編】理論的にメロディーをつける。

応用編では、劇的にメロディーがブラッシュアップされます。

まずは例をご覧ください。

解説用楽譜:応用編の例:ノンコードトーンを多用して作曲している。

この楽譜で緑色の印が付いている音符は、ノンコードトーンかつ、音の長さが八分音符より長いものです。

基本②「短ければコードトーンから外れてもOK!」から外れた音と言えます。しかし違和感なく聞こえるのではないでしょうか?

「コードにメロディー」応用編では、

  • ノンコードトーンでも、度数を考慮した上なら自由に使える。

が加わります。

度数イメージ表を活用しよう。

次の表を見てみましょう。

度数イメージ表は、コード上でスケールの音が鳴った場合、それが何度の音程で、どんなイメージに聞こえるかを示したものです。

例えば、コードFにD(レ)の音を載せてみます。

コードF上で、ルートF(ファ)から見て、D(レ)は長六度(長十三度)の音程で、「物憂げ・どっちつかず」の印象に聞こえる。ということが読み取れます。

この表に則って、先程の応用編の楽譜をアナライズ(解析)してみましょう。

解説用楽譜:応用編のアナライズ:長六度(物憂げ・どっちつかず)、長九度(神秘的・超越)、完全11度(緊張・無感情)など

上記の楽譜は6度を多用するイメージで作曲しました。なんとなく気だるげで迷いを感じる印象から、最終的には一歩前へと進もうという印象に変わりました。

このように、コードに対して載せる音には、コードトーン・ノンコードトーンを問わず、様々なイメージを付加することができます。

次は9度を活かすメロディーの例を見てみましょう。

解説用楽譜:長9度を多用して、作曲した例

表現したいイメージを表現するために、ノンコードトーンを活用しましょう。度数イメージ表をご活用下さい。色々と試す中で、イメージを音にするセンスが磨かれていくはずです!

度数イメージ表 メロディーづくりの相棒に!「作ったメロディーがつまらない!」という時には、度数イメージ表を使いましょう。コードと度数の関係を意識することで、イメージを音にするセンスが磨かれていきます。使い方と、12種類のキーそれぞれの表を用意しました。...

【おまけ】テンションコードにも捉えられる?

最後は、コードにノンコードトーンを載せると、「コード・メロディー全体でテンションコードのように捉えられる」という話をして終わります。

テンションコードは、次の記事で詳しく説明します。ここでは、「基本のコードに9度・11度・13度などの音が加わったコード」と理解しておきましょう。

メロディーまで含めるとコード名は変わる??

FM7上で、D(レ)やG(ソ)の音が鳴っているとすれば、コードとメロディー全体で、FM7(9,13)とも考えられます。

それならば、この楽譜上でFM7は間違いで、FM7(9,13)が正解なのでしょうか? 今後は、メロディーまで把握してコード名を変える必要があるのでしょうか?

結論から言うと、そんなことはありません。

例えば、知人のギタリストに、FM7(9,13)と書いた譜面を渡して弾いてもらうとすれば、9度・13度の音を入れて演奏するはずです。

しかし実際には、「伴奏はFM7のままで、歌のメロディーで9度・13度を入れるアンバランスさこそが気持ち良いのに……。」と、いう場合がよくあります。

この場合はFM7と表記して伝える方が、表現したい音楽を表現できることになります。

コードは、作曲者・演奏者の意図を表現・伝達するための手段です。絶対的な正解・不正解はないのです。

まとめ

お疲れさまでした!
以上が、「コード進行にメロディーをつける」解説でした。

じゅんや

かなり深い内容まで含みましたが、
理解することはできましたか?

自分にとって耳新しいコードを使ったり、新たなコード進行を作れるようになると、どんどん新しいメロディーもかけるようになります。

次の記事では、テンションコードを含む「コードの応用」について学びましょう!

コードの応用:sus、dim、aug、add、テンションコードの解説sus、dim、aug、add、テンションなど、さまざまなコードを、サウンド付きで丁寧解説! 記号から、コードの構成音を導き出しましょう。コードの使い方も徹底解説!...

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター・歌のお兄さん

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!