資料集

度数イメージ表 メロディーづくりの相棒に!

作ったメロディーがつまらない。華がない。という悩みはありませんか?

  • メロディーをイメージ通りに作曲!
  • カウンターメロディー(対旋律)の発想に!

度数イメージ表を使い、コードと度数の関係を意識することで、イメージを音にするセンスが磨かれていきます。

使い方と、12種類のキーそれぞれの表を用意しました。

度数イメージ表の使い方

度数イメージ表とは

度数イメージ表は、コード上でスケールの音が鳴った場合、それが何度の音程で、どんなイメージに聞こえるかを示したものです。

例えば、コードFにD(レ)の音を載せてみます。

コードF上で、ルートF(ファ)から見て、D(レ)は長六度(長十三度)の音程で、「物憂げ・どっちつかず」の印象に聞こえる。ということが読み取れます。

コードに乗せるメロディーの度数を意識する

度数イメージ表に則って、下記の楽譜をアナライズ(解析)してみましょう。

緑色がノンコードトーン、オレンジ色がコードトーン

長6度によるなんとなく気だるげで迷いを感じる印象から、最終的には完全一度でメロディーを終え、一歩前へと進もうという印象になっています。

このように、コードに対して載せる音には、コードトーン・ノンコードトーンを問わず、様々なイメージを付加することができます。

詳しい解説は、下記の記事を参考下さい。

コード進行にメロディーをつける!丁寧解説!コード進行に、メロディーをつける方法を解説した記事です。基本から応用まで目からウロコの情報を、イラスト・音楽をたっぷりご用意してお届け!...

度数イメージ表の実践的使い方

例えば、あなたの作る曲で、宇宙を表現したいとします。

私は宇宙に対して、神秘的で無機質なイメージを覚えます。そのため、コードに付けるメロディーには、

  • 長9度:神秘的・超越
  • 完全11度:無感情(mコードに対して)
  • 増4度:無機質(Ⅳのコードに対して)

を意識して載せる、というアプローチを取ります。

そのような時に、度数イメージ表で音名をすぐに把握できると、作曲や編曲においてすごく役に立ちます。

それでは、キーごとの度数イメージ表を記載していきます。

キーごとの度数イメージ表

Key=C

Key=D♭

Key=D

Key=E

Key=E♭

Key=F

Key=F#,G♭

F#=G♭、異名同音のキーです。どちらでもお好きな方をご覧ください。

Key=G

Key=A♭

Key=A

Key=B♭

Key=B

まとめ

印象的なメロディーを作るのに、度数を意識したアプローチは有効です。

名曲を作るため、度数イメージ表をご活用下さい。

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター・歌のお兄さん

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!