エフェクトレビュー

Wavesfactory Trackspacer:マスキングを簡単解消!超有能プラグイン!

Trackspacerサムネイル|マスキング解消!超有能プラグイン!

Wavesfactory / Trackspacerは、ミックスの際、マスキング(周波数の重なりで音が抜けてこない問題)を、短時間・簡単操作で解消できるプラグインです。

サイドチェインに反応する32バンドイコライザーで、マスキングを自然に解消できるのは感動ものです!

実際に音源を確認しながら、効果のほどを紹介してまいります。

Trackspacerの概要

どんな時に使う?

例えば、

  • キックとベースの音の重なりを解消したい!
  • エレキやピアノなどの上モノが、ボーカルを邪魔して聞こえづらい!

という時に、簡単に解決できます。

どうやって使う?

使う際の手順は次の通り。

  1. 優先度が低い側のトラックに、Trackspacerを挿す。
  2. 優先度が高いトラックから、サイドチェインで信号を送る。すると、Trackspacerがサイドチェイン信号を分析し、自動で32バンドEQがカット方向に働く。(つまり優先度が低い側の音量が下がる。)
  3. 再生しながら、TrackspacerのAMOUNT(量)を調整する。

例えばキックとベースの場合は次のようになります。

Trackspacerの使い方の画像解説
水色のグラフが、キックの周波数を表します。
白色のグラフが、削る周波数を表します。

たったこれだけで、キックを邪魔しないベースができあがりです!



もしTrackspacerがなければ……

もしTrackspacerがない場合、マスキングを回避する方法としては、以下の2つの方法が考えられます。

  1. iZotope Neutron・Fabfilter Pro-Q3など、マスキング具合を見られるプラグインを目で見て、EQ補正を行う。
  2. サイドチェインコンプをかける。

①の場合は、目で見て判断してのEQ補正のため、どの帯域をどれくらい削るかは何となくの当て推量になりがち。また静的なEQ補正であれば、曲中ずっと補正されたままになります。

②の場合は、トラック全体の音が圧縮されるため、不自然になる場合があります。

Trackspacerの場合は、サイドチェインの信号から削る帯域を自動で判断してくれます。しかも、32バンドイコライザーで、とても細かな調整を自動でしてくれます。また、ユーザーがするのはAMOUNTを耳で判断して調整するだけなので、何db削るかに神経を使う必要もありません。

本当に楽!

Trackspacerの効果のほどは?

3トラックに使用した音源を確認!

楽曲の中で使うとどんな感じになるのかは、聞いたほうが早い!

というわけで、簡単な楽曲を作って歌ってみました。今回使ったのは3トラックです。

  1. ベース ← ドラムからのサイドチェイン
  2. シンセ ← ボーカルからのサイドチェイン
  3. ボコーダー ← ボーカルからのサイドチェイン

まず、全体のトラックをミックスしているものを確認しましょう。

3トラックともかけていない状態。
Trackspacerを3トラックにかけた状態。

Trackspacerを使っている下の音源のスッキリさに、びっくりされる方も多いのではないでしょうか。

低音域のモヤモヤがなくなり、ボーカルが際立っているのが分かりますよね。

それでは、実際にどのように使ったのか細かい所を見ていきましょう。




ベース ← キックからのサイドチェイン

Trackspacerの設定画面1
ドラム・ベース 素の状態
ベースにTrackspacerを14.2%かけた状態

下の音源の方が、若干ベースが締まって聞こえますよね。

ちなみに、サイドチェイントリガーはキック単独ではなく、ドラムバスをそのまま送っています。もちろんキック単独でサイドチェインを送ったほうが、より精密なマスキング対策ができます。今回は楽するためにパラで吐き出さないで作業しました。

こんな時に便利な機能があります。

Trackspacerには、帯域を指定してのマスキング対策ができるのです。それが、画面下部にあるLOW-CUT、HIGH-CUTです。

今回はHIGH-CUTを、スネアの芯の部分も引っかかる約700Hzほどに設定しています。こうすると、700Hz以下の部分だけにマスキング対策ができるようになるわけです。




シンセ ← ボーカルからのサイドチェイン

Trackspacerの設定画面2
シンセ・ボーカル 素の状態
シンセにTrackspacerを6.5%かけた状態

こちらはAMOUNTの量が6.5%と、本当にさりげない効きにしました。

しかし、よくよく聴き比べると、上の音源ではシンセがボーカルを邪魔しているのが分かると思います。

これ以上効きを強くすると、ボーカル終わりにシンセのボリュームが急に上がって聞こえる、ポンピングが起こり、不自然に聞こえました。不自然なポンピングが起こらないAMOUNTの設定が大事ですね。

ボコーダー ← ボーカルからのサイドチェイン

Trackspacerの設定画面3
ボコーダー・ボーカル 素の状態
ボコーダーにTrackspacerを45.7%かけた状態

こちらはかなり強めにかけているので、効果が分かりやすいかと思います。

Vocoderの音は、Manipulator(Polyerse)というプラグインを使って、ステレオを広げた音に仕上げました。

Manipulator
実際の設定画面

Trackspacerは、MS処理ができます。グラフの右下隅にある白い丸をクリックすると、アドバンスパネルが開き、ここから細かな操作が可能です。

TrackspacerのMS処理画像
MS処理とは?

今回は、Midに100%ふりきって、Mid(真ん中の音)だけに効くようにしました。

そのため、Midのボコーダーボイスはほぼ聞こえなくなり、Sideのボコーダーボイスだけが残って、センターに位置する元のボーカル素材を支える形になったわけですね。




改めてミックス音源を聞いてみましょう。

3トラックともかけていない状態。
Trackspacerを3トラックにかけた状態。

Trackspacerにより、マスキング対策がなされたのが実感できますよね!

物凄く簡単に、MS処理を含めたマスキング対策ができるTrackspacer。

値段はなんと、定価で59ユーロ! 日本円で7,000円前後! やっすー!

まとめ

以上が、Wavesfactory / Trackspacer のレビューです。

Wavesfactoryは、Trackspacerの他にも、Spectreという素晴らしいマルチバンドエンハンサーもリリースしており、こちらもレビューしています。(私的に、かなり好きな会社! 今後も頑張ってほしい!)

ミックスに自信のない方は、Trackspacerで時短しちゃいましょう!

超おすすめプラグインです。

>>Trackspacerの値段を確認する!

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!