VST Effect

Wavesfactory Quantumレビュー 創造力爆発!トランジェントシェイパー+マルチFX

Wavesfactory Quantumレビュー 創造力爆発!トランジェントシェイパー+マルチFX サムネイル

Wavesfactory Quantumは、アタック・サスティンに切り分けて、それぞれに様々なエフェクトをかけられるマルチエフェクトVSTプラグインです。

トランジェントシェイパーとしても優秀で、音量操作はもちろん、アタック・サスティンを切り分けたEQ操作ができます。

また、コーラス・フェイザー・ディレイ・リバーブ・トレモロ……などの計16個のエフェクトを、アタック・サスティンにそれぞれにかけられるため、簡単に今までにない音作りができます。

弱点や、他のトランジェントシェイパーとの比較もしていきながら、ユーザーの創造性を爆発させるQuantumの魅力をお届けします。

>Wavesfactory Quantumの金額を確認 12/2夕方までBFセール50%オフ!
>Wavesfactory BFセール一覧

>Wavesfactory Effects Bundle こちらは60%オフ!

Quantumに含まれるエフェクト

Quantumは、アタック・サスティンに分け、それぞれに様々なエフェクトをかけられます。

アタック・サスティンの切り分けは、Wavesfactoryの最先端技術を使い、スレッショルドのノブなしに自動で行われます。特に、ドラム・パーカッションに対する切り分けは、かなり良いですね。(ただし、後述しますが、楽器に使う場合は少し注意が必要です。)

搭載しているエフェクトの数は16種類

Wavesfactory Quantumエフェクトの種類

EQ系

  • EQ:5バンドEQ
  • エンハンサー:ハイシェルフ・ローシェルフで、歪み+EQ

ダイナミクス系

  • コンプレッサー:VCA
  • リミッター

歪み系

オーバードライブ的な甘い歪みではなく、尖った感じの歪みが得意。

  • サチュレーション:歪み付与
  • Lo-Fi:ビットクラッシャー

モジュレーション

  • コーラス
  • フェイザー
  • フランジャー
  • トレモロ:音量変化
  • ピッチシフター
  • ビブラート:ピッチの揺れ

空間系

  • ディレイ
  • リバーブ:デジタルリバーブ
  • コンボレーションリバーブ:IRデータインポート可能

ユーティリティ

  • ステレオツール:LR・MS処理
今!おすすめDTMプラグインセール情報

Quantumのサウンド

バイパス・Quantum音源比較

検証用に4小節の楽曲を作りました。

  1. ボーカル:生録 *「Quantum Wavesfactory~♪」 と歌ってます。発音は見逃して下さい。
  2. PluckUVI Falcon Expansion Lofi Dreams
  3. Lead:同上
  4. Bass:同上
  5. DrumUVI DrumDesigner

ベースを除く、4トラックにQuantumを使用して、どれほど変化があるか。どんな音作りができるかを見ていきます。

①バイパス
②Quantumを4トラックに使用

②は、えげつないほど音が変わっていますね。変化の違いはQuantumだけです。ちなみにボーカルには次のようにQuantumをかけています。

各トラックのエフェクト・VoにかけたWavesfactory Quantum設定
クリックして大きく。

各トラックでは、GainMatchというプラグインで、エフェクト前後の音量が変わらないようにしています。

他のプラグインで代用できるか?

Quantumがないと、②のような音作りは出来ないのかな?と疑問に思ったので、Quantum内で使ったエフェクトを他のプラグインでチェーンで組んで再現してみました。

Wavesfactory Quantumを他のプラグインで代用した画像
結構な量を挿すことになる。
③他のエフェクトでチェーンを組んで再現
②Quantumを4トラックに使用

聴き比べた時に「③の方が好きだ。」という方もいるかもしれません。

ただ、よくよく聞くと②Quantum使用音源の方が空間に余裕があるんですよね。すっきりしてる。

それはそのはずで、Quantumを使うと、アタックだけにディレイ・リバーブをかけられるので、サスティン部分に対するもっさりとしたリバーブが生み出されないからです。

で、そもそもの話です。

Quantumがなければ、こんなミックスをしようと思えなかったはずなのです。

  • Vocalのサスティンに、ピッチシフターかけた後に、トレモロ。
  • Drumのアタックに、フェイザーをかけて独特の質感に。
  • Pluckのアタックに、リバーブをWetぎみにかけ、ディレイ。最後にフェイザー。

一つのプラグインの中で、手軽に16ものエフェクトを組み換えできるからこそ、今までやっていなかった音作りを創造的に行える。

これがQuantumの一番の強みです。




Quantumを深堀りして考える。

トランジェントシェイパーとしての力

ここではドラム素材を使って、純粋なトランジェントシェイパーとしての力を確認します。

まずバイパスの状態から。

④ドラムバイパス

この素材に対して、サスティン部分のゲインを下げることで、デッドな素材にしていきます。

⑤Eventide SplitEQでトーナル-8db
⑥Wavesfactory Quantumでサスティン-8db
⑦Native Instruments Transient master でサスティン-60%
(-8dbが0.398倍ということから算出。)

これらを比べた時に、異質なのが⑤Eventide SplitEQで、デッドになっていないのが分かります。SplitEQは、Structural Split™テクノロジーという手法で、時間&周波数軸でトランジェントとトーナルに分離して操作するEQです。EQとしてはかなり自然な処理が可能ですが、トランジェントシェイパーとしては使いづらいです。(というかEQですもんね。)

Eventide SplitEQレビュー 思い通りに音を操れる新感覚EQEventide SplitEQは、トランジェント・トーナルに分けて処理できるEQプラグインです。独自技術による自然な処理が売りです。...

一方、Quantumを含む通常のトランジェントシェイパーは、時間&音量で音を分離します。ドラムをデッドにする処理については、⑥⑦の方が優れていますね。

⑥と⑦を比べると、⑥Quantumのスネアのゴーストノートが若干途切れている部分も見受けられます。この部分については⑦Transient masterの方が自然かもしれません。しかし⑦の音質変化が、私的にすごく苦手な音なんですよね。ハイハットに注目すると、くぐもっているのが分かります。

Plugin Doctorで歪み具合を調べると一目瞭然です。

QuantumとTransient masterのPluginDoctor解析画像
Quantumの歪みが物凄く少なく、Transient Masterの歪みが多いことが分かりますね。

Quantumは音質変化がかなり少なく、高音域が活き活きしているように聞こえます。

Quantumの弱点&得意なトラック

ここまでで、創造性を刺激し、音質も良いQuantumの凄さは、分かってもらえたかと思いますが、Quantumにも苦手な部分が2つあります。

1つ目がトランジェントが少ない素材には対応できないこと。例えば、パッド系・フルートなどの吹奏楽器は、アタックがないので、そもそもQuantumには向きません。

サスティン・トランジェントに分けた画像

2つ目が、トランジェント・サスティンのあるピアノのような楽器で、音が重なるとアタックを感知できなくなることです。特にピアノでサスティンペダルを踏んだままの演奏では、サスティンばかり検出し、プチプチとノイズが出たりもします。(こういう素材に対するEQ処理がSplitEQは自然にできます。)

以上から、Quantumが得意なトラックは、

  • ドラム
  • パーカッション
  • トランジェントがあり、かつ和音ではなくソロでメロディーを演奏するもの
  • 和音で使うならサスティンが短いPluck系

です。

>Wavesfactory Quantumの金額を確認 12/2夕方までBFセール50%オフ!
>Wavesfactory BFセール一覧

操作説明

各エフェクターの操作は、見れば分かる部分が多いので割愛します。

ここでは主に検知に関する操作説明をします。

画面中央ノブ

Wavesfactory Quantum画面中央ノブ
  • Sens.:トランジェントが検出されすぎたら下げる。もっと検出したいなら上げる。
  • Mode:トランジェントが急すぎてクリック音が鳴る時に、クロスフェードを追加してクリック音を抑える。
  • Decay:アタックパートとサスティーンパートのクロスフェード時間。
  • Hold:0~100ms。検知と検知の間の最短時間を設定。細切れに何度もアタックを検知する時に長くすると良い。
  • Beats Shown:グラフ表示されるスピードを変更する。

一番大事なのは、Decayの設定ですね。アタックの音の長さをどれくらいにするかを設定します。

クリック音が発生する際、Modeである程度緩和出来るとは言え、やはり素材の向き不向きの方が大きいです。

使い方のコツ

同じフレーズでも、1回目はアタックと認識したのに、2回目は認識しない。ということがありました。

これは、ベロシティや素材の音量の強弱が若干異なるのが理由です。

解決法としては2つあります。

  1. 1回目と2回目のベロシティを揃える。
  2. Quantumを挿す前に、Vocal Riderやコンプレッサーなどで音量を揃える。

こうすれば検出が一定になりやすいので、思ったサウンドを作りやすくなります。




CPU負荷

立ち上がるまで、ちょっと時間がかかります。立ち上がりの状態でのCPU負荷は0%。

エフェクトの種類に応じて、CPU負荷が高まります。

  • ほぼ0~1%:EQ・エンハンサー・コンプレッサー・コーラス・ディレイ・フランジャー・リミッター・Lofi・ステレオツール・トレモロ・ビブラート
  • 2~3%:サチュレーター・フェイザー・ピッチシフター
  • 5%:リバーブ
  • 10%:コンボレーションリバーブ

Wavesfactory Quantum:CPU負荷

Voトラックへのレイテンシーが、53.3msありますが、これはピッチシフターが作用しています。

●PCスペック

  • OS:Windows10 64bit
  • CPU:AMD Ryzen 9 3900X [3.8GHz/12Core] 
  • メモリ:64GB
  • DAW:Studio One5.4
  • サンプリングレート・解像度:48kHz・32bit float
  • バッファーサイズ:512samples
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Discrete4

トラックをソロで視聴

最後に、Quantumの凄さが分かりやすい、トラックのソロを聞いて頂きます。

ドラム

ドラムバイパス
Wavesfactory Quantumドラムに対する設定
ドラムQuantum

トリップするようなサウンドで、気持ちよくありませんか?

フェイザーによる微妙なうねりがありつつも、サスティン部分の芯が残り、ドラムとしての軸がぶれていません。

リード

リードバイパス
Wavesfactory Quantumリードに対する設定
リードQuantum

こちらはサスティン部分にフェイザーを使って、微妙なうねりが加わっています。

アタックに対するピンポンディレイで、気持ちが良いリズムになっていますね。

ボーカル

ボーカルバイパス
Wavesfactory Quantumボーカル設定
ボーカルQuantum

Quantumのトレモロは、位相変化によるステレオ化ができるのが面白いですね。

これによりピッチシフターをかけた後に、ステレオ化できているわけです。




まとめ

以上が、Wavesfactory Quantumのレビューです。

音作りがあまりに面白いので、いつの間にかCPUを結構食ってしまうのが玉にキズです。

素材を選ぶのが弱点ではありますが、シンセで作るLead・Pluck系サウンドには向くと思います。

特にクラブ系のジャンルの楽曲を作る作曲家・トラックメーカーにとっては、自分の創造性をどこまでも追求できるたまらないエフェクトです。

>Wavesfactory Quantumの金額を確認 12/2夕方までBFセール50%オフ!
>Wavesfactory BFセール一覧

>Wavesfactory Effects Bundle こちらは60%オフ!

PluginBoutiqueでの購入で、12月2日夕方まで下記製品が無料でもらえます。

  • iZotope Audiolens:PC上で鳴る音をリファレンスにするソフト
  • Cherry Audio CA2600:シンセサイザー
  • zplane deCoda LE:耳コピ支援ツール
  • Melda Production MReverbMB:マルチバンドリバーブプラグイン
  • Producertech All-Access Membership (2-Month Subscription):オンライン音楽制作アカデミー

【参考記事】Plugin Boutique完全攻略!安全・お得に買う方法!

今!おすすめDTMプラグインセール情報

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター
「地方にいながら、音楽でご飯を食べる」で早十数年。
東北秋田県で田舎生活をしながら、音楽にいそしむ。
メイン楽器はアコギ。歌も歌うDTMer。

・音楽制作依頼(舞台ミュージカル音楽・CMソング&BGM等)
・ブログ運営(音楽理論解説&VSTプラグイン解説)
・教材販売(使えるギターコード進行集など)
ユニット「ウタトエスタジオ」では、ファミリー向けの作品作りも。

丁寧解説がモットー。 twitterでも、ぜひお気軽に絡んで下さい。

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!