音楽理論

短調とは? マイナーキーを攻略!コード進行を自由に作ろう。

サムネイル画像:コード理論中級編 短調とは?マイナーキーを攻略!

長調(メジャーキー)に比べると、短調(マイナーキー)は非常に奥が深く難しく感じますよね。

本ページでは、マイナーキーをできるだけ噛み砕いて、実践で使えるように落とし込んでいきます。例えば、次のコード進行は、Key=Amのコード進行です。

コード進行画像:Dm7→Dm7(♭5)→G#dim7→F#m7(♭5)→FM7→E7→Am7→Am6

もし理解できないようでしたら、この記事は参考になるはずです。記事後半にはフローチャートもあるので、自由にマイナーキーのコード進行を作れるようになりますよ。

シリーズ紹介

本記事はシリーズ記事で、コード理論中級編の五記事目です。

この記事を読むためのおさらい

コードは、3音以上の違う高さの音の重なりのことで、ローマ字と数字で示されます。

コードの繋がりをコード進行と言い、コード進行を作るには、まずキーを決める必要があります。

キーに合うコードであるダイアトニックコードは、五度圏表で簡単に見つけられます。決めたキーを中心に扇形に囲うだけです。

五度圏表
五度圏表(タップで大きく)
五度圏表の使い方 Key=Cとした場合 Key=C#mとした場合
選んだキーを中心に扇形に囲もう。

ダイアトニックコードには、主役のトニック、主役に向かいたくなるドミナント、脇役のサブドミナントなど、コードの役割があります。

ディグリーネーム(度数表記)を覚えることで、移調した時にもコードを把握しやすくなります。

ディグリーネーム対応表

本記事内に出てくる、augM7、テンションなどのコードが分からない方は、コードの応用をご覧ください。

メジャーキーとマイナーキーの違い

そもそもキーとは?

そもそもキーって、何なのでしょう?

コード理論初級編「キー・スケール・ダイアトニックコード」で、キーについて次のように説明しました。

  1. 主役の音を表す
  2. 主役の音から始まる、音の連なり(スケール)を示す

Key=Cなら?

例えば、Key=Cの場合、主役の音はC(ド)です。

Cメジャースケールは、Cから始まり、「全全半全全全半」の並び方になるため「CDEFGAB(ドレミファソラシド)」となります。

ピアノ鍵盤でCメジャースケール

そして、このメジャースケールを並べて、一つ飛ばしで音を重ねると、Key=Cのダイアトニックコードを作ることができます。

Cメジャースケール・ダイアトニックコード・ダイアトニックセブンスコードの解説画像
【Key=C】ダイアトニックセブンスコード

Key=Amなら?

主役の音はAです。

マイナースケールは、主役の音から「全半全全半全全」という並び方なので、Aマイナースケールは「ABCDEFGA(ラシドレミファソラ)」となります。

ピアノ鍵盤でAナチュラルマイナースケール

Aマイナースケールは実は略称で、正式名称は、Aナチュラルマイナースケール(自然的短音階)と言います。大事なことなので、覚えてきましょう。

そして、こちらも一つ飛ばしで音を重ねると、ダイアトニックコードが出来上がります。

Aナチュラルマイナースケールとダイアトニックセブンスコードの解説画像

メジャーキーとマイナーキーの違いは役割

メジャーキーもマイナーキーも、ダイアトニックコードは同じものばかりなので、違いは無いように思えます。しかし、実は役割が変わっています。

下記の図は、五度圏表を元にダイアトニックコードを並べ、役割に応じて色で分けたものです。色の違いを見てみましょう。

メジャーキーにおけるダイアトニックコードの役割

●Key=Cのダイアトニックセブンスコードの役割
・T(トニック):主役。安定感がある。
・D(ドミナント):トニック(特にⅠ)に向かいたくなる。
・SD(サブドミナント):脇役。バリエーションに欠かせない。

マイナーキーにおけるダイアトニックコードの役割

●Key=Amのダイアトニックセブンスコードの役割
・Tm(トニックマイナー):主役。
・Dm(ドミナントマイナー):脇役。主役に向かう力はさほど強くない。
・SDm(サブドミナントマイナー):脇役2。バリエーションに欠かせない。

大きな変化は3つ。

  1. Em7の役割が、トニックからドミナントマイナーになった。
  2. Bm(♭5)はメジャーキーではドミナントだが、マイナーキーではサブドミナントマイナーである。
  3. ドミナントと違い、ドミナントマイナーは、主役に向かう力がさほど強くない。

特に大事なのは、③ドミナントマイナーは、トニックマイナーに向かう力がさほど強くないことです。



ドミナントマイナーは脇役。

メジャーキーでは、ドミナントがⅠ(トニック)に向かいたくなることが大きな特徴です。

コード進行画像:FM7→G7→CM7

しかし、マイナーキーにおけるドミナントマイナーは、Ⅰm(トニックマイナー)に向かう力がさほど強くありません。

コード進行画像:Dm7→Em7→Am7

メジャーキーにおけるドミナント終始に比べて、はっきりとした終止感を感じませんよね?

ナチュラルマイナースケールで作ったダイアトニックコードだけでは、主役と脇役1・脇役2という役割しかない、日常アニメ的な「のほほんとした展開」しか作ることができないのです。

新たなマイナースケールの誕生

ドラマチックなマイナーキーの楽曲を作るためには、主役に強烈に向かいたくなるドミナントコードが必要です。

そのために、昔の音楽家たちは新たなマイナースケールを作ることにしました。それが、新たな2つのマイナースケールです。

  • ハーモニックマイナースケール:和声的短音階
  • メロディックマイナースケール:旋律的短音階

つまり、マイナーキーには、3つのスケールと、そのスケールそれぞれにダイアトニックコードが7個ずつ存在することになります。

まとめたものが下記のようになりますが、詳しくは次からの項で説明します。(今すぐ覚えなくても大丈夫。)

教本によっては、マイナーキーのコード機能を、マイナーと付けずに「トニック・ドミナント・サブドミナント」と記載するものもあります。

本HPでは、分ける方が理解しやすいと考え、本ページの記載としています。




ハーモニックマイナースケール

ハーモニックマイナースケールとは

ハーモニックマイナースケールは、ナチュラルマイナースケールの7度の音が半音上がり、次のようになります。

ピアノ鍵盤でAハーモニックマイナースケール

「全半全全半 3半音 半」という並びになります。

ハーモニックマイナーのダイアトニックコード

Aハーモニックマイナースケールとダイアトニックセブンスコードの解説画像

変わったのは、#が付いた4つのコードです。役割も見てみましょう。

Aハーモニックマイナースケールのダイアトニックセブンスコードの役割解説画像

トニックマイナーの変化

トニックマイナーの変化は2つ。

  • Am7(Ⅰm7) → AmM7(ⅠmM7)
  • CM7(♭ⅢM7) → CaugM7(♭ⅢaugM7)

AmM7はコードの終わりや、クリシェ(コードの構成音を一音ずつ変化させるテクニック)などでよく使われます。

CaugM7の使用頻度はそこまで高くありません。(が、新しい響きが生まれる可能性もあるので、選択肢から完全に外すこともないと思います。)

コード進行画像:FM7→G7(9,13)→CaugM7→AmM7(9)→Am7

このようにマイナーキーでは、ナチュラルマイナーを基本に、一時的にハーモニックマイナー・メロディックマイナーを行き来するような構造となります。

FM7で、ナチュラルマイナー・ハーモニックマイナーと2つ並んでいますが、これについては後述します。

ドミナントマイナーからドミナントへ。

ドミナントマイナーの変化は2つ。

  • Em7(Ⅴm7)→ E7(Ⅴ7)
  • G7(♭Ⅶ)→ G#dim7(Ⅶdim7)

機能もドミナントに変化しました。

これでドラマチックなコード進行を作れるようになりました。実際の例を確認してみましょう。赤い矢印がドミナントモーション(ドミナントからⅠへの動き)です。

コード進行:Dm7(9)→G7(9,13)→G#dim7→Am7(9)→Bm7(♭5)→F7→Am7(9)→AmM7

赤矢印の部分で、ドミナントからⅠmに解決しているのが分かりますね。

サブドミナントマイナー

サブドミナントマイナー「FM7・Dm7・Bm7(♭5)」は、ナチュラルマイナー・ハーモニックマイナー、どちらのダイアトニックコードでもあります。

ですから、「FM7・Dm7・Bm7(♭5)」上のメロディーでは、ナチュラルマイナー・ハーモニックマイナーどちらのスケールも使えます。

FM7上で、ナチュラルマイナーを選択すれば、G(ソ)を載せられますし、ハーモニックマイナースケールを選択すればG#(ソ#)を載せることが出来ます。

ただし、FM7にとってのG#(ソ#)は、#9=m3となります。音価(音の長さ)が短ければ問題ありませんが、音価長いと不協和音が生まれるので、十分注意しましょう。

マイナーキーのドミナントを攻略しよう

ドミナントについて、まとめてみます。

①マイナートゥーファイブワン

コード進行画像:Bm7(♭5)→E7→Am7:Ⅱm7(♭5)→V7→Ⅰm7

ディグリーネームで見ると、Ⅱm7(♭5)→V7→Ⅰm7です。この流れをマイナートゥーファイブワンと言います。

マイナーキーでは大変良く出てきます。

②Ⅶdim7→Ⅰm

dim7は使い方の分からない筆頭コードの一つですが、ここでは極めてシンプルです。Ⅶdim7からⅠmに向かわせることができます。

コード進行画像:Dm7→G7→G#dim7→Am7:Ⅳm7→♭Ⅶ7→Ⅶdim7→Ⅰm7

dim7は、構成音が一定間隔で並んだコードです。

dim7の構成音は、半音2つ分ずつ離れている。

そのため、構成音が同じ3組のdim7しかありません。

  1. Cdim7 = E♭dim7 = G♭dim7 = Adim7
  2. D♭dim7 = Edim7 = Gdim7 = B♭dim7
  3. Ddim7 = Fdim7 = G#dim7 = Bdim7

Key=Amで言えば、③のdim7全てで、Ⅰm(Am)に向かわせることができると考えられます。(ただし最低音の響きが大きく作用するため、終止感は異なります。)




ダイアトニックコードに囚われないで

ハーモニックマイナースケールの構成音を組み合わせることでできるダイアトニックコード以外のコードがあります。

Dm7(♭5):Ⅳm7(♭5)

AハーモニックマイナーのⅣm7はDm7です。しかし、スケール音を組み合わせることで、Dm7(♭5):Ⅳm7(♭5)を作ることも出来ます。

Aハーモニックマイナースケールを組み合わせると、Dm7・Dm7(♭5)どちらも作ることが出来る。

Dm7(♭5)と言えば、Key=Cの時に、Key=Cmのサブドミナントマイナーとして借用するテクニックでも登場しました。(詳しくは、サブドミナントマイナーの記事をご覧ください。)

Key=Cmのダイアトニックセブンスコード
正確には、Cナチュラルマイナーのダイアトニックセブンスコード

つまり、Key=Am上のDm7(♭5)に載せるメロディーには、Aハーモニックマイナースケール・Cナチュラルマイナースケール、どちらのスケールも当てはめられる可能性があります。

次の例で見てみましょう。

楽譜:Dm7→Dm7(♭5)→G#dim7→Am7(9):Dm7(♭5)に載せられるスケールは、CナチュラルマイナーとAハーモニックマイナー、どちらでも良い。

上段・下段ではコード進行は同じです。しかし、2・5小節目で、あてはめているスケールを変えました。

印象の違いを聞き取ることはできるでしょうか?

Fm6:♭Ⅵm6

m7(♭5)と対になるのが、m6コードです。

解説画像:Dm7(♭5)を転回するとFm6を作ることが出来る。

Fm6も、Cナチュラルマイナースケール・Aハーモニックマイナースケールの構成音で作ることが出来ます。メロディーは、どちらも当てはめられる可能性がありますね。

コード進行画像:FM7→Fm6→G7(9,13)→G#dim7

メロディックマイナースケール

ハーモニックマイナーは、スケールの途中で三半音上がる箇所があり、歌い手にとっては歌いにくいスケールです。

そのため、歌いやすくするために生まれたのが、メロディックマイナースケールです。

メロディックマイナースケールの音階

メロディックマイナーは6度の音を半音上げ、「全半全全全全という並びになります。

ピアノ鍵盤でAメロディックマイナースケール
楽譜で解説:Aメロディックマイナースケール

Aメジャースケールと三度の音が半音違うだけのため、Aメロディックマイナーは明るい印象も漂います。聴き比べてみましょう。

楽譜で解説:Aメジャースケール:メロディックマイナーとメジャースケールは、三度以外同じ。

メロディックマイナーのダイアトニックコード

Aメロディックマイナースケールのダイアトニックセブンスコード

役割や位置が変わっています。

Aメロディックマイナースケールのダイアトニックセブンスコード役割解説画像

F#m7(♭5):Ⅵm7(♭5)

役割は、トニックマイナー(主役)です。

クリシェ(構成音の一音だけ変化させるテクニック)の終わりでよく出てきます。

コード進行画像:Am7→Am7/G#→Am7/G→F#m7(♭5)

F#m7(♭5)で、落ち着いた感じがしませんか? これがトニックマイナーの効果です。

Bm7:Ⅱm7

Aメロディックマイナー時のBm7:Ⅱm7は、サブドミナントとして捉えます。

Key=AmのドミナントE7:V7に対する、リレイテッドⅡmと捉えるのもありですね。

次に説明するD7と一緒に使用例を挙げます。

D7:Ⅳ7

D7:Ⅳ7の役割はドミナント……。ですが、色々な意味づけが出来るコードです。

  • Amに向かう力は弱いので、ドミナント機能を持たないドミナント
  • ナチュラルマイナー時のV7:G7に対するセカンダリードミナント(ドッペルドミナント)
  • Aドリアンモードからの借用(上級編にて解説予定)

……など。どの解釈も合っていますし、文脈によって自分自身で意味づけをする必要があります。

コード進行画像:Dm7(9)→G#dim7→Am7(9)→D7(9,13)→FM7→F#m7(♭5)→Bm7(11)→E7(♭9,♭13)

メロディックマイナーの部分は、陽気な雰囲気すら漂う、おもしろい変化です。

E7はハーモニックマイナー・メロディックマイナー、どちらのスケールのダイアトニックでもありますが、上記コード進行では、E7はAハーモニックマイナースケールと指定しています。

これは、E7(♭9,♭13)と、オルタードテンションが付いているためです。

ルートE(ミ)にとって、♭9はF(ファ)の音。つまり、スケール内にファが入っているハーモニックマイナースケール(ラドレミファソ#ラ)が該当するため、メロディーをあてる場合には、メロディックマイナースケールは使えません。

G#m7(♭5):Ⅶm7(♭5)

G#m7(♭5):Ⅶm7(♭5)は、ドミナントです。

Key=Cの時、ディグリーネームの同じⅦm7(♭5):Bm7(♭5)は、役割としてはドミナントでも、主役であるCに向かう力は弱かったですよね。

AメロディックマイナーにおけるⅦm7(♭5):G#m7(♭5)も同じで、役割としてはドミナントですが、主役であるAmに向かう力はそんなに強くありません。

コード進行画像:FM7(9)→G7(9,13)→G#m7(♭5,♭13)→Am7(9)

自然と組み込めることもあるので、選択肢の一つとして捉えておきましょう。

ダイアトニックコードに囚われないで2

メロディックマイナースケールでも、構成音を組み合わせ、よく使われるコードがあります。

Am6(Ⅰm6)

Am6(Ⅰm6)は、特にコード進行の終わりなどでよく使われます。

コード進行画像:Bm7(♭5,11)→E7(♭9,♭13)→Amadd9→Am6

M7(長七度)を加えた、AmM7(13)もいい感じです。

コード進行画像:Bm7(♭5,11)→E7(♭9,♭13)→Amadd9→AmM7(13)



マイナーキーのまとめ

今まで説明してきたことをまとめます。

マイナーキーのフローチャート

おさらいですが、マイナーキーでは、ナチュラルマイナーを基本に、一時的にハーモニックマイナー・メロディックマイナーを行き来するような構造となります。

そのため、基本的にコード進行の始まりは、ナチュラルマイナーのダイアトニックコードの方が、コード進行を作りやすいです。

他のキーのフローチャートは、下記記事をご参考ください

マイナーキーフローチャート 全キー網羅!複雑になりがちなマイナーキーを、とことんまでシンプル化! 作曲に活かしやすいフローチャートに編集しました。...

【基本】マイナーキーのコード進行例

フローチャートのオレンジ色の矢印に従ってコードを並べるだけで、かっこいいマイナーキーコード進行を作ることが出来ます。

コード進行画像:Dm7→Dm7♭5→G#dim7→F#m7(♭5)→FM7→E7→Am7(9)→Am6

【応用】マイナーキーのコード進行例

テンションを交えて、構築した例です。

コード進行画像:Am7(11)→G6→FmM7(13)→Bdim7(11)→Am7(9)→D7(9,13)→Bm7(11)→E7(♭9,♭13)

テンションを加えることで、微妙な感情まで表現することが可能です。

テンションの付け方については、今後別の記事で紹介します。

ギターのフォームまで気になる方は

じゅんや

既存のコードブックにはない、珍しいコードフォームを使って、人とは一味違う曲を作ってみませんか?

マイナーキーのコード進行も数多く収録した「使えるギターコード進行集」を販売しています。

2021年5月15日まで20%オフで販売中! 定価販売前、最後のセールです。今すぐチェックしてみて下さい!

No.06 浮遊感を持つ9と、その転回系を使ったオシャレな変化
【Key=F 難易度☆☆☆】
No.33 トップノートを細かく変化させノリを作るコード進行
【Key=D 難易度☆☆☆】
No.36 ルート下行の気だるい進行を打ち破ろうとするdim7
【Key=Dm 難易度☆☆☆】
No.47 トップノートを変化させ、躍動的な印象を高める手法
【Key=E 難易度☆☆】

まとめ

お疲れさまでした。

奥の深いマイナーキーの世界。同じコード進行でも、別のスケールをあてることができるなんて、おもしろいですよね。

たくさんのマイナーキーの曲を作ってみてくださいね。

次の記事は、dim7の使い方6選です!

サムネイル画像:コード理論中級編 dim7コードの使い方6選
dim7コードの使い方6選:基本~応用まで本記事では、dim7コードの、マイナーキーのドミナントとしての使用から、オグジュアリアプローチやテンションの付け方まで、余す所なく解説します。...

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!