資料集

五度圏表とは? 使い方を7種類解説! ダウンロード可能!

サムネイル画像:作曲資料集「五度圏表」作曲便利!しっかりレクチャー!

作曲をするなら、便利なのが五度圏表(サークルオブフィフス)です!

見やすく、使い勝手の良い画像データを作りました。
全国の作曲家の皆さん、どうぞご活用下さい。

  • 簡単にダイアトニックコードを見つける!
  • セカンダリードミナントも、すぐに把握!

など、五度圏表の使い方を、しっかりレクチャーします。

五度圏表【ダウンロード可】

五度圏表(英語:circle of fifth)

下記、五度圏表の使い方を解説します!




①ダイアトニックコードを見つける

五度圏表の水色の線の外側はメジャーキー、水色と桃色の線の間にはマイナーキーが記載されています。

五度圏表(英語:circle of fifth)

この中から、好きなキーを選びます。

選んだキーの周りにあるコードを、扇型に囲みます。

五度圏表の使い方。Key=Cとした場合。Key=C#mとした場合。主役の音の周りを扇形に囲む。
メジャーキーでもマイナキーでも、囲み方は同じです。

ここで囲まれたコードが、選んだキーのダイアトニックコードです。(ただし作曲上使いやすいよう、m7(♭5)のコードのみ、四和音にしています。)

ダイアトニックコードが分からない方は、下記の記事をご参考下さい。

キー・スケール・ダイアトニックコードとは音楽におけるキーと、キーに関係の深いスケールとダイアトニックコードについて解説しています。ひと目で分かる五度圏表もダウンロード可能!...

②スケールを把握する

五度圏表のシート中段には、ローマ数字が描かれたディグリーネーム対応表が描かれています。

ディグリーネーム対応表

ディグリーネームの順番に、コードのルートを並べると、そのキーのスケールを把握することができます。

ローマ数字の順にルートを並べると、スケールが分かる。



③キーを、大雑把に判別

五度圏表を使うと、楽譜のキーを大雑把に判別できます。

次の楽譜は、「カエルのうた」ですが、キーはなんでしょうか?

上記の楽譜は、#が二つついていますね。五度圏表と照らし合わせてみましょう。

同じ調号を発見!→Key=DかKey=Bmだ!
DとBmのように、調号が同じキーを平行調と言います。

Key=DかKey=Bmなのかは、当てられているコード進行によります。

上記の楽譜は、最後の音がD(レ)で終わっているため、Key=D……と言いたいところですが、実はこの楽譜をKey=Bmとみなしてコード進行を当てることも可能です。

「カエルのうた」をKey=Bmで、編曲した楽譜・コード譜。

平行調のどちらかであるという所まで絞るだけでも、アナライズが楽なので、活用しましょう。

④移調に使う

作ったコード進行を、他のキーで移調して使う場合にも、五度圏表が使えます。

五度圏表を使った簡単移調。例)Key=CからKey=Gへ。 どのような順番でコードを使っているか確認しよう。
Key=G 移調先のキーを五度圏表で対応させる。移調完了!

コード進行の流れを視覚的に見ることで、移調が楽になりますね。

コード進行の基本については、下記の記事で紹介しています。

コード進行の基本:コードの役割から自由に進行を作る!コード進行には役割があります。主役のトニック、脇役のサブドミナント、主役に向かいたくなるドミナント。これが分かれば自由自在にコード進行が作れます!...

⑤セカンダリードミナントが一目瞭然!

セカンダリードミナントの見つけ方

目標のコードの、右隣のコードをセブンスコードに変換します。

Ⅱm7の見つけ方

セカンダリードミナントの右隣コードをm7コードに変換します。

試しに、コードFのセカンダリードミナントとⅡm7を見つけてみましょう。

FのセカンダリードミナントとⅡm7の解説図:Gm7→C7→F

実践を想定して、コードの差し替えをすると下記のようになります。

セカンダリードミナントとⅡm7のコード譜の例 Am7 → G → FM7 → G Am7 → Gm7 → C7 → FM7 → G
Am7 → G → FM7 → G
Am7 → Gm7 → C7 → FM7 → G

マイナーコードでは、Ⅱm7(♭5)が活躍!

  • 目標のコードの、右隣のコードをセブンスコードに変換
  • セカンダリードミナントの右隣のコードをm7に変換
  • IIm7を、IIm7(♭5)にするのも効果的。
DmのセカンダリードミナントとⅡm7の解説図:1)Em7→A7→Dm、2)Em7(♭5)→A7→Dm
Em7♭5は、元々、五度圏表のDmの下に位置されている。

Ⅱm7とⅡm7(♭5)の音の違いを聞いてみましょう。

マイナーコードに対するセカンダリードミナントとⅡm7のコード譜の例:CM7→Em7→A7→Dm→G CM7→Em7(♭5)→A7→Dm→G 
1)CM7 → Em7 → A7 → Dm → G
2)CM7 → Em7(♭5) → A7 → Dm → G

IIm7(♭5)は、マイナーに向かう感覚が強まりますよね。

Ⅱm7(♭5)は、解決先がマイナーコードの際によく使われます。しかし、解決先がメジャーコードの際に使っても問題はありませんので、色々と試してみましょう。




⑥モーダルインターチェンジの把握

モーダルインターチェンジ(借用和音)により使えるコードも、五度圏表から一部把握することが出来ます。

Key=Cであれば、C、Cm、Cm7(♭5)が含まれるキーを、扇形で囲うことで、見つけることができます。

五度圏表とモーダルインターチェンジの関係性を描いた図
色が塗られているコード全てが、借用可能。

例えば、B♭の場合、Cドリアンモードからの借用の時は、B♭M7となります。Cエオリアンモードからの借用の時は、B♭7となります。(簡単に言うと、どちらも使えます。)

モーダルインターチェンジのコード譜の例:1)CM7→B♭M7→Am7→F 2)CM7→B♭7→Am7→F
1)CM7 → BbM7 → Am7 → F
2)CM7 → Bb7 → Am7 → F

モーダルインターチェンジで使えるコードが一部把握できる……という書き方をしました。

例えば、Cメロディックマイナーからの借用で使えるCmM7、E♭augM7などは、五度圏表からすぐに判断することは難しいです。

⑦裏コードも一瞬で把握

五度圏表の円の中心をまたいで、反対側のコードが裏コードです。セカンダリードミナントを含むドミナント、またⅡm7も裏コードに変換することが出来ます。

Fに対する裏セカンダリードミナント、裏Ⅱm7を、五度圏表を用いて説明した図:Cの裏コードはG♭7、Gm7の裏コードはD♭m7
裏コードを使ったコード譜 Am7→D♭m7→G♭7→FM7→G
Am7 → Gm7 → C7 → FM7 → G
Am7 → Dbm7 → Gb7 → FM7 → G



まとめ

以上が、五度圏表の使い方です。

作曲初級者から上級者まで幅広く活用できる五度圏表。

作曲家にとって最大の味方ですね!
使い倒して、最高の楽曲を作りましょう!

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター・歌のお兄さん

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!