資料集

アヴェイラブルテンション表:コードに自由にテンションを付ける!

作曲資料集:アヴェイラブルテンション表サムネイル

アヴェイラブルテンションは、コードの役割を変えることなく追加できるテンションのことです。

本記事では、全てのキーに対応するアヴェイラブルテンション表をご用意しました。また、下記のコード・テクニックに対応しています。

  • ダイアトニックコード
  • セカンダリードミナント & リレイテッドⅡm7・Ⅱm7(♭5)
  • サブドミナントマイナー & 関連コード

日頃の作曲活動にお役立て下さい。

アヴェイラブルテンションの基礎知識

そもそもテンションとは?

テンションコードは、基本の四和音コード(M7・7・m7・m7(♭5))に、さらに音重ねたコードです。特殊な例外を除くと、テンションは七種類あります。

  1. ♭9 (フラットナインス)   :短9度
  2. 9  (ナインス)       :長9度
  3. #9 (シャープナインス)   :増9度
  4. 11 (イレブンス)      :完全11度
  5. #11 (シャープイレブンス)  :増11度
  6. ♭13(フラットサーティーンス):短13度
  7. 13 (サーティーンス)    :長13度

音程とは?

♭9(短9度)? 分からない!という方に向けて、音程について説明します。

音程とは、二つの音の高さの間隔のことで、半音何個分かで数えます。そして、その半音の個数に応じた名前があり、「○度」と表記します。

次の表で、C(ド)とG(ソ)の音程を見てみましょう。

音程を記号で表した表

Gの列には、「7・完全五度・完全十二度・P5」と書いていますよね。

Cから見てGは、半音7個分上の高さで、音程は完全五度の関係にあります。オクターブ上のGだと、完全十二度と数えます。

楽譜:ドとソは完全五度、完全十二度

これを数字と記号で表すと、P5(完全五度)・P12(完全十二度)と記載します。それでは、テンションに使われる♭9は、どうでしょうか?

C7(♭9)であれば、C7に短9度のD♭(レ♭)を加えることを意味します。

アヴェイラブルテンションとは?

7種類もテンションがあると、どのコードにどのテンションを付けられるのか困ります。そんな時に便利なのが、アヴェイラブルテンションです。

アヴェイラブルテンションは、コードの役割を変えることなく追加できるテンションのことです。

次の表でCM7に追加できるテンションを見てみましょう。

Key=Cにおけるアヴェイラブルテンション表

CM7には、9度D(レ)・13度A(ラ)が付けられます。どちらも付けると、CM7(9,13)というコードになりますね。

楽譜:CM7(ドミソシ)CM7(9,13)(ドミソシレラ)

メインメロディーとぶつかったりしない限りCM7(9,13)をトニック(主役)として自由に使うことができます。




アヴェイラブルテンション表の使い方

表の見方

アヴェイラブルテンション表:Key=C
  • コードトーン:黄色。コードに含まれる構成音。省略(omit)も可能。
  • スケールトーン:水色。メジャースケール上の音で、違和感なく追加できるテンション。
  • ノンスケールトーン:白地に黒。メジャースケール外の音だが、テンションとして使える音。
  • 注意:紫。Ⅱm7の13度は、Ⅶm7(♭5)と構成音が同じになるため、不安定な音になる。注意が必要。

G7を見ると、#・♭の表記の揺れがあります。

これは、♭9・♭13には♭の表記を、#9・#11には#の表記をしているためです。

また、コードトーンについては、元のキーを参考に表記しています。例えば、Key=C、コードDmのセカンダリードミナントA7は、A7がV7となるKey=Dを基準に考え、3度の音はD♭ではなく、C#を選択します。

テンションを付加したコード進行例

Key=Cのコード進行を、上記のアヴェイラブルテンション表を元に、テンションで味付けしてみます。

コード進行:Am7→FM7→G7→CM7にテンションをつけてみると、Am7(9)→FM7(#11)→G7(9,13)→CM7(9)

下記のような、サブドミナントマイナーを活用したコード進行にも対応しています。

コード進行:FM7→FmM7(13)→Am7(9)→B♭7(9)→A7(9)→A♭M7(#11)→G7(♭13)→G7→CM7(13)

対応しているテクニックについての補足

本記事で対応しているテクニックについて分からない方は、下記解説ページを参考下さい。

ダイアトニックコード

セカンダリードミナント

サブドミナントマイナー




キーごとのアヴェイラブルテンション表

Key=C

Key=D♭

アヴェイラブルテンション表:Key=D♭

Key=D

アヴェイラブルテンション表:Key=E♭



Key=E♭

Key=E

アヴェイラブルテンション表:Key=E

Key=F

アヴェイラブルテンション表:Key=F

Key=F#・G♭

アヴェイラブルテンション表:Key=F#
アヴェイラブルテンション表:Key=G♭

Key=G

アヴェイラブルテンション表:Key=G



Key=A♭

アヴェイラブルテンション表:Key=A♭

Key=A

アヴェイラブルテンション表:Key=A

Key=B♭

アヴェイラブルテンション表:Key=B♭

Key=B

アヴェイラブルテンション表:Key=B

まとめ

以上が、アヴェイラブルテンション表です。

アヴェイラブルテンションの導き方については、今後改めて別記事で紹介いたします。

日々の活動に役に立てば幸いです。

この記事を書いたのは

渡部絢也

作編曲家・シンガーソングライター・歌のお兄さん

 アーティスト活動のほか、作編曲家として企業のテレビCMのBGM、テーマソングなどを制作。
 また、ユニット「ウタトエスタジオ」として、全国の幼稚園・保育園で子ども向けのライブ活動を行う。

twitterをフォロー!

最新リリース曲「Exist」

Apple Music・spotifyなどで好評配信中!